バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

ロットングラフティー | スタジオラグ

スペシャルインタビュー ロットングラフティー

トップページ2ページ3ページ4ページ5
今年で結成11年目を迎えられ重鎮ともいえる皆さんですが、結成当初とはバンドはどのように変わりましたか?またどういうところは変わっていませんか?
よりバンドっぽくなってきたかな。バンドって色んな形ありますもんね。1人が凄く頑張って引っ張っていくようなバンドもあるでしょうし。ロットングラフティーの場合は、今楽曲に関してはほぼ全てのアレンジ、ライブ用のアレンジを俺が作りますが、それ以外のことで他のメンバーが主体になって考えることもたくさんある。
逆にバンドの周辺、京都の音楽シーンであったり日本のシーンであったりは、どう変わったと感じられますか?
京都っていうピンポイントでは良く分からないんですけど、音楽シーンっていう大きな意味でいうと、CD売れない時代とかってよく耳にするじゃないですか。でも俺CDが売れないというよりも、売れる曲がないだけじゃないかと思うとこもあるんですよ。昔と比べていい曲が少なくなっている気がする。80年代、90年代、で音楽業界を引っ張ってきたのは歌謡曲やJ-POPで。そのPOPsのなかに名曲がいっぱいあった。それが今は、どんどん新しいジャンルが出てきて、ジャンルが細分化され過ぎてるような気がしますね。それによって、いいものを作ろうという考えから、そういうジャンルを作ろうという風な捉え方に音楽が変わってきてるような気がします。こんなこと言うてますけど全然わかりませんよ。適当ですよ。でも昔もそんな感じだったんですかね?それがすごい嫌で。そのジャンルでないとあかんというのが、昔よりもっとひどくなっているような気がしますね。もう一回言うときますけど全然適当に話してますよ(笑)。
今まさにバンドとして快進撃モードに入られた皆様だと思いますが、今後の活動の抱負などお聞かせください。
やっとCDが出せるということで、俺はいいライブをするため、それをより多くの人に見せていく作業を、今はそれをしていくのみです。あと次の音源の制作にも入りつつ、という感じです。
最後に京都で頑張る若きバンドマンにメッセージ、アドバイスをお願いします。
他人に間違ってるんじゃないかと指摘されることは、いっぱい出てくると思うんですよ。バンドをやってたら。バンドのメンバーだけの話じゃないじゃないですか。音源出すのならそれに関わる人も出てくるし、そういう人の意見って凄い大事だし、自分らの身にもなる。だけども、自分の中で「そうじゃないねん」と思うことは自分の道で進んだ方がいいとは思います。それが正解なのかどうかは分からないですし、それが全て出来るというのも嘘だと思うんですけど。自分はこれだけの考えをやっていく、バンドだったらメンバーの人数分色んな考えがあるし、でもなるべく自分の納得いくように、違うなと思うようなこと言われても、自分はやっぱりこう思うというのがあれば、そっちに突き進んで欲しいなと。そういう人が好きなんですよね。たとえ時代と逆行してても、それはそれで人としてすごくかっこいいなと。アドバイスじゃないですけど、そういう人が好きなんで、そういう人が作る音楽とかを俺はもっと聞きたいので、そういう風に生きてみるのもありかもしれないですね。人生一度きりですからね。
ありがとうございました!
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

ロットングラフティー

1999年に結成され、地元関西を中心に精力的なライブ活動を行う。2001年2月には、キングレコード系レーベルであるベルウッド・レコードよりミニアルバム『RADICAL PEACE×RADICAL GENOCIDE』をリリースした。

2003年の3月にリリースされた3rdミニアルバム『SYNCHRONICITIZM』では、プロデューサーにドラゴンアッシュのIKÜZÖNEを迎え、楽曲に更なる厚みを加えると共に、続くメジャーデビューへの布石とした。そして同年11月、満を持してメジャー第一弾シングル『悪巧み~Merry Christmas Mr.Lawrence』(IKÜZÖNEプロデュース)をリリース。

このタイトル曲は坂本龍一による「戦場のメリークリスマスのテーマ」にロットングラフティー流のアレンジを施し、それにオリジナル曲の「悪巧み」を融合させたもので、そのインパクトは各地で話題となった。その後、2004年に『CL∀SSICK』、2005年にマキシマム ザ ホルモンのナヲがゲストコーラスとして参加した「RATMAN」収録の『えきさぴこ』の2枚のフルアルバムを発表後はキングレコードとの契約を解消してフリーとなるも、今尚活発に全国展開のライヴ活動は行っており、2006年春にはライヴ会場限定シングル『palm』、『form』の2枚を自主制作で発表。2006年10月11日には、元LUNA SEAのベーシスト・Jが新たに旗揚げしたユニバーサルミュージックの新レーベルであるINFERNO RECORDSから、移籍第一弾シングルとして『マンダーラ』をリリースした。

2008年7月には10-FEET主催フェス「京都大作戦2008~去年は台風でごめんな祭~」にオープニングアクトとして出演。実質第一回目の大作戦の先陣をきった。

10月にはFM京都α-STATION(89.4)でレギュラーラジオ番組「YO! NOW YO! NOW」(08年10月-09年3月)がスタート。そして、約4年間の沈黙を破り遂に3rdALBUMをリリース。

今回もJIN氏(GReeeeN、BACK ONプロデュース)(exPay Money To My Pain,High Speed Boyz、)、をCoプロデューサーに迎え、最高傑作のニューアルバムを完成!本作リリースと同時に10年間衣装だったスーツを脱ぎ棄て、轟音と静寂、ラウドとメロウ、デジタルとアナログ、相対が共鳴するこの観念。

破壊的ノイズと叙情のメロディー、聴き手の創造性を無限に増幅させるリズムとライムを随所に散りばめた独才不覇の狂乱synchroSOUND!!新生ロットングラフティーが今、動き出した!!!!!!!

オフィシャルウェブサイト

ライブ情報

[2]上へ

最新ライブスケジュールはこちら

最新リリース情報

[2]上へ

今までのロットングラフティーは全て脱ぎ捨てた...響く都、京都の雄。約4年の沈黙を破り待望の3rdALBUMをDROP!新生ROTTEN始動!テレビ東京系「やりすぎコージー」エンディングテーマThis Worldを含む、全8曲のニューアルバム!!

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017