バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

スペシャルインタビュー ロットングラフティー

響く都、京都の雄:ロットングラフティーが約4年の沈黙を破り、待望の3rd Albumを遂にDROP!10年間ステージ衣装だったスーツを脱ぎ捨てた新境地を、サウンドの心臓:KAZUOMIさん(Guitar & Programing)にお伺いしました。

トップページ2ページ3ページ4ページ5
今回は2度目のインタビューということで、ニューアルバムを中心にお話しをお伺い出来ればと思います。
久々のリリースで待ってくれていた人は凄く長かったと思うんですが、俺達も早く出したかったんです。色んなタイミングとかで今までかかってしまったんですけど。でも、その間に得たものは多くあって、作る事の楽しみ苦しみ、伝える事の難しさも喜びも感じ取れたし、俺自身ロットングラフティーを見つめ直す事もできた。何か物作りって人生の経験が凄く影響するんですよね。人に出会ってそれを自分の糧にしてということが出来たんじゃないかな。良い期間だったなと思っています。いいものが出来たと思っています。
4月7日リリースですが、録音自体はどの時期にされていたのですか?
2006年に「マンダーラ」というシングルを1枚出してるんですけど、その後制作はすぐ入っていて。2007年にはある程度出来上がっていた曲が今回はほぼ全てですね。だから、ちょっと変な感じです。大抵のバンドはレコーディング終わってツアーしてまた制作期間に入って、普通1年~2年のスパンで音源を出されると思うんですけど。今回ロットンは、音源にする前にライブでやったりライブで披露してからアレンジを変えたりした部分が多くあって。デビューする前、曲作ってデモテープ作ってそれを1年~2年ライブでやり、自らを磨きながらレコード会社みつける動きをし、その中でどんどん曲も変化しやっと音源として出るっていう、昔のデビュー当時のスパンというか。それだと多分3~4年の期間はかかるんですよね。少なくとも俺らは。そういうバンドやり始めの「ライブで作ってそれを音源にする」という、今回はそういう風な感じで仕上がった部分が多いですね。
シングルとして出された「マンダーラ」も全く違う形になっているのですか?
「マンダーラ」は変わってないです。リテイクしてもシングルのテイクを超える事は100%無いと感じたので。「THIS WORLD」と「響く都」は、音源出してなかった間にずっとライブでやって歌もアレンジも変えていきました。ライブに来てくれてロットンの音源を待っていてくれてた人は、「やっとあれが家で聴ける」って思ってるでしょうね。音源は音源としてライブじゃない良さがありますし。
リリース直前の今の心境としてはどのような感じですか?
本当に嬉しいです。メンバー皆そうでしょうね。HIROSHI、N∀OKI、侑威地は、自らのブログでも自身の気持を文字にしていると思いますが。いろんな事を考え迷い、出したくても出せなかった時期を経て、「やっと世に出せる」だと思います。「やっと聴いてもらえる」だと思います。ライブ以外でのロットングラフティーに触れてもらえるのが本当嬉しいです。
アルバム通してのコンセプト的なものはありますか?
ライブです。音源、アルバムの構想は俺が決めるのですが、今回はライブでやらない曲は入れないと決めていました。ライブのことを常に考え作ってきたので、ロットンのライブスタイルをそのまま音源にしたという感じです。
それぞれの楽曲解説をお願いできますか。まずは1曲目「THIS WORLD」です。
これはそのロットンのライブで昔から持ち続けている攻撃面の曲。アルバムの中で一番攻撃性が強い曲ですね。この曲は作曲をしてる段階から聞く人に伝えたいメッセージ的なものがしっかりあって、そのファーストイメージをヴォーカルと一緒に作り上げた感じです。冒頭「今を超えろ、明日を変えろ」っていう詞から始まるんですが、それは人がセーブしてしまう部分、何にでも言えるのですが、言いたいのに言えないとか、こうしたいのに恥ずかしくてできないとか、超えたいのに超えれないセーブしてしまう自分に「もうええからやってまえ!」「今はもう後の事は考えず行くとこまで行けー!」って気持ちになってほしくて、また俺自身もなりたくて出てきた言葉です。普段生きてる中でのそう言ったフラストレーションってめっちゃあると思うんですけど、「とりあえずいってまえ!」的なことで。自分の気持次第で、制御してるものをコントロール出来るはずなんです。そういうものをライブは取っ払いやすい場所ですから。
2曲目「RAW」これは「ロウ」と読むのですか?
「ラウ」ですね。この曲はN∀OKI作曲で彼もこれ以外にもいろんな曲を作っていて、その中でもこの曲を聴いたときロっトンのライブを強くイメージできる曲でした。アレンジもすぐ形にできたし。日本語パンクを聴いて育ったN∀OKIにこういう表現をさせたら凄くかっこ良くなるんですよ。ロットングラフティーの中でも独特の疾走感のある曲ですね。
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

