バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
レコーディングレポート

[2]上へ

Apple | スタジオラグ

レコーディングレポート Apple

トップページ2ページ3ページ4ページ5
作詞作曲のご担当は?
朴井:今回は作詞が僕で、作曲は...元ネタ持ってきたのは僕かな?印税が入るようなことがあれば、apple4人で分けようと思います(笑)
皆さんで作曲されるのですか。
朴井:きっかけとかそういうものも作曲に含めるとしたら皆で。皆でやってるから、その曲が出来た。
今回の「サクラ待つ」に関しても、アレンジ等細かいところまで詰めた上で、レコーディングに臨まれたのですか?
朴井:そうですね。
毎回レコーディングの進行はどうのようにされているのでしょうか。
西村:まずは僕が、ベースとドンカマとキーボードを先に入れちゃって、次はドラムに。
赤名:ドラムが終わると、ギターに。
馬瀬:で、ギターの音決めが遅れてつまづく(笑)何とかギターを録って。歌入れて、コーラス入れて。ミックス前にご飯食べに行って。
今まさに歌録りまでが終わった段階、と。ディレクションはどなたかがされるのですか?
西村:全員ですね。
プリプロはされますか?
西村:昔はしたこともありますけど、今はしていないですね。
完成像のイメージは皆さん共有されていて、それに近づける、という作業になりますか?
朴井:曲はもうライブで何回かやったんで、それに準じて。ドラムを録ることに関して言うと、ドラムはいつも3テイクくらいで終わっちゃうんです。僕が知っている他のバンドでは、極端に少ない。
阪本:サウンドチェックでOK出そうなんですよ。
馬瀬:普通で言えばキーボードのクリック入れの段階で2時間くらい経ってるんですよ。で、ここ(ドラム)は3テイク位で、大体大半をここ(ギター、ヴォーカル)で(笑)。一旦失敗するとここ(コーラス)でほとんどの時間を(笑)
今回の曲に関してはスムースに進行しましたか?
馬瀬:そうですね。ここで直接対面でやれるのはいいですね。お互いの顔を見て。
赤名:前回とコントロール・ルーム内の配置が変わりましたよね。こっち変わってよくなりましたよね。
そこは当然狙っての配置変えであった、と?
阪本:色んな紆余曲折を経た上で、偶然ここに窓があった(笑)
朴井:モニターも変わりましたよね。サンバーストの。
阪本:今回一度も鳴らしてないんですよ。
朴井:まじで!!ずっとそれが鳴ってると思ってた。
馬瀬:僕も...電源ランプが光ってるから...
阪本:本当にごめんなさい...今回一度も鳴らしていないです...
朴井:見た目だけ?びっくりしたわ、俺。じゃ電気入れる必要もないじゃん(笑)カミングアウトですね、今日一番の(笑)
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

Apple

朴井 浩明(Vo)
馬瀬 久宣(Gt)
西村 秀明(Kb)
赤名 和幸(Dr)

京都出身のバンド。1991年、京都薬科大学の軽音楽部で結成されて以来、今年で19回目の冬を迎える。UKROCK、AOR、フォーク等を源流とする多彩な楽曲は作りこまれていながらも聞きやすく、甘くて切ない後味を残す。2000年後半からバンドのレコーディングを開始。2005年の『京都で』のセッションからスタジオラグに出会い、それ以来、録音を続け現在に至る。

Apple オフィシャルブログ
関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017