バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
お客様体験レポート

[2]上へ

安達久美ギタースクール お客様体験レポート

安達久美ギターレッスンを受講中の若き女性ギタリスト嵩原秀美さん。「安達さんのようになりたい」そんな彼女にレッスンについてお伺いしました。

お客様レポート

[2]上へ

嵩原さんは安達さんのレッスンを受け始めてどれくらいですか?
嵩原さん:昨年の12月から始めたので丁度半年です。月3回のコースを受講しています。
スタジオラグの安達教室を知ったきっかけは?
嵩原さん:リハーサルでスタジオラグに入った時に、ポスターを見て知りました。その時は違う教室に行っていたんですけれども、男の先生に教えてもらっていて、女性の先生を探していたんですよ。女の先生でかっこいい人を探していて。その時にラグで安達さんのポスターを見て、プロフィールとかも見て、「この人に教えてもらいたいな」と思ってお申し込みさせていただきました。写真もめっちゃカッコいいし。
嵩原さんは普段はどういう音楽活動をされていますか?
嵩原さん:今はロックバンドをしています。メンバーは入れ替わりで安定してないんですけれども、4人でヴォーカル、ドラム、ベース、全員男の人です。私が「女だけどこういうギター弾くぜ」的なということろを目指していて。曲自体はストレートなロックなんですけど、やっぱり広がりを持ちたいというのがあって、レッスンで習いつつ、バンドにその要素を持っていけたらと思っています。京都や、私は沖縄出身なんですけど、沖縄に行ってライブしたりとかもしています。メンバーが安定してないので、ちゃんとメンバーを揃えてツアーとかもいってみたいです。
現在はどういった内容のレッスンを受けてらっしゃいますか?
嵩原さん:安達さんが「今日はどういうことしたい?」と聞いてくれて、私がやりたいことがある時はそれを提示して、じゃあこれをしようというパターンと、安達さんお任せのパターン。今日は安達さんお任せの方だったんですが、主にリズムトレーニング、ギターのバッキング1本でノリを出したりとか、簡単なことでもどれだけグルーヴを出せるかということを、時間をかけて教えていただきました。アドリブソロも、こうしたらカッコいい、こうしたら説得力がある、ただ速く弾けるだけじゃなくって、伝わる、説得力のあるギターのメロディとかを教えていただきました。あと理論もですね。理論は今まですごく苦手意識があったんですけれども、前のスクールでも聞いてはいたんですけれど全く頭に入って来なくて。安達さんに教えてもらうと、普通に入って来たんで、「こんな簡単なことだったのか!」って。簡単ではないんですけど、「あ~なるほど!」っていう発見がめちゃめちゃ多くて。
理論が入ってきやすいというのはどの辺りに理由があると感じますか?
嵩原さん:安達さんは丁寧に紙に書いて、色分けとかして教えてくれるので。ギターのネックの絵を描いたりとか、スケールのポイントを色で分けたりとか。すごく丁寧に視覚的にも分かりやすく書いて教えてくれる。安達さんも弾きながら、ここはこうでって感じで。すごいペースをみてくれますね、私のペースを。分からない、分かってないな、と思ったら、繰り返し教えてくれるので、分からないままにしないでくれる。分からなかったら分からなかったで、そこにちゃんと合わせてくれるというか。
理論もだんだん分かってきました?
嵩原さん:まだまだですけど(笑)
譜面関連は?
嵩原さん:書き方はこれからですね。読み方は教えてもらって、それを見ながら弾く練習をして。レッスンは録音をしているんですけど、その時は必死で聞き取れてない部分も、帰ってから録音を聞きながら譜面を見ると、全部言っている通りにしたらできる。
毎回録音しているんですよね。
嵩原さん:弾きながら、自分の音も聞きながら、安達さんの音も聞きながらだと、どうしても聞き逃していることがあったりするんですよね。家に帰って聞くと、安達さんがさりげなく言っていたこととか、全部入ってるんで、こういうことしてはったんや、とか復習にもなる。安達さんの音と自分の音を聴き比べた時の違い、ノリの出し方の違いとか。こういう音出してはるから、ここに注意しようとか。最初に言われましたね、レッスンは全部録音した方がいいよって。
以前安達さんにインタビューした際に、「私のレッスンを受けると耳コピーが早くなる」とお聞きしましたが、実際早くなりましたか?
嵩原さん:なった・・・んじゃないでしょうか?最初のレッスンで安達さんが「はい、これ」って曲を流した時に、「これを弾いてみよう」と、その場でコピーするレッスンがあって。安達さんの手元を見ながらで、最初は苦手意識はあったんですけど、今は全くなくなりました。耳コピーの楽しさを上手く教えてもらったというか。
半年間レッスンを受けて来て、習う前と今とではギタープレイや音楽に対する考え方等変わりましたか?
嵩原さん:変わっていると思います。特に周りの方から最近よく言われます。「変わったね」って言われて、「どこが変わった?」って聞いたら「前まではギター弾いていても戸惑いがあった」と言われて。正確なギターソロなのに自信なさそうに弾いていた、というのが多かったんですけど、今はギターソロとかでも目つきとか本当に楽しそうに弾いている、って言われるようになりました。「音が違う」とも言われたり。実際に安達さんのレッスン受けていることを知ってる身内の子とかは「安達さんとこ行って変わったな」と言われることが多いですね。最近バンドのCDを録音した知り合いのエンジニアの方からも、「もっと嵌るかと思った」って言われてたんですけど、結構スムーズに録れていって。そこでも「一体何があったんや?」「お前は今何をしてるんや?」って。大げさじゃく、今出ている音が違うらしいです。実際やっていて本当に楽しいです。
嵩原さんから見て、安達さんはどういう先生、ギタリストですか?
嵩原さん:以前ライブ見に行った時も、バンドのメンバーさん皆すごい方で、その中でセンターに立って豪華な衣装を着て弾いている姿は本当に手の届かない様なプレイヤーなんですけど、レッスンとか受けている間はそれを全然感じさせない。安達さんは全然気取ってないし、お姉ちゃんみたいだし、お兄ちゃんみたい(笑)。男前と思うところがあって。すごい人だから、と萎縮するでもなく、すごく窓口を広げてくれているので、何でも聞きやすいですね。プレイヤーとして本当に尊敬しています。音をすごく大切にしてはって、見た目もすごく綺麗だしカッコいいギターを弾かれて、憧れですね。
安達先生に対してメッセージをお願いします。
嵩原さん:これからもどんどん鍛えてください。色んなこと教えてください!
安達久美プロフィール