ロットングラフティー

1999年に結成され、地元関西を中心に精力的なライブ活動を行う。2001年2月には、キングレコード系レーベルであるベルウッド・レコードよりミニアルバム『RADICAL PEACE×RADICAL GENOCIDE』をリリースした。

2003年の3月にリリースされた3rdミニアルバム『SYNCHRONICITIZM』では、プロデューサーにドラゴンアッシュのIKÜZÖNEを迎え、楽曲に更なる厚みを加えると共に、続くメジャーデビューへの布石とした。そして同年11月、満を持してメジャー第一弾シングル『悪巧み~Merry Christmas Mr.Lawrence』(IKÜZÖNEプロデュース)をリリース。

このタイトル曲は坂本龍一による「戦場のメリークリスマスのテーマ」にロットングラフティー流のアレンジを施し、それにオリジナル曲の「悪巧み」を融合させたもので、そのインパクトは各地で話題となった。その後、2004年に『CL∀SSICK』、2005年にマキシマム ザ ホルモンのナヲがゲストコーラスとして参加した「RATMAN」収録の『えきさぴこ』の2枚のフルアルバムを発表後はキングレコードとの契約を解消してフリーとなるも、今尚活発に全国展開のライヴ活動は行っており、2006年春にはライヴ会場限定シングル『palm』、『form』の2枚を自主制作で発表。2006年10月11日には、元LUNA SEAのベーシスト・Jが新たに旗揚げしたユニバーサルミュージックの新レーベルであるINFERNO RECORDSから、移籍第一弾シングルとして『マンダーラ』をリリースした。

2008年7月には10-FEET主催フェス「京都大作戦2008~去年は台風でごめんな祭~」にオープニングアクトとして出演。実質第一回目の大作戦の先陣をきった。

10月にはFM京都α-STATION(89.4)でレギュラーラジオ番組「YO! NOW YO! NOW」(08年10月-09年3月)がスタート。そして、約4年間の沈黙を破り遂に3rdALBUMをリリース。

今回もJIN氏(GReeeeN、BACK ONプロデュース)(exPay Money To My Pain,High Speed Boyz、)、をCoプロデューサーに迎え、最高傑作のニューアルバムを完成!本作リリースと同時に10年間衣装だったスーツを脱ぎ棄て、轟音と静寂、ラウドとメロウ、デジタルとアナログ、相対が共鳴するこの観念。

破壊的ノイズと叙情のメロディー、聴き手の創造性を無限に増幅させるリズムとライムを随所に散りばめた独才不覇の狂乱synchroSOUND!!新生ロットングラフティーが今、動き出した!!!!!!!

オフィシャルウェブサイト

ライブ情報

[2]上へ

最新ライブスケジュールはこちら

最新リリース情報

[2]上へ

今までのロットングラフティーは全て脱ぎ捨てた...響く都、京都の雄。約4年の沈黙を破り待望の3rdALBUMをDROP!新生ROTTEN始動!テレビ東京系「やりすぎコージー」エンディングテーマThis Worldを含む、全8曲のニューアルバム!!

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017