バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

安達久美 | スタジオラグ

スペシャルインタビュー 安達久美

トップページ2ページ3ページ4
今度楽器店でデモ演奏をされるんですよね?
そのために3本用意していただきました。1本はカスタム24というモデルで、サンタナのモデルです。これは両方抉れているダブルカッタウェイですね。しかもボディもストラトみたいな感じで薄いので、重量も軽いですし、音も軽目ですけど艶やかな部分が残っている感じ。サスティンが凄く伸びます。そこはやっぱりサンタナって感じがしますね。フィードバックがグィーンって伸びる感じが。ネックがギブソンと同じスケールで。私の持っている緑のはギブソンとフェンダーの中間のスケールなんです。私にとってはスケールが若干短いので、その辺苦労したりします。24フレットですしね。ポジションマークの鳥のインレイがかわいらしいですよね。後の2本はこれからスタジオで鳴らしてみてどんな感じかなって試していくんです。1本はMiraというモデルで、ビンテージサウンドのロックとかに合いそうな気がしますね。もう1本はピックアップがHSHで、スイッチによって全てシングルにもなって、ストラトのように扱えるというギターで、幅広いサウンドが出せそうで楽しみです。それぞれのサウンドの違いを12月に楽器店さんのデモ演奏で披露するので、是非聴きに来てください。
アンプはFender / VibrokingとVox / AC30の2台を使ってはりますね。この組み合わせはどういうセッティングなのでしょうか?
Vibrokingとの付き合いは凄く長いんですよ。20歳過ぎの頃に購入したんですけれども、凄く音の立ち上がりが早いんですよね。それまではレンタルスタジオに置いてある一般的なJC-120やTwin Reverb、Marshallでしか弾いたことがなかったんですけど。Vibrokingは立ち上がりがものすごく早くて、自分の下手さがよく分かったんですね。ごまかしが効かないんですよ。それまでいかにアンプによって自分がごまかされてきたかというのが分かったんで、これは私はこのアンプを買わなければいけない。これでいい音が鳴らせられるようになると、きっと上手くなるだろう、と思って。そういう考えで購入しました。
修羅ですね...サウンドが気に入ってではなく、自分を磨くために手に入れた、と。
最初はそうでしたね。しばらく付き合っているうちに、楽器屋さんとか行くと色んなアンプ弾いたりするじゃないですか。弾き比べてみて、いかにいいアンプかっていうのがだんだん分かってきて、そのサウンドが好きになってきたんですよ。形もやっぱりスピーカー3発で、ほとんど正方形な形でかわいいなぁって(笑)。実はVibrokingは塩次さんも使ってらして。2人でツインギターでライブをするときなんかVibrokingが2台並んでて、見た目的にも面白かったです。
壮観ですね!Voxの方は?
Voxもモニターなんですよね。Voxはドライブがかかりやすいんですね。LowとMidが凄くよく出ます。その代わりにVibrokingのような立ち上がりの早さはなくて、逆にVibrokingはLowとMidがあまりないんで、2台ブレンドしてやってみたらうまくいったんです。それで今、丁度いい感じですね。
歪みはペダルで、って感じですか?
会場によっては、ドライブかかりやすい会場だったら、歪みは踏まなくてもいいくらいの時もあるんですけど。
エフェクターは何をお使いですか?
私はチューブスクリーマーフェチで(笑)18歳のときから使っていて、見た目Ibanezのチューブスクリーマーなんですけど、実はトニー・ブルーノという人がモディファイしたモデルで、全然違う音がします。コードの粒がはっきり出るんですよ。それが大好きで、ず~っとそれですね。ちょっと前まではvoodoo-1をブースターに使ってたんですけれども、今はXoticのRCという白い小さいペダルをブースターとして使っています。それが見事にクリアなブーストサウンドなんで。歪ませなくてもそれ1発踏めばいい感じの音がします。他は、ディレイがMaxonのAnalog Delayで、コーラスはtc.electronicsのchorus+ですね、あとcrybabyのワウペダル。最近はリバーブを外したり、コンプを外したり、よりシンプルにしていきたいなと。最終的には直結でいきたいな、という位の勢いで、どんどん減らしていっています。
最近、ギター弦もモニターになられた、とお聞きしました。
今までダダリオの095からのゲージを使ってたんですけど、今はアーケイの弦を前回のツアーから使っています。ニューオーリンズの山岸潤治さんが使ってらして、9月にRAGに来られたとき、1曲で弦3本切らはったんですよ。で、「アーケイちゃうから、こればしばし切れんねん。いつも俺アーケイ張ってんねんけど、アーケイやったら切れへんねんけどなぁ」っておっしゃってて。その時は「アーケイって何?」って思ってたんですけど。私も色々弦は試してきて、それほどの違いは感じなかったんですけど、山岸さんに「アーケイいいよ~。持ちがいいし、切れへんねん」って薦められて実際張ってみたんですよ。もう、手触りが違います、吸い付く感じ。若干ツルツル系で、ずっと弾いていても錆びないんですよ。劣化もあんまり見受けられ無くて、すっごく長持ちします。
日本でも売っているんですか?
京都ならイーストビレッジギターズに置いてます。1セット1200円くらいで、普通の弦の倍位するんですけど、恐らく3倍くらい長持ちします。しかも1、2弦はオマケがついてるんで(笑)
ゲージはどれを使ってらっしゃいますか?
アーケイは009でも、ダダリオの095くらいの張りがあるので。009から046のセットを使っています。ライブはそれでやってるんですけど、普段は010~046で。鍛えるために。
なるほど。修羅ですね(笑)Fenderというブランドに拘りはありますか?最近は国産ハンドメイドでもいいストラトもたくさんありますが。
拘ってますね。乗り換えようと思ったらいつでも乗り換えられると思うんですけど、私にとってFenderは小さい頃からの憧れで、今も憧れであるので、Fenderを使って、Fenderにものを言わせられるギタリストになりたいっていうのがあって。そのためにもFenderを使い続けていきたいと思います。皆が皆、拘れるところではないと思うんですけど、私は拘ります。
なるほど。修羅ですね(笑)トーンとして参考にされているギタリストはいらっしゃいますか?
そうですねぇ、、、大御所の方は皆素晴らしいので。最近のギタリストで言うと近いな、というかびっくりしたのがジョン・メイヤーですね。スタイルもどこかかぶっているところがあったりして。チューブスクリーマー使い、Fender使いでもあるし。ポップスシンガーとして見られがちですけど、実はブルースがやりたかったらしくて、3年前に出したアルバムと最近のライブアルバムと聴き比べるとものすごくうまくなっていて。それに私もすごく刺激されています。やっぱり私も練習していこうって、気合いが入りますよね。
最近ジョン・メイヤーモデル出ましたね。
出ましたね。でも本人はあまり使ってないみたい(笑)ライブDVDがあるんですけど、曲ごとにギターを持ち替えて、Fender好きには堪らない感じですよ。ビンテージギターが次々出てきて、それぞれ個性をちゃんと出していい音出してるんですよ。
そういうのでいうと、Red Hot Chilli Peppersのジョン・フルシアンテもヤバい音出してますよね。
えぐい。あれはえぐいです!根性入ってますよね。爽快なサウンドですね。
ギターの話になると止まりませんね(笑)今日はありがとうございました
トップページ2ページ3ページ4
安達久美プロフィール

[2]上へ

安達久美

あだちくみ
Guitar

安達久美・オフィシャルサイト

11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。2002年に活動拠点を京都に移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&映像を彷彿させる独特なオリジナル楽曲を武器に、日本国内外で活躍中。元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美club PANGAEA(クラブパンゲア)」で4枚のオリジナルアルバム、森山良子、角松敏生や渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「J&K」にて3枚のオリジナルアルバムをリリース。マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティとの共演や、エジプト「カイロジャズフェスティバル」パリ「JAZZ IN JAPAN 2014」出演など国際的にも活躍。SHOW-YAや土屋アンナら共演した著名アーティストも多数。2015年にはデビュー10周年を迎え、”世界有数の女性ギタリスト”の評価は揺るぎない。。

ギター教室

[2]上へ

安達久美 ギター教室

2007年3月、スーパードラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美 club PANGAEA」で衝撃デビュー、今最も注目度の高いギタリストの一人・安達久美のギターレッスンを開始!特に近年急増する女性ギタープレイヤーのスキルアップを強力にバックアップします。ギターは女性にはハードルの高い楽器と思われがちですが、自らの経験を元にした技術指導で、あらゆるテクニックを分かりやすくレクチャーします。男性もレッスン参加者が中学生からご年配の方までレッスンを受講しています。初心者で始める方、昔こんな曲を弾きたかったなど面接した上でスタートします。

さらに詳しく

安達久美 club PANGAEA 10th anniversary "NOW & THEN”を聴き尽くせるニューアルバムとベストアルバム

FLAT OUT / フラット・アウト

FLAT OUT

J-FUSION界の最高峰”安達久美 club PANGAEA”自身4枚目となるスタジオ・ニューアルバムは10th Anniversaryを飾るに相応しい渾身の最高傑作!これぞ究極のハード・フュージョン!!

PANGAEA / パンゲア

PANGAEA

“安達久美 club PANGAEA”10年の軌跡を辿る初のベストアルバム!超絶技巧に溢れた数々のプレイ、変幻自在のアレンジ、爽快且つキャッチーなメロディ・・・ J-FUSION屈指の名曲が揃い踏み!

安達久美教則DVD第二弾『究極のブルース・ロック・ギター』

究極のブルース・ロック・ギター

ATDV-381:3,800円+税
2015年1月27日発売

渋すぎフレーズ×極太トーン!ロックとブルースをいいトコ取りしたプレイを解説。
安達久美(G)清水興(B)星山哲也(Ds)による『 Danjiri Funk 』『 Catch Ball 』『 lose control 』のスタジオ LIVE 映像も収録!

『TIME』『TIDE』

究極のブルース・ロック・ギター究極のブルース・ロック・ギター

『TIME』KICJ-663:3,000円+税
『TIDE』KICJ-664:3,000円+税

日本を代表する実力派ギタリスト“梶原順”と国内ジャズ/フュージョン界No.1女性ギタリストとの呼び声も高い“安達久美”の2人による究極のギター・デュオ “ J & K ” のパラレル・ワールド!!
エレクトリックアルバムとアコースティックアルバムの2タイトル同時発売!!
J&Kの幅広いスタイル、実力、魅力を存分に感じさせる強力盤!!

『J&K』

究極のブルース・ロック・ギター

KICJ-652:2,857円+税

ギター職人プレイヤーの異名をとる梶原順のファンキー&海外からの注目度も高い安達久美のブルージーなプレイを、魅力的なアンサンブルで披露するアコースティックチューン。グルーヴ感溢れるエレクトリックチューンではベーシストにバカボン鈴木と高校生の天才ドラマー平 陸 (たいら・りく)をリズム陣に迎えた。
2人の新曲とリアレンジのカバー曲まで、ギター好きにはたまらない、聴きどころ満載なJ&K 待望のCDデビューアルバム。

『L.G.B.』~Lady Guitar Blues~

安達久美クラブパンゲア

VAZS-0003/4:3,500円+税≪CD1枚+DVD1枚≫

書き下ろしオリジナルに加え、ジェフ・ベックのカヴァー曲「哀しみの恋人達」を収録。DVDにはアムラックスホールでのライブ模様に加え、安達久美本人撮影のプライベート映像。バックステージ、普段見ることのできないメンバーの素顔など盛りだくさん!

『WINNERS!』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1352:2,500円+税

≪収録曲≫1 ディリュージョン(安達久美)2 哀愁のヨーロッパ (カルロス・サンタナ)3 オール・ワン(安達久美)4 Xウイング・ファイター(河野啓三)5 ピースフル・タイム(安達久美)6 キャッチ・ボール(安達久美)7 トライブ・ドライブ (安達久美)8 タッチ・ミー・ジェントリー (安達久美)9 ウィナーズ WINNERS! (安達久美)

『リトル・ウィング』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1302:2,800円+税

安達久美のPOPで オリジナリティ溢れるオリジナル曲と、ジミヘンを彷彿とさせるアグレッシヴなストラト・サウンドが音楽シーンで大きな話題を呼んでいます!そしていよいよ3月21日に、デビューCD『リトル・ ウィング』(VACM-1302)をビデオアーツ・ミュージックよりリリース。アルバムは彼女自身の原点でもある「リトル・ウィング」のカバー・トラックから始まり、18歳の時に初めて作曲した「ダンジリ・ファンク」、POPなテイストが人気の「KITSUNE NO YOMEIRI」、スケール感溢れる組曲「パンゲア」など、安達久美のオリジナル曲の数々を収録した全9曲構成。まさしくNEWスターの誕生です!

『 安達久美 直伝 WILD & GROOVE GUITAR 』

安達久美クラブパンゲア

ATDV-165:4,000円+税

安達久美がカッティングからアドリブのコツまでを解りやすく解説!右手、左手の基本フォームから、カッティング・トレーニング、自身の楽曲「DELUSION」、インタビューまで!テクニックはもちろん、それだけではない"ギタリスト安達久美”を このDVDで体験してください!

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017