人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

アイドル歌詞の対立と転換の手法について考えてみた

「歌詞は音があって初めて活きるもの」そのような趣旨のことを、秋元康さんがどこかで言っていました。

「曲先だから書きたいものが書けない」なんて言っていたらいつまでたってもいい歌詞は書けなさそうです。

今回は対立や転換と、わりと昔からある手法について考えてみました。

お手本神曲 チームしゃちほこ「抱きしめてアンセム」

作詞は浅野尚志さんです。

対立とポエジー

独断のイメージからすると「アンセム」は応援や特別な場を盛り上げるための音楽、歌、メロディーのこと。

本来の意味や語源は調べていただければと思います。

最近では歌手やバンドの代表曲のこともアンセムと記す記事もあります。

分かりやすく言うなら、ロッキーのテーマは感動の凝縮点、クライマックスを象徴するアンセムであり、クイーンの「ウイ・アー・ザ・チャンピオン」は勝利者をたたえるアンセムです。

サッカー場や野球場で試合中、試合後に流れるチームの応援歌(サッカー通は「チャント」と言うらしいです)も立派なアンセムになるでしょう。

ここで取り上げる「抱きしめてアンセム」ではアンセムが1曲を貫くキーワードとなっています。

比較的強く熱い言葉であるアンセムをさらに抱きしめるのだから、野望や希望を絶えず胸に秘め続ける、ファイティングスピリッツ(座右の銘にも似たようなもの)の比喩として使われているのでしょうか。

作詞家はこの「ようなもの」を具象化するか抽象化するかの違いはあるものの、比喩を他の事象に置き換えて歌詞という物語(ストーリーの意味ではなく)をつむぎます。

そこでポエジーとの関連を考えます。

アイドルの歌詞にポエジーは必要ないという熟考を怠った(?)意見もありますが、歌詞に恣意的(しいてき)な人間性や社会性を加味することはアイドルの歌詞に限らずポジティブに連想的な物語であって、そこには少なからずポエジーは関係するものと考えるのが普通です。

無作為に抽出された乱数表の数字にさえ、簡素で湿り気のないポエジーを見出すことも可能かもしれません。

ただし、それがいい歌詞になるかどうかは別の話です。

この楽曲には、愛でもない、恋でもない、人生諭しソングでもない、意地らしいまでの「負けてなるもんかっ!」の体育会系ノリが根底に流れています。

アイドルという新鮮な華やぎを極力抑えて、ファンの心を揺さぶる独断の作、まさしくアンセムと言ってもよいと思うのです。

  • 文系…清楚、お嬢様。乃木坂46系統
  • 体育会系…汗、情熱。モモイロクローバーZ系統

君ならできると言ったのに やり方は教えてくれない

ジェームス・ディーンの「理由なき反抗」を思い出しました。

特にストーリーが似ているとの意味ではないです。

憤懣(ふんまん)とするエネルギーは十分にあるがその使い方が分からない、思春期に多く見られるやり切れないパワーの落し所に関する葛藤。

学校の先生が口にする「頑張ったら志望校に合格するよ」、先輩が口にする「とにかく頑張ってみれば」のような一見的確なアドバイスに見えるこの軽い突き放し、若者はいつの時代にもこの突き放しにいらだちを覚えるものです。

軽い葛藤こそポエジーの源です。

恋愛うんぬんとは別の位置にある作品では、歌詞を書く上で「対立」は大切な要素の1つです。

「アンパンマン」や「タイタニック」でさえも善悪や貧富の対立が描かれています。

対立があれば自然と物語が生まれ、歌詞の大筋が決まります。

よくある対立の構図として、

  • 思春期の子どもと大人
  • 田舎と大都会
  • 自由と束縛

などが挙げられます。

いずれにしても「けがれなきものとけがれているもの」の対立構図の置き換えです。

田舎から上京して来た、自由な、思春期の少年はけがれなき存在で、束縛の多い大都会で能面顔で生きる大人は汚れたものとして登場します。

ベタですが、感動を生む歌詞はこの対立をベースに書かれていることが多いです。

小室哲哉さんや長渕剛さんの楽曲によく見られる歌詞のひな型です。

「君ならできると言ったのに……」の歌詞が出てくるまでに「あいつ」が出てきて、すぐ後ろには「わたしたち」が出てくるので、これらの人称代名詞は特定された誰かではなく、英語でいうところの一般的な人たちを表す「they」や「one」のたぐいと受け止められます。

この特定のあなた(人)を決めないで進める物語感も昔からある歌詞のひな型です。

「僕ら、僕たち」と言っても歌っている歌手のことではなく、その多くは若者代表である「僕たち」を意味しています。

自分が若者代表だと思って青年の主張みたいなことを書く、それだけで流行の歌詞ができ上がるかもしれません。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています