バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

スペシャルインタビュー 安達久美

-いつも命がけなんですけども、今回も命がけです。じゃないと、音が皆さんに届かないと思うので。-

トップページ2ページ3ページ4
2008年は、激動の年だったと思います。2nd アルバムのリリース、数回の全国ツアー、そして今度は今年の活動の集大成として門真のホールライブが控えていますね。
安達:2nd アルバム「Winners!」をリリースして、ツアーは3回、4月、5月、7月と3回行い、毎回いい感じに進化しています。曲もやり慣れて、CDとはまた違った深い世界へ広げていけるようになりました。10月にもサックスの小林香織ちゃんとツアーがあって、則竹さん清水さんもご一緒いただきました。その時すでに7月より成長した私のギターに皆さん驚かれた感じがありました。私も日々進化していますし、12月のライブはより凄いことになるって想像できますね。
さらに進化し続ける安達久美が見れる、ということですね。
より自由度が上がった気がします。
その進化し続ける原動力とは?
ツアーに出ている時以外は、自分と向き合う時間が長いじゃないですか。自分ができない、不得意なところを正面に向き合って、だんだん良くしていく。苦手をなくしていくことで、限られていた世界がより広がっている、というのがあります。自分で練習していても、「あっちもいける、こっちもいける。どんな方向にもいける、どこまででもいける」という感じがしています。もちろん皆さんと一緒にやったときには、いつもついてきてくださるので、今からすごく楽しみにしています。
楽しみですね。そのライブの見どころ、聴きどころ、またライブにかける意気込みをおきかせください。
1st、2ndアルバムの曲を中心にやるのですが、毎回聴かれているお客様も「変わった」と感じていただける、より楽しめる、刺激的な方向にいけると思います。いい曲が書けたので、新曲にもチャレンジしたい。。それは3rdアルバムに向けて楽しみにしていただけるんじゃないかと思います。いつも命がけなんですけども、今回も命がけです。じゃないと、音が皆さんに届かないと思うので。
その後には梶原順さんとのツインギターのツアーも決まっています。これはどういうユニットなのでしょうか。
7月のツアーのときに数回、梶原さんをゲストに迎えてClub Pangaeaのツアーをさせていただいたんですけど、その延長的なツアーです。今回はKeyboardがいないので、よりツインギターの色が全面に出される感じで、私にとってもすごくチャレンジですね。
曲はどういう曲をされるのですか?
お互いのオリジナルやカバー曲です。ツインギターでそれぞれの曲のいいところがさらに出せればと思います。アコースティックギター2本でもやります。お互いロックやブルースがルーツなので、山弦さんとかとはまた違った世界になると思いますよ(笑)。
京都はYAMATOYAさんとRAGと、2回ありますね。
YAMATOYAさんはアコースティックライブで。2人だけで、濃い時間を楽しみたいと思います。RAGの方はエレクトリック中心に、アコースティックも数曲やります。
梶原さんはどういったきっかけで出会われたのでしょうか。
20歳の頃に、アメリカから帰ってきてサポート・ギタリストとして活動していたんですけれども、割とスケジュールが空いていたので、あちこちのライブハウスに顔を出して、ミュージシャンや知らない人たちに挨拶しにいったりしてまいました。ギター持っていって、1曲弾かせてください、とか。
道場破りみたいですね(笑)
そんな感じです(笑)。それと並行して、同世代の仲間と一緒にトリオでバンドを組んでたんですけど、メンバーがその時の音源を、梶原順さんが一緒に組んでいた「J&B」というツインギターのグループ、その相方の浅野祥之さんの手元に渡したそうなんです。それが1枚目に入っている「DANJIRI FUNK」という曲だったんですけども。それを浅野さんが聴かれて「すごい面白い」って言われて、この曲を作っている人とギターを弾いている人に会いたいと、冗談抜きに言われたらしいんですね。実は作曲者とギタリストは同じ人で、しかも女の子ということで、会ってみたいおっしゃっていただきました。そこで大阪のバナナホールに「J&B」で来られたときに挨拶に行ったんですね。そこから、浅野さんから梶原順さんを紹介していただいて。すごく親切丁寧に、機材の相談とかも乗ってくださって。きっかけは浅野さんだったんですけど、それ以降は順さんとのやりとりが多くなりました。「いつか一緒にやろうよ」みたいな感じで言ってたんですけど、その時はまだサポートギタリストでアルバイトみたいな感じだったんで、「いつか」というのが何時になるのか分からなかったんですけどね。
その時の約束がやっと果たせたユニットなんですね。ツアーの合間が長かったというお話ですが、作曲もされてたんですか?
そうです。3枚目に向けて。来年ににはリリースしたいと思っています。
アルバムの構想みたいなのはありますか?
自分と向き合う時間が長かったので、色んな角度からチャレンジしたりして、曲作りのアプローチの仕方も増えたましたね。曲作りの方法そのものが進化してるんで。今までのように映像と一緒に浮かんでくるものもあれば、本能的に出たメロディをちゃんと辿っていくものもあります。明確な世界が出るような曲作りというコンセプトは一緒ですね。
トップページ2ページ3ページ4
安達久美プロフィール

[2]上へ

安達久美

あだちくみ
Guitar

安達久美・オフィシャルサイト

11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。2002年に活動拠点を京都に移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&映像を彷彿させる独特なオリジナル楽曲を武器に、日本国内外で活躍中。元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美club PANGAEA(クラブパンゲア)」で4枚のオリジナルアルバム、森山良子、角松敏生や渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「J&K」にて3枚のオリジナルアルバムをリリース。マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティとの共演や、エジプト「カイロジャズフェスティバル」パリ「JAZZ IN JAPAN 2014」出演など国際的にも活躍。SHOW-YAや土屋アンナら共演した著名アーティストも多数。2015年にはデビュー10周年を迎え、”世界有数の女性ギタリスト”の評価は揺るぎない。。

