バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

MOTORS | スタジオラグ

スペシャルインタビュー MOTORS

トップページ2ページ3ページ4ページ5
MOTORSというバンド名はその頃から変わらずですか?
藤原:そうですね。バンド名は10年前からです。
YUSUKE:結成したのは大学1年生ですね。それぞれそれまで別のバンドやってたんですけど、高校生の頃とか。それが大学とかでスカバンド組むとなって、人が要る、大阪から呼んだりで、8人か9人くらいでバンドスタートして。
藤原:ユウ君は当時トロンボーン買ったはいいけど、何をどうしていいか分からんから、スタジオに持ってきてそれを置いて座ってましたね(笑)リズム隊がやってんのをちょこんと座って。
YUSUKE:吹いたところで、邪魔にしかならへん(笑)わめき声みたいなのをピャーピャーって、そんなんね、そこに乗っかれる訳ないし。
スカをやろうと思ったのは、誰かの強い提案だったのですか?
藤原:僕ら地元が兵庫県の西脇市で、わりかし田舎なんですけど、バンドやってる人が多くて。ロカビリーだったりとか、なぜかツートーンスカを好きな人がいたんですよ、身の回りに。その人らが、大阪でドーベルマンというバンドを始めて、身近にそういう人達がいて、スカっていうと、割とマイナーなジャンルというイメージなんですけど、僕らからしたら、普通。ロカビリーが普通。ロカビリーがあって、パンクがあって、スカがあって、ミックステープとか作って回したりしたら、ツートーンスカの曲と、セックスピストルズと、エディ・コクランとが並んで、普通に入っているような感覚。なんでスカバンドかと言われると、わりかし素直な流れなんですけど、僕らにとっては。ちょうど10何年前とかが、スカ・パンクなんかが一世を風靡して、時代の追い風みたいなのもあって。我々もやりますか、とやり始めたものの、まったく出来ひんという。
最初はトロンボーン置いて(笑)
YUSUKE:えらいの選んでもうた(笑)
藤原:自分らでイベントを企画して、そこに向けてバンドのモチベーション上げようと言って、初ライブをやったものの、当時の映像を見たら、俺なんかギター弾かんとウイスキー飲んで歯の間からウイスキー飛ばして、お客さんにかけてるんすよね。全く覚えてへん。
YUSUKE:考えられん位盛り上がってたよね。ギターを弾いてないのに盛り上がってるんですよ。しかも初ライブで。こっちも初ライブにかける爆発力みたいなのがあって。
藤原:で、このバンドはいけると確信した(笑)ビギナーズラックのようなもので、とっかかりが非常に良かった。
そしてオリジナルも作り始め、これからという時に、だったんですね。
藤原:あれよあれよという間に、当時大阪の大きな会社の人が目付けてくれて、全国ツアー回してくれて、「よっしゃ、じゃあクワトロでワンマンや」とかぽんぽん年間スケジュールが決まった矢先に、4人になったんですよ。
YUSUKE:忙し過ぎた。
藤原:月に何本ライブするんや、ちゅうくらい。月8本くらいやってましたね。東京近郊5日間やったりとか、何もかも犠牲にしてそれをやってたくらい。
YUSUKE:皆学生やったっていうのもあり、時間も有り余ってたし。
藤原:学生やったしできたんやろな。
YUSUKE:空いてる時はやっぱスタジオ入るから、1週間のほとんどをメンバーと一緒に過ごして。そないしてたら、とうとうキャパオーバーしてしまって。元々がゆるいメンバーばっかりやったから、多分向いてなかった。
藤原:4人になって2年間くらいのんびりしてた時が、これがまた楽しくてね。1ヶ月くらい旅行行ったりとか。そうするとまたバンドがやりたくなるんですよね。狭く深く聴いてた音楽が、広く浅く聴くようになったりとか。
今から思うとそういう時期も必要だった?
藤原:ガンガンやってたらやってたで、どうなってたか分からないですけど。
YUSUKE:今思えば地獄やなって思うけど、当時はそこまで危機感もなく、要所要所ドラムの人セッションで招いて、なんとかなるやろって思いながら。今それに陥ってしまったら多分耐えられへんけど、当時はまだ若かったし、まだなんとかなるっていうのがあったから、それを乗り越えれて。ちょっとずつメンバーが増え始めたらそれもまた面白くて。
メンバーが増え始めた時期は、いつくらいですか?
藤原:2年くらいは何もしてなかったかな。なんとか10人やったのが6人になって、こら復活やと。川崎クラブチッタでスカのイベントあるからって、復活するからということで呼んでもらって。復活や!ってやったら見事に不発やってね(笑)復活し切れてなかった(笑)そこからまた頑張ろうかってなって。昔のように盛り上がると思ってやったものの、2年もやってないとね、やっぱり忘れるんですよ。
YUSUKE:ガチガチやしメンバーは減ってしまってるから。6人もいたら普通の3ピースのバンドにしたら倍もいるのに、もの凄い心細かった。「あれ??」って。
藤原:ずっと続けてたバンドはやっぱりカッコ良くなってるし、えらい遅れをとったと思って。
YUSUKE:段階を踏んでやっとファーストに辿り着いて。そこまですごい時間がかかって。
藤原:それが2006年やから3年半前ですね。
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

MOTORS

2000年京都にて結成。Vo.DAIGOW、Gt.藤原宏元、Ba.小西絢一、Tb.YUSUKE、Ts.由利史弥、As.千歳勇介、Key.吉田敦史、Dr.久保顕理からなる8人組。

古都京都1200年の風に吹かれながら、ska,reggae,punk,rockを独自の解釈でセッションを重ねる。全国各地のクラブ、ライブハウスを股にかけ、“血沸き肉躍るライブ”で見るものを魅了し続ける。2006年1stアルバム「NUDE」をリリース。初期衝動を詰め込んだアルバムをひっさげたツアーで全国を席巻!そして2010年5月、1stアルバムより3年半を経て、より広がった表現と唯一無二の想像力による待望のセカンドフルアルバム「Mahoroba」リリース!結成10年を経てますます勢いの増すMOTORSから目をそらすな!

オフィシャルウェブサイト

最新リリース情報

[2]上へ

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017