バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

スペシャルインタビュー 安達久美

〜ストラトはもう体の一部なんです。自分の声として自由に弾けるって感じ〜

こんにちは。今年メジャーデビューし、今や最も熱い視線を浴びるギタリストの一人ですが、ご自身や環境に大分変化があったのでは?
そうですね、皆様はっきり私の音も曲もCDで聴いて頂いた上でライブ会場に脚を運んでいただいてるので、以前より自分の事を意識して「見られている」というのをすごく感じますね。自分自身もオーラとか違ってきているのを感じます。
バンドサウンドにも変化があったのでは?
最初は私の曲をメンバーの皆さんがどうやって演奏しようか?と手探り状態で、ライブの数を重ねていく毎にだんだんアレンジを加えていく感じでした。それがもう今は、それぞれが「こっちの方がいいんじゃないか」って意見を出し合って、みんなで作り上げていくっていう形になってきました。これぞバンド!って感じで、とても嬉しいです。
変化という点では、最近は新しいギターも使ってらっしゃいますね。
そうなんです。ポール・リード・スミス(以下PRS)もエンドースしてくれました。
安達久美さんといえば、Fender ストラトキャスターというイメージが鮮烈ですが。
昔からストラトキャスターしか弾いたことが無かったんで、PRSから使って下さいと言われたのがもう意外も意外。びっくりしてます。
サウンド的にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。
PRSの方は木が重いし、音が詰まった感じ。ピックアップもパワーがあるものがついてますし、サスティンがすごい伸びるギターです。ソロイストとしてはすごく気持ち良く弾けるギターだと思います。Fenderは器用なギターなんで、バッキングにしてもとてもバンドの中に溶け込んでいく感じがします。小学5年生からストラトは弾いているので、もう体の一部なんです。自分の声として自由に弾けるって感じ。
Fender社(USA)では数少ない日本人アーティストとして、シグネイチャーモデルも作成中とお伺いしています。
今のメインギターがジェフ・ベック・シグネイチャーなんですけど、91、92年にのみ製作された特殊な形状のネックで、それが私の手にすごくなじんじゃって、それしか私はもう気持ちを表現できない位なんですよ。だから、その形状のネックでオーダーを出しています。また、指版はローズウッドで、今手に入りにくいらしく全米を探しまわってくれています(笑)更に(笑)倍音の多いサウンドにするため、極薄のラッカーフィニッシュのボディを既に選んであります。仕上がりがとても楽しみです。
こだわりの詰まった極上の1本ですね。PRSとFenderは今後どいうった使い分けをする感じでしょう?
言葉では難しいですが、サウンド的にオーケストラサウンドっぽいような曲にはストラトのような上手くキーボードとも馴染んでいくギターがいいんじゃないか、というのはうっすらとあります。メロディからソロから曲のすべてをギターで謳い切るという曲に対してはPRSがあうんじゃないかと。
この冬にはいよいよ2nd Albumのレコーディングも控えていますね。
1stはクラブパンゲアの特徴として曲全部がカラフル、アルバムを通して。その方向性は2ndも変わらないと思います。1stのレコーディングは私にとって生まれて始めての経験だったので、色々音作り面や演奏の環境とかも戸惑うとこがありました。2ndはその経験を通して、もっといいものが出来ると思っています。2ndアルバムでは1stの曲の中から数曲付録でDVDもセットで付きますのでlive映像の私も楽しんで下さい。
今から期待が膨らみますね!ところで、久美さんはスタジオラグで働いていた経験もお持ちですね。
はい、特にお客様にお出ししているコーヒーにはこだわっていました。常においしいコーヒーを出してあげたい、という思いがあったんで、お客様が来られるタイミング、休憩するタイミング、リハーサルが終わるタイミングを見計らって入れたてを用意していました。
そして現在はスタジオラグでギターレッスンを行っていますね。
まず、私のギタースタイルを理解していただいた上で、もっと私に習いたいっていう方を対象にやっています。ニュアンスやサウンドを大事にしていて、右手のスナップや左手の握力も音にこんな風に影響するんだよ、というのを実際に音で聞かせながら、納得して、それぞれカッコいい音を追求していくという、とても実践的な感じです。
最近はギターを弾かれる女性も増えてきています。
女性でも男性よりカッコ良く弾けるんだよというのを、手本としてみせていきたいですね。憧れとなれるよう頑張っていきます!
最後に、今後の抱負等をお聞かせください。
目指すところは「世界一」。それを実現すべく現状に飽き足らず、努力を惜しまず、精進していきます!また、私は京都に住んでいるので、練習するならスタジオラグです。ラグで練習してたら私に会えるかも!スタジオラグを本当に愛しているので、是非ご利用ください!
ありがとうございました。
安達久美プロフィール

[2]上へ

安達久美

あだちくみ
Guitar

安達久美・オフィシャルサイト

11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。2002年に活動拠点を京都に移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&映像を彷彿させる独特なオリジナル楽曲を武器に、日本国内外で活躍中。元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美club PANGAEA(クラブパンゲア)」で4枚のオリジナルアルバム、森山良子、角松敏生や渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「J&K」にて3枚のオリジナルアルバムをリリース。マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティとの共演や、エジプト「カイロジャズフェスティバル」パリ「JAZZ IN JAPAN 2014」出演など国際的にも活躍。SHOW-YAや土屋アンナら共演した著名アーティストも多数。2015年にはデビュー10周年を迎え、”世界有数の女性ギタリスト”の評価は揺るぎない。。

