バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
対談インタビュー

[2]上へ

対談インタビュー マーティーブレイシー

今回はスタジオラグのドラムスクール講師としてもおなじみのドラマー、マーティー・ブレイシーさんをお迎えして「マダム」ひかると、アシスタントのHIROCKによる対談の模様をレポートいたします。

トップページ2ページ3
HIKARU | スタジオラグ みなさまごきげんあそばせ。わたくし、本コーナーのオーガナイザーをつとめさせて頂く「マダム」ひかるです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。このコーナーは毎回毎回、素敵なアーティストをお招きしてはアシスタントのHIROCKとともにその真の素顔に迫る、というなんとも恐ろしい趣旨となっております(笑)どうぞ最後までごゆっくりとお付き合いくださいませ。
さぁ、それではHIROCK。皆様にご挨拶を。
HIROCK | スタジオラグ は、はい!みなさんはじめまして!ただいまご紹介にあずかりました「北白川店番長」こと戦う歌姫、HIROCKです!!よろしくお願いします。
HIKARU | スタジオラグ さて、今宵のお客様は、河原町店の一階でたまに見かける背の高い外国人のおじさん。練習に来ている若い子達が、「この人だれなんやろう?」と思いつつ、ソファの隣の席に座っていても、聞く訳にもいかない。多分ナゾの存在だと思うマーティー・ブレイシーさんにお越し頂きました。
マーティーブレイシー | スタジオラグ こんにちは、マーティーブレイシーです!!
HIKARU | スタジオラグ 実はわたくし、最近マーティーにドラムを習いはじめたの。これが結構ハマっちゃって。HIROCKも、マーティーにバンドの手ほどきを受けた事があるのよね?
HIROCK | スタジオラグ そうなんです。一緒にライブまでさせて頂きました。
マーティーブレイシー | スタジオラグ あの時はただ純粋に音楽を楽しんでもらいたい。そのガイドの役目になれれば、と思ってたのね。みんなで一つになって演奏をしてもらうことが、僕の目標だったの。自分たちの色を出しやすく、そしてまとまって欲しかった。
HIROCK | スタジオラグ マーティーさんからはいろんな事を教わりましたね。あれ以来、毎回ライブの前にはミンナで集まって「ひとつになろう!」って気持ちでライブをやっています。
マーティーブレイシー | スタジオラグ そう、それは言い換えればつまり「アンサンブル」する、ということ。ひとりひとり、というのじゃなくて、「4人がひとつになる」っていうこと。
HIROCK | スタジオラグ そうですね!4人がひとつになる!何か、スゴく印象的だったんですよ、その言葉が!
マーティーブレイシー | スタジオラグ すごい大切よ、それ。一人で目指してんじゃなくて、バンドでしょ。そのバンドの存在を、一つの味にする。例えば鍋だったら、野菜とか魚とか肉とか、いろいろ入れるけど、一つのものなってるでしょ。一つの味になってんの。それ、バンドと一緒。キャベツだけで食べたらおいしい、じゃなくて、メンバー全員で一つになる。
HIKARU | スタジオラグ その例え、分かりやすいわね!
マーティーブレイシー | スタジオラグ 割とアマチュアの子達はね、自分のことだけで精一杯なってんのね。そうじゃなくて、その中でコミュニケーションとか、アイコンタクトして。バンドメンバーが仲良くなってんなら、お客さんも「僕たちも入ろう」って、なる。皆が別々の世界だったら、何かもうバラバラ。いい演奏にならないし。
HIKARU | スタジオラグ ほんと、貴重な体験させてもらったわよね。HIROCK!
HIROCK | スタジオラグ そうなんです。個人的にもすごいファンで、もっと多くの人にマーティーさんを知ってもらいたいのと、そういうかっこいいマーティーさんがいるスタジオラグ。それはもう、スゴいことだと思うんですよ。普通に音楽してて、いつかこういう風になりたいっていう存在が、普通にスタジオに行ったら会えるっていうのが、やっぱりスゴいことやと思うんで。
マーティーブレイシー | スタジオラグ 例えば東京のスタジオの場合だったら、プロの専属のスタジオ行ったりとかで、同じ場所でアマチュア達と、って所は滅多にないですよ。今はスクールやライブを通して演奏者として今まで得た色んなこと~人生とか幸せなこととか色々~、を皆に返したいのね。「give and take」ということで。だから、高校生でもだれでも、いつでも気軽に声かけてね!
HIROCK | スタジオラグ スゴい嬉しいですね!
HIKARU | スタジオラグ そしたら皆声かけやすいよね。
マーティーブレイシー | スタジオラグ このラグのスタジオはね、自宅のリビングルームにいるような、すごくリラックスさせるのね。リハーサルが終わったバンドとか、これからスタジオ入る人とか、皆そこで会うでしょ。誰かと出会ったり、話したり。ここにはそのリラックスの雰囲気がある。俺もスゴい嬉しいし、ここのスタジオの魅力的なところ。
HIROCK | スタジオラグ そういうスタジオは東京にもあまりないのですか?
マーティーブレイシー | スタジオラグ 今迄の経験としてね、ロビーはスゴくオフィスみたいなセッティングなってるのね。それぞれのコーナーで、僕たちこっち入ろう、別のグループはあっちという、何か隣と透明な壁がつくられたみたいな感じで。
HIKARU | スタジオラグ 広いところで別々にって感じなんだろうね。うち、狭いもんね。摺り合わせるしかないっていうか(笑)。
HIROCK | スタジオラグ でもそれが、逆にいいんですよ。
HIKARU | スタジオラグ 何となく親密になっちゃうよね。
マーティーブレイシー | スタジオラグ ソファの雰囲気とか、置いてるテーブルとか、ホント家に帰りましたよ、みたいな感じがする。
HIROCK | スタジオラグ うれしい!ありがとうございます!!
トップページ2ページ3
スクールプログ

