バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > 特集
ギタースクール連載コラム | 岡本博文「Guitar 虎の巻」

[2]上へ

第三回「Am ペンタトニックだけでジャズっぽいブルースを弾く:その2」

前回もお話しした、ちょっとジャズっぽいブルースのアイディアです。ブルースと言えば、シャッフル、スイングといった跳ねたビートを思い浮かべるのですが、ずばり3連符をマスターするのが非常に難しい。良くある形をAmペンタトニック(♭5thの音入り)で譜例にしてみました。

関連記事を教室ブログにもアップしています。
http://blog.goo.ne.jp/okamotoisland/

譜例1

[2]上へ

このフレーズはブルースのメロディーの特徴

1)とりあえず下がって行くフレーズが多い。
2)フレーズを頭から入る事が少ない
これを念頭に置いて作ってみましょう.

譜面 | スタジオラグ

譜例2

[2]上へ

譜面 | スタジオラグ

譜例3

[2]上へ

また、この譜例1、2を入り方を変えて練習してみます。1拍休んで入る。2拍休んで入る。3拍休んで入る。
休符がなかなかとれないものです。これに演奏の大きな鍵があります。

今度は、入り方の違うバリエイション。

譜面 | スタジオラグ

譜例4

[2]上へ

譜面 | スタジオラグ

譜例5

[2]上へ

ちょっと長めのフレーズを一つ

譜面 | スタジオラグ

これも、1拍休んで入る。2拍休んで入る。3拍休んで入る。など、入り方を変えましょう。
そうすると聞こえ方が変わって来るし、弾きたいとき、すぐ使えるようになります。

簡単だけど、奥の深い練習です。

関連記事

[2]上へ

スタジオラグ北白川店ブログ

[2]上へ

スタジオラグ北白川店ブログ

北ラグこと北白川店スタッフが、おもしろおかしい日常を放ちます!

スタジオラグ北白川店のブログはこちら

各種クレジットカードに対応

[2]上へ

スマートにお支払い。 各種クレジットカードがご利用頂けます。
よくあるご質問

[2]上へ

はじめてスタジオラグをご利用される場合や、人気の音楽スクール体験レッスンに関するお問い合わせ、レコーディングや楽器・機材レンタルについてのご質問など、お客様から寄せられるご質問をカテゴリ別にご案内しております。

よくあるご質問一覧へ

スタジオ利用について

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017