ギター教室

[2]上へ

安達久美 ギター教室

2007年3月、スーパードラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美 club PANGAEA」で衝撃デビュー、今最も注目度の高いギタリストの一人・安達久美のギターレッスンを開始!特に近年急増する女性ギタープレイヤーのスキルアップを強力にバックアップします。ギターは女性にはハードルの高い楽器と思われがちですが、自らの経験を元にした技術指導で、あらゆるテクニックを分かりやすくレクチャーします。男性もレッスン参加者が中学生からご年配の方までレッスンを受講しています。初心者で始める方、昔こんな曲を弾きたかったなど面接した上でスタートします。

さらに詳しく

安達久美 club PANGAEA 10th anniversary "NOW & THEN”を聴き尽くせるニューアルバムとベストアルバム

FLAT OUT / フラット・アウト

FLAT OUT

J-FUSION界の最高峰”安達久美 club PANGAEA”自身4枚目となるスタジオ・ニューアルバムは10th Anniversaryを飾るに相応しい渾身の最高傑作!これぞ究極のハード・フュージョン!!

PANGAEA / パンゲア

PANGAEA

“安達久美 club PANGAEA”10年の軌跡を辿る初のベストアルバム!超絶技巧に溢れた数々のプレイ、変幻自在のアレンジ、爽快且つキャッチーなメロディ・・・ J-FUSION屈指の名曲が揃い踏み!

安達久美教則DVD第二弾『究極のブルース・ロック・ギター』

究極のブルース・ロック・ギター

ATDV-381:3,800円+税
2015年1月27日発売

渋すぎフレーズ×極太トーン!ロックとブルースをいいトコ取りしたプレイを解説。
安達久美(G)清水興(B)星山哲也(Ds)による『 Danjiri Funk 』『 Catch Ball 』『 lose control 』のスタジオ LIVE 映像も収録!

『TIME』『TIDE』

究極のブルース・ロック・ギター究極のブルース・ロック・ギター

『TIME』KICJ-663:3,000円+税
『TIDE』KICJ-664:3,000円+税

日本を代表する実力派ギタリスト“梶原順”と国内ジャズ/フュージョン界No.1女性ギタリストとの呼び声も高い“安達久美”の2人による究極のギター・デュオ “ J & K ” のパラレル・ワールド!!
エレクトリックアルバムとアコースティックアルバムの2タイトル同時発売!!
J&Kの幅広いスタイル、実力、魅力を存分に感じさせる強力盤!!

『J&K』

究極のブルース・ロック・ギター

KICJ-652:2,857円+税

ギター職人プレイヤーの異名をとる梶原順のファンキー&海外からの注目度も高い安達久美のブルージーなプレイを、魅力的なアンサンブルで披露するアコースティックチューン。グルーヴ感溢れるエレクトリックチューンではベーシストにバカボン鈴木と高校生の天才ドラマー平 陸 (たいら・りく)をリズム陣に迎えた。
2人の新曲とリアレンジのカバー曲まで、ギター好きにはたまらない、聴きどころ満載なJ&K 待望のCDデビューアルバム。

『L.G.B.』~Lady Guitar Blues~

安達久美クラブパンゲア

VAZS-0003/4:3,500円+税≪CD1枚+DVD1枚≫

書き下ろしオリジナルに加え、ジェフ・ベックのカヴァー曲「哀しみの恋人達」を収録。DVDにはアムラックスホールでのライブ模様に加え、安達久美本人撮影のプライベート映像。バックステージ、普段見ることのできないメンバーの素顔など盛りだくさん!

『WINNERS!』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1352:2,500円+税

≪収録曲≫1 ディリュージョン(安達久美)2 哀愁のヨーロッパ (カルロス・サンタナ)3 オール・ワン(安達久美)4 Xウイング・ファイター(河野啓三)5 ピースフル・タイム(安達久美)6 キャッチ・ボール(安達久美)7 トライブ・ドライブ (安達久美)8 タッチ・ミー・ジェントリー (安達久美)9 ウィナーズ WINNERS! (安達久美)

『リトル・ウィング』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1302:2,800円+税

安達久美のPOPで オリジナリティ溢れるオリジナル曲と、ジミヘンを彷彿とさせるアグレッシヴなストラト・サウンドが音楽シーンで大きな話題を呼んでいます!そしていよいよ3月21日に、デビューCD『リトル・ ウィング』(VACM-1302)をビデオアーツ・ミュージックよりリリース。アルバムは彼女自身の原点でもある「リトル・ウィング」のカバー・トラックから始まり、18歳の時に初めて作曲した「ダンジリ・ファンク」、POPなテイストが人気の「KITSUNE NO YOMEIRI」、スケール感溢れる組曲「パンゲア」など、安達久美のオリジナル曲の数々を収録した全9曲構成。まさしくNEWスターの誕生です!

『 安達久美 直伝 WILD & GROOVE GUITAR 』

安達久美クラブパンゲア

ATDV-165:4,000円+税

安達久美がカッティングからアドリブのコツまでを解りやすく解説!右手、左手の基本フォームから、カッティング・トレーニング、自身の楽曲「DELUSION」、インタビューまで!テクニックはもちろん、それだけではない"ギタリスト安達久美”を このDVDで体験してください!

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017