ギター教室

[2]上へ

安達久美 ギター教室

2007年3月、スーパードラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美 club PANGAEA」で衝撃デビュー、今最も注目度の高いギタリストの一人・安達久美のギターレッスンを開始!特に近年急増する女性ギタープレイヤーのスキルアップを強力にバックアップします。ギターは女性にはハードルの高い楽器と思われがちですが、自らの経験を元にした技術指導で、あらゆるテクニックを分かりやすくレクチャーします。男性もレッスン参加者が中学生からご年配の方までレッスンを受講しています。初心者で始める方、昔こんな曲を弾きたかったなど面接した上でスタートします。

さらに詳しく

安達久美 club PANGAEA 10th anniversary "NOW & THEN”を聴き尽くせるニューアルバムとベストアルバム

FLAT OUT / フラット・アウト

FLAT OUT

J-FUSION界の最高峰”安達久美 club PANGAEA”自身4枚目となるスタジオ・ニューアルバムは10th Anniversaryを飾るに相応しい渾身の最高傑作!これぞ究極のハード・フュージョン!!

PANGAEA / パンゲア

PANGAEA

“安達久美 club PANGAEA”10年の軌跡を辿る初のベストアルバム!超絶技巧に溢れた数々のプレイ、変幻自在のアレンジ、爽快且つキャッチーなメロディ・・・ J-FUSION屈指の名曲が揃い踏み!

安達久美教則DVD第二弾『究極のブルース・ロック・ギター』

究極のブルース・ロック・ギター

ATDV-381:3,800円+税
2015年1月27日発売

渋すぎフレーズ×極太トーン!ロックとブルースをいいトコ取りしたプレイを解説。
安達久美(G)清水興(B)星山哲也(Ds)による『 Danjiri Funk 』『 Catch Ball 』『 lose control 』のスタジオ LIVE 映像も収録!

『TIME』『TIDE』

究極のブルース・ロック・ギター究極のブルース・ロック・ギター

『TIME』KICJ-663:3,000円+税
『TIDE』KICJ-664:3,000円+税

日本を代表する実力派ギタリスト“梶原順”と国内ジャズ/フュージョン界No.1女性ギタリストとの呼び声も高い“安達久美”の2人による究極のギター・デュオ “ J & K ” のパラレル・ワールド!!
エレクトリックアルバムとアコースティックアルバムの2タイトル同時発売!!
J&Kの幅広いスタイル、実力、魅力を存分に感じさせる強力盤!!

『J&K』

究極のブルース・ロック・ギター

KICJ-652:2,857円+税

ギター職人プレイヤーの異名をとる梶原順のファンキー&海外からの注目度も高い安達久美のブルージーなプレイを、魅力的なアンサンブルで披露するアコースティックチューン。グルーヴ感溢れるエレクトリックチューンではベーシストにバカボン鈴木と高校生の天才ドラマー平 陸 (たいら・りく)をリズム陣に迎えた。
2人の新曲とリアレンジのカバー曲まで、ギター好きにはたまらない、聴きどころ満載なJ&K 待望のCDデビューアルバム。

『L.G.B.』~Lady Guitar Blues~

安達久美クラブパンゲア

VAZS-0003/4:3,500円+税≪CD1枚+DVD1枚≫

書き下ろしオリジナルに加え、ジェフ・ベックのカヴァー曲「哀しみの恋人達」を収録。DVDにはアムラックスホールでのライブ模様に加え、安達久美本人撮影のプライベート映像。バックステージ、普段見ることのできないメンバーの素顔など盛りだくさん!

『WINNERS!』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1352:2,500円+税

≪収録曲≫1 ディリュージョン(安達久美)2 哀愁のヨーロッパ (カルロス・サンタナ)3 オール・ワン(安達久美)4 Xウイング・ファイター(河野啓三)5 ピースフル・タイム(安達久美)6 キャッチ・ボール(安達久美)7 トライブ・ドライブ (安達久美)8 タッチ・ミー・ジェントリー (安達久美)9 ウィナーズ WINNERS! (安達久美)

『リトル・ウィング』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1302:2,800円+税

安達久美のPOPで オリジナリティ溢れるオリジナル曲と、ジミヘンを彷彿とさせるアグレッシヴなストラト・サウンドが音楽シーンで大きな話題を呼んでいます!そしていよいよ3月21日に、デビューCD『リトル・ ウィング』(VACM-1302)をビデオアーツ・ミュージックよりリリース。アルバムは彼女自身の原点でもある「リトル・ウィング」のカバー・トラックから始まり、18歳の時に初めて作曲した「ダンジリ・ファンク」、POPなテイストが人気の「KITSUNE NO YOMEIRI」、スケール感溢れる組曲「パンゲア」など、安達久美のオリジナル曲の数々を収録した全9曲構成。まさしくNEWスターの誕生です!

『 安達久美 直伝 WILD & GROOVE GUITAR 』

安達久美クラブパンゲア

ATDV-165:4,000円+税

安達久美がカッティングからアドリブのコツまでを解りやすく解説!右手、左手の基本フォームから、カッティング・トレーニング、自身の楽曲「DELUSION」、インタビューまで!テクニックはもちろん、それだけではない"ギタリスト安達久美”を このDVDで体験してください!

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017