バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > 特集
レコーディングQ&A「レコーディングお悩み一刀両断」

[2]上へ

「レコーディングお悩み一刀両断」Take.4

【Q1】パンチイン・パンチアウトとはなんですか?
レコーディングに関する身近な疑問をプロのエンジニアが丁寧に解説!これからレコーディングをお考えのあなたの疑問も、レコーディング経験はあるけど今まで聞くことのできなかったあなたの疑問も一気に解決です!

Q&A

[2]上へ

パンチイン・パンチアウトとはなんですか?

録音作業に於いて録音されたトラックの修正箇所だけを録音する作業。

再生させながら任意のトラックの該当箇所から録音状態を開始する事を「パンチイン」、録音終了箇所で録音状態を解除する事を「パンチアウト」と言います。

再生しながら手動で録音の開始/終了を行う「マニュアルパンチイン/アウト」と録音範囲を指定して自動で行う「オートパンチイン/アウト」があります。

ドラムはパンチイン出来ないと思われている方も多いですが、ドラムも含めほぼ全ての楽器でパンチイン出来ます。パンチインの際楽器の余韻に注意すべきです。特にドラムの場合シンバル類の余韻があるのでパンチイン開始点から演奏を始めてしまうと元のトラックの太鼓やシンバルの余韻がバッサリ消えてしまい不自然な印象になります。対処法として手前から再生を開始してそれに合せて演奏し修正箇所から録音する事で自然なパンチインが可能です。

同じくパンチアウトの際も修正箇所から少し先まで演奏する事で自然なパンチアウトが出来ます。ボーカルの場合はパンチアウトの際に次の頭まで歌わないとブレスを入れずに歌い切ってしまう事が多く、繋がりが不自然になってしまいます。ギター、ベースのコードチェンジの間も同様に注意が必要ですね。パンチイン/アウトの際は「該当箇所の前後も演奏する」と覚えておくと良いと思います。

後、上記に関連してパンチイン/アウトの際になるべく綺麗に繋ぐコツとして修正箇所の前後でなるべく同じフレーズを弾く事ですね。ドラムで例えれば元のテイクが手前で違うシンバルを叩いていた場合前後で響きが変わってしまい不自然になります。

最高の環境でレコーディングを始めよう。

デモ音源から本格的なCDプレスマスター制作まで、経験豊富なプロのエンジニアが最高の作品創りをお手伝いします。どこにも負...


スタジオラグ伏見店|レコーディングをもっと身近に、簡単に。 プロツールスレコー...

コストパフォーマンスに優れたクラス最高レベルのレコーディング環境をなんと1時間あたり2,840円のカスタマープライスでご利...


関連記事

[2]上へ

プロフィール

レコーディングエンジニア

阪本 大雅

現役バンドマンながらスタジオラグでエンジニアとしても活動中。現役バンドマンならではのミュージシャンの気持ちが分かるエンジニアとして多数のお客様から好評を博す。ミュージシャンの求める「良い音」を実現するべく日夜スタジオラグに潜伏中。

得意なジャンル
Rock系全般
過去作品
ROTTENGRAFFTY、REAL REACH、SKULL CANDY、DUFF、The May Flowers、Jungle Mic、PSYCHO kui METALLICS、MOLE HILL、サモナイタチ、ウルオレイン、Minstrelix、SOULJACK 76、やじるし、MILKBAR、Fabled Number、他多数
お客様へのメッセージ
初めまして阪本です。お客様の音楽制作のお手伝いが出来る事を嬉しく思います。お客様が心から納得出来る音源を制作出来るよう誠心誠意尽力致しますので、どんな些細な事でもお申し付けください。
サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017