- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

山口百恵の人気曲。おすすめの名曲

昭和を代表する女性歌手、山口百恵さんの楽曲をご紹介します。

山口百恵さんは1972年にオーディション番組「スター誕生!」に出演したことがきっかけで芸能界デビューを果たしました。

当時は森昌子さん、桜田淳子さんと並んで花の中三トリオと呼ばれて一世を風靡しました。

そんな山口百恵さんのラストステージでの舞台の真ん中にマイクを置いて去ったシーンはあまりにも有名ですね。

そのラストステージで使用したマイクは現在、小樽の石原裕次郎記念館に展示されているそうですよ。

では、昭和の代表的アイドル、山口百恵さんの楽曲をお聴きください。

山口百恵の人気曲。おすすめの名曲

秋桜|山口百恵

秋桜 山口百恵 コスモス


百恵さんはお母様を非常に大切していらして、時にこの歌を歌っている時には涙している時もありました。

嫁ぐ女性が母を想う気持ちをしっとりと歌い上げています。

この曲はさだまさし氏が百恵さんの為に作ったもので、歌唱力がついてきた百恵さんは日本レコード大賞で歌唱賞を受賞しました。

普段はあまり泣かない女性の百恵さんが受賞のお祝いに三浦友和さんからお祝いの電話を受け取り泣いていたのが印象に残っています。

プレイバックpart2|山口百恵

プレイバックpart2|山口百恵




1978年5月発売何と言ってもこの曲は代表する中の1曲です。

どちらかというと地味めな衣装だった百恵さんですが、背中を大きく開けた黒いドレスとウエストにはピンクのリボンで斜め後ろ向きから歌い始める姿は印象的です。

真っ赤なポルシェを運転しながらちょっとつっぱった女性が男性に対して物足りなさを訴えている歌詞がかっこいいです。

こちらも阿木・宇崎夫妻の曲なのですが、歌いこなす百恵さんもさすがですが、あらゆる可能性を引き出している楽曲には脱帽します。

この歌で百恵さんは紅白のトリを10代で務めました。

曼珠沙華|山口百恵

山口百恵 曼珠沙華


この歌は美サイレントのB面として入っていた曲なのですが知る人ぞ知る名曲です。

歌いこなすのはかなり難しい曲ですが、許されない恋を終わりにしたいが終われないせつない女性の気持ちを歌っています。

百恵さんが引退後に中国で放送された赤い疑惑が大ヒットとなり、中国では絶大なる人気を誇っていた百恵さんの歌は歌詞が中国語もあります。

イミテーション・ゴールド|山口百恵

山口百恵「イミテイション・ゴールド」[Digital refine 2015 ]【HD】


1977年7月発売アップテンポで夏らしくそして大人の女性を思わせる曲です。

今までは無理をしてイメージを作ってきた感じがありましたが、百恵さんの成長とともにかっこいい曲となっているのはやはりゴールデンコンビのなす技でしょうか。

いい日旅立ち|山口百恵

いい日旅立ち 山口百恵 1978.11


1978年11月今でも歌いつがれている名曲です。

当時は確か東日本のCMソングになっていました。

この曲はつっぱり路線のみにならぬよう、あえて谷村新次さんが楽曲を提供しています。

詞がいかにも旅をしましょうという感じで素敵です。

さよならの向う側|山口百恵

さよならの向う側|山口百恵




1980年8月百恵さんが引退をする為に応援してくれた方への感謝を込めてのお別れの歌です。

1980年10月5日武道館にてこの歌を歌い終わった後に、そっとマイクを置いて立ち去った姿はかなり有名な話です。

その後どんなオファーも断り一切表舞台に立つことはありませんでした。

絶対絶命|山口百恵

山口百恵「絶体絶命」[Digital refine 2015 ]【HD】


1978年8月発売つっぱり路線の第2段という感じの歌です。

今度は三角関係を歌っているのですが、次から次へと10代のアイドルによく歌わせるなと思いますが、かっこよく歌っているのが不動の地位を築いた百恵さんの魅力です。

こんな記事も読まれています