[2]上へ

スタジオラグ・ミュージックスクールの講師陣による音楽ブログです。レッスンに関することや、お役立ちTIPS、ライブ情報など、音楽に関わる豊かな情報をお届けします。

ブログを見る

プロフィール

[2]上へ

マーティー ブレイシー

Marty Bracey

1954年9月17日、オハイオ州クリーブランドに生まれ、5歳よりシカゴで育つ。
Jazz愛好家の父の影響もあり、12歳よりドラムに親しみ、18歳でプロデビューする。
ジャッキー・ウィルソン、ザ・シャイライツ、タイロン・デイビス等のドラマーとして全米ツアーやライブハウス等で活躍。1973年に来日。
1980年、『ダンシング・オールナイト』等の数々のヒット曲を生んだ、"もんた&ブラザーズ"のメンバーとなり、日本で一躍スタープレイヤーとなる。その後もオメガトライブ、本田美奈子、上田正樹、八神純子、桂銀淑、小沢健二、BADBOYSBLUESBAND、CHAR、中本マリ、井上タカユキ、塩次伸二、ミッキーカーティス、スピリッツ(打楽器グループ)等のジャンルを超えたアーティストと共演、数多くのコンサート・ツアー、レコーディングに参加。最近では、ゴスペラーズのレコーディングに参加。
JAZZ/POPS/FUSION/ラテン/リズム&ブルース/演歌/民俗音楽/コンピュータ音楽/エスニックミュージックと幅広い分野において豊かな感性とリズム感(キレ)の良さを発揮している。
国境を越えた各国民俗音楽の研究にも余念がなく、アフリカンミュージシャン”ママドゥ”との共演、和楽器の尺八奏者、中村明一との共演や、”わらび座”のコンサート出演等で日本の響きを感じ取り、現在特に、ドラム(太鼓)とリズムの研究に重きを置き、”炎太鼓”とのレッスンにも参加、コンサートにも出演。実に多方面において第一線で活躍を続けている。

マーティーブレイシー・オフィシャルウェブサイト

ドラム教室

[2]上へ

マーティー・ブレイシー ドラム教室

“もんた&ブラザーズ”のドラマーにして、和太鼓を始め世界各国のリズムに造詣が深い「グルーヴの達人」マーティー・ブレイシーのドラム教室です。キック・スネア・ハットの3点を使った基礎練習からフルセットを使った実践練習まで日本語で分かりやすくレクチャー。仲間同士で楽しく学べるグループレッスン形式ですが、レベルや年齢によって多くのクラスを設けていますので、個々にあったキメ細やかな指導が可能です。全くの初心者から経験者まで一緒に楽しみながら“グルーヴ”しましょう。

さらに詳しく
TV出演

[2]上へ

びわこ放送(BBC)で、毎週土曜日に22時30分から放送中の「☆きらめき☆マイスター」にスタジオラグドラム講師のマーティー ブレイシーがメインパーソナリティとして2年間出演。

パーカッションサークル@RAG
パーカッションサークル

ラグインターナショナルミュージックは、ひとりでも多くの人に音楽をする楽しみを知ってほしい。初心者もプロも関係なく音楽ができる場を作りたい。そんな想いのもと、無料で参加できるパーカッションサークルを毎月開催しております。小学生(要保護者同伴)以上でしたらどなたでもご自由に参加して頂けます。開催日時など詳しくは公式ブログをご覧下さい。

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017