バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー jizue

[2]上へ

jizue | スタジオラグ
トップページ2ページ3ページ4ページ5
この時は何曲入りの音源だったのですか?
井上:5曲です。
流通には出さず、ライブ会場等での手売りのみとのことですが、何枚くらい売れたのでしょうか?
粉川:枚数だと500枚くらいですね。
手売りで500はすごいですね!
片木:PCで焼き焼きで、めちゃくちゃ大変でした(笑)
井上:ジャケットも手作りでしたし。
片木:こだわってしまって、ハンコとか押して全部手作りの封筒に入れて、みたいな。
粉川:結構なクオリティを誇ってたよな。
その音源がきっかけとなって、今回の「Bookshelf」に繋がったのですか?
粉川:myspaceで音源聴いてもらったレーベルの方から連絡いただいて。一回ライブを見ていただいて、「よっしゃ、やろう!」みたいな。凄い早かったんですよ、それから。
片木:その話がまだ4月、5月の話やもんな。
井上:ちょうど決まるくらいに、新しい音源作ろうかということで録り始めてて。いいタイミングで話をいただいて。
4月に決まって7月発売。驚異的なペースですね!そして遂にリリースされた「Bookshelf」ですが、リリース直後の心境はいかがですか?
片木:・・・何も変わらんな(笑)何も変わらない日常です。
粉川:でも嬉しい声をたくさん聞けるようになりましたね。「良かったよ」とか「買ったよ」とか。回りの反応というか、お友達から職場の人家族含め、やっぱり一つ認めてもらえたというか。
アルバムのコンセプトとして方向性はあったのですか?
井上:1曲1曲ずつには色んな意味合いがあって、1曲1曲の物語と言う意味で「Bookshelf」というアルバムタイトルにしました。
粉川:アルバムコンセプトというのはないんですけど、短編集的な。
どういうアルバムに仕上がってますか?
井上:ちゃり立ち漕ぎ、みたいな(笑)聴いてても、凄い勢いがあるというか。
片木:勢いとエネルギーやな。
井上:録りの時点でもこだわってて、基本一発でやりたい、そのテンションを大事にしたいという思いで録ってたので、そのテンション感とかは収まったかなと。僕は自分で聴いてても飽きない、久々に飽きない音源になったなと。
片木:ずっと聴いてもらえるといいなと。思い出した時に。
選ぶのは難しいと思いますが、皆さん1曲、好きな曲、思い入れのある曲とその解説をお願いできますか。
片木:私は「最後の朝」ですね。9.11のときのすごく有名になった詩があって。普通に朝「いってきます」って行った人が、もしこのドアを出て行くのが最後って分かってたら、何をしてあげられたかな、っていう気持の詩から曲が作られてて。先々週に私おばあちゃんが亡くなったんですよ。それがちょうどアルバム出る時と重なってて。毎回ライブできることとか、