[2]上へ

安達久美

あだちくみ
Guitar

安達久美・オフィシャルサイト

11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。2002年に活動拠点を京都に移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&映像を彷彿させる独特なオリジナル楽曲を武器に、日本国内外で活躍中。元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美club PANGAEA(クラブパンゲア)」で4枚のオリジナルアルバム、森山良子、角松敏生や渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「J&K」にて3枚のオリジナルアルバムをリリース。マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティとの共演や、エジプト「カイロジャズフェスティバル」パリ「JAZZ IN JAPAN 2014」出演など国際的にも活躍。SHOW-YAや土屋アンナら共演した著名アーティストも多数。2015年にはデビュー10周年を迎え、”世界有数の女性ギタリスト”の評価は揺るぎない。。

ギター教室

[2]上へ

安達久美 ギター教室

2007年3月、スーパードラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美 club PANGAEA」で衝撃デビュー、今最も注目度の高いギタリストの一人・安達久美のギターレッスンを開始!特に近年急増する女性ギタープレイヤーのスキルアップを強力にバックアップします。ギターは女性にはハードルの高い楽器と思われがちですが、自らの経験を元にした技術指導で、あらゆるテクニックを分かりやすくレクチャーします。男性もレッスン参加者が中学生からご年配の方までレッスンを受講しています。初心者で始める方、昔こんな曲を弾きたかったなど面接した上でスタートします。

さらに詳しく

安達久美 club PANGAEA 10th anniversary "NOW & THEN”を聴き尽くせるニューアルバムとベストアルバム

FLAT OUT / フラット・アウト

FLAT OUT

J-FUSION界の最高峰”安達久美 club PANGAEA”自身4枚目となるスタジオ・ニューアルバムは10th Anniversaryを飾るに相応しい渾身の最高傑作!これぞ究極のハード・フュージョン!!

