スタッフインタビュー|福澤 佑実(WEBマガジン編集スタッフ)|京都の音楽スタジオ|スタジオラグ

特集
福澤 佑実 | スタジオラグ

スタッフインタビュー|福澤 佑実(WEBマガジン編集スタッフ)

スタジオラグで活躍するスタッフの体験談をご紹介。この仕事を始めたきっかけなど、職場や音楽に関する「生の声」をお届けします。

INTERVIEW

仕事の幅がとても広く、新しい仕事が常に周りにあり、とても刺激的です。

どのような仕事をしていますか?

オフィスで仕事をするときは、投稿する記事の見出しを書いたり、全国の音楽関係の情報をまとめるためにデータを集めたりしています。

フェスの速報レポートを出すときは、実際に会場へ足を運んで、記事に掲載するための写真を撮影したり、直接アーティストの方と交渉したりすることもあります。

仕事の幅がとても広く、新しい仕事が常に周りにあり、とても刺激的です。

この仕事を始めたきっかけは?

まず、音楽に関わることができる、勤務日数、という二つが私にとって大きなポイントとなりました。

高校生のときのバンドを始めたのがきっかけで、音楽がとても身近なものになりました。

そのバンドは高校卒業と同時に解散し、大学進学後、とくに音楽に関わることは無かったのですが、どうにか学業と両立して何か音楽に関わることがしたい!という思いがずっとありました。

アルバイトでもし音楽に関わることができたら一番いいなと考えて、スタジオラグへおこしやすの編集補助スタッフという仕事にたどり着きました。

この仕事は勤務日数も自分に合わせて決めることができ、試験期間であったりしてもシフトと勉強の二つで困ることはありませんでした。

また、帰省中にはリモートワークを利用しようと考えています。

働き始めて感じたメリットはありますか?

やはり、音楽関係の仕事というところが一番の私にとってのメリットです。

自分の趣味であったり、興味があることを仕事にいかすことができるのがとてもうれしいです。

職場の雰囲気を教えてください。

とても和気あいあいとしていて、楽しい職場です!

また、みんな音楽が好きというところが共通しているので、音楽の話で盛り上がります。

音楽が好きな人が集まる環境にいれることもうれしいです。

仕事のやりがいや、うれしい体験を教えてください。

自分の書いた文章が、記事に載っているのを見るのはとてもうれしいです。

また、フェスの速報レポートを出したときは、私が撮った写真をアーティストの方のオフィシャルTwitterに載せていただいて、とても感動しました。

仕事を通じて成長したと感じるところは?

文章を書く機会がたくさんあるので、文章を書くスキルは常に鍛えられています。

また、語彙力を上げて、書き方を学ぶためにいろいろな記事を読むようになりました。

生活する中で、記事の見出しなどに注目するようになりした。

あとは、やっぱりいろいろな新しい音楽を発見する機会が多いので、今まで聴いたことがなかったような音楽を聴くようになりました!

ラグでの今後の目標は?

私はまだ新人ですので、まだまだ学ぶことは多いのですが、将来的にはスタジオラグへおこしやすがより良くなっていくための案も出せるようになりたいです。

また、自分にしかできない仕事、自分が得意な仕事をみつけたいと思っています。

採用情報

スタジオラグでは、私たちと一緒に活気溢れる店舗創りをしていただけるスタッフを募集しております。「人々のミュージックライフがより豊かになるようそのお手伝いをすること」を理念にスタジオ・チームの一員としてともに成長していきませんか。

募集職種
ブライダルPAオペレーター
ブライダル施設での音響オペレートのお仕事です。
詳しくはこちら
音楽スタジオスタッフ
リハーサルスタジオ業務全般のお仕事です。
詳しくはこちら
レコーディングスタッフ
レコーディング業務全般のお仕事です。
詳しくはこちら
関連記事
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