スタッフインタビュー|大木 花子(WEBマガジン編集スタッフ)|京都の音楽スタジオ|スタジオラグ

特集
大木 花子 | スタジオラグ

スタッフインタビュー|大木 花子(WEBマガジン編集スタッフ)

スタジオラグで活躍するスタッフの体験談をご紹介。この仕事を始めたきっかけなど、職場や音楽に関する「生の声」をお届けします。

INTERVIEW

自分の家が職場になるので通勤時間がかかりません。主婦も活躍できる職場です!

どのような仕事をしていますか?

オンラインで京都と東京で回線をつなぎ、パソコン内蔵のカメラモニター越しに指示をもらいながら、クラウドにあるデータを編集する仕事です。

というと難しそうですが、音楽が好きで、テキスト入力さえできればできます。

この仕事を始めたきっかけは?

ウェブマガジン上に掲載されたリモートワークの募集記事を見て応募しました。

今40代なのですが10代の頃から音楽が好きで、結婚する前はずっとレコードショップの店員をしていたので、今までの音楽知識を生かせること、新しい音楽に触れられることは大きな魅力でした。

リモートワークはどんな感じですか?

前の週に勤務希望を出してシフトが決まるので、家族との時間や趣味などプライベートを優先させたい主婦の方に特にオススメです。

自分が働きたい日時に働けるのと、自分の家が職場になるので通勤時間がかからないのが魅力です。

働き始めて感じたメリットはありますか?

知らなかった音楽ジャンルの知識や、今のトレンドなど、この仕事をはじめなければ知りえなかったことをたくさん学べることが一番のメリットだと思います。

また、私はだいたい11時から16時のシフトで働くことが多いのですが、リモートワーク前に掃除や洗濯を済ませて、リモートワークが終わってから夕飯の用意をしています。

仕事を始める前は、ダラダラとワイドショーを見たりしていましたが、生活にメリハリが出てリズムが整ったと思います。

職場の雰囲気を教えてください。

私以外のスタッフは若い人が多く、最初は不安でしたが、皆フレンドリーで笑顔があふれる職場でした。

音楽好きな若い人たちとパソコンのモニター越しにではありますが、いろいろ会話をしながら作業をすすめています。

仕事のやりがいや、うれしい体験を教えてください。

寄稿されているライターの方の記事を公開前にチェックする作業をメインにしているのですが、今まで知らなかったアーティストや曲を知るきっかけになっています。

また、自分の書いた記事のアクセスが伸びたり、SNS経由で反応があったりすると、やはりとてもうれしいです。

大好きな音楽と関われるというのは、かけがえのない喜びです。

仕事を通じて成長したと感じるところは?

純粋にパソコンのスキルがあがっています。

キーボードを打つ速度は、働き出して3カ月ですがかなりスピードアップしました。

また、記事を書く上で語彙(ごい)を増やす努力などもするようになり、文章を書くのが楽しくなってきました。

20代のスタッフと毎日楽しく会話できるので、心は若返りました。

今まで手を出さなかったジャンルの音楽を知るきっかけが多くあるので、音楽知識も広がっています。

ラグでの今後の目標は?

インディーロックが好きなので、ラグの読者の方に魅力的なバンドを知っていただくお手伝いができるような記事を書ければと思っています。

また、現在ウェブマガジン唯一の東京在住スタッフなので、東京のライブレポートなどの記事も書くという野望もあります。

採用情報

スタジオラグでは、私たちと一緒に活気溢れる店舗創りをしていただけるスタッフを募集しております。「人々のミュージックライフがより豊かになるようそのお手伝いをすること」を理念にスタジオ・チームの一員としてともに成長していきませんか。

募集職種
ブライダルPAオペレーター
ブライダル施設での音響オペレートのお仕事です。
詳しくはこちら
WEBマガジン編集補助スタッフ
WEBマガジンの校正、編集などのお仕事です。
詳しくはこちら
レコーディングスタッフ
レコーディング業務全般のお仕事です。
詳しくはこちら
スタジオスタッフ
リハーサルスタジオ業務全般のお仕事です。
詳しくはこちら
関連記事
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