PANGAEA / パンゲア

PANGAEA

“安達久美 club PANGAEA”10年の軌跡を辿る初のベストアルバム!超絶技巧に溢れた数々のプレイ、変幻自在のアレンジ、爽快且つキャッチーなメロディ・・・ J-FUSION屈指の名曲が揃い踏み!

安達久美教則DVD第二弾『究極のブルース・ロック・ギター』

究極のブルース・ロック・ギター

ATDV-381:3,800円+税
2015年1月27日発売

渋すぎフレーズ×極太トーン!ロックとブルースをいいトコ取りしたプレイを解説。
安達久美(G)清水興(B)星山哲也(Ds)による『 Danjiri Funk 』『 Catch Ball 』『 lose control 』のスタジオ LIVE 映像も収録!

『TIME』『TIDE』

究極のブルース・ロック・ギター究極のブルース・ロック・ギター

『TIME』KICJ-663:3,000円+税
『TIDE』KICJ-664:3,000円+税

日本を代表する実力派ギタリスト“梶原順”と国内ジャズ/フュージョン界No.1女性ギタリストとの呼び声も高い“安達久美”の2人による究極のギター・デュオ “ J & K ” のパラレル・ワールド!!
エレクトリックアルバムとアコースティックアルバムの2タイトル同時発売!!
J&Kの幅広いスタイル、実力、魅力を存分に感じさせる強力盤!!

『J&K』

究極のブルース・ロック・ギター

KICJ-652:2,857円+税

ギター職人プレイヤーの異名をとる梶原順のファンキー&海外からの注目度も高い安達久美のブルージーなプレイを、魅力的なアンサンブルで披露するアコースティックチューン。グルーヴ感溢れるエレクトリックチューンではベーシストにバカボン鈴木と高校生の天才ドラマー平 陸 (たいら・りく)をリズム陣に迎えた。
2人の新曲とリアレンジのカバー曲まで、ギター好きにはたまらない、聴きどころ満載なJ&K 待望のCDデビューアルバム。

『L.G.B.』~Lady Guitar Blues~

安達久美クラブパンゲア

VAZS-0003/4:3,500円+税≪CD1枚+DVD1枚≫

書き下ろしオリジナルに加え、ジェフ・ベックのカヴァー曲「哀しみの恋人達」を収録。DVDにはアムラックスホールでのライブ模様に加え、安達久美本人撮影のプライベート映像。バックステージ、普段見ることのできないメンバーの素顔など盛りだくさん!

『WINNERS!』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1352:2,500円+税

≪収録曲≫1 ディリュージョン(安達久美)2 哀愁のヨーロッパ (カルロス・サンタナ)3 オール・ワン(安達久美)4 Xウイング・ファイター(河野啓三)5 ピースフル・タイム(安達久美)6 キャッチ・ボール(安達久美)7 トライブ・ドライブ (安達久美)8 タッチ・ミー・ジェントリー (安達久美)9 ウィナーズ WINNERS! (安達久美)

『リトル・ウィング』

安達久美クラブパンゲア

VACM-1302:2,800円+税

安達久美のPOPで オリジナリティ溢れるオリジナル曲と、ジミヘンを彷彿とさせるアグレッシヴなストラト・サウンドが音楽シーンで大きな話題を呼んでいます!そしていよいよ3月21日に、デビューCD『リトル・ ウィング』(VACM-1302)をビデオアーツ・ミュージックよりリリース。アルバムは彼女自身の原点でもある「リトル・ウィング」のカバー・トラックから始まり、18歳の時に初めて作曲した「ダンジリ・ファンク」、POPなテイストが人気の「KITSUNE NO YOMEIRI」、スケール感溢れる組曲「パンゲア」など、安達久美のオリジナル曲の数々を収録した全9曲構成。まさしくNEWスターの誕生です!

『 安達久美 直伝 WILD & GROOVE GUITAR 』

安達久美クラブパンゲア

ATDV-165:4,000円+税

安達久美がカッティングからアドリブのコツまでを解りやすく解説!右手、左手の基本フォームから、カッティング・トレーニング、自身の楽曲「DELUSION」、インタビューまで!テクニックはもちろん、それだけではない"ギタリスト安達久美”を このDVDで体験してください!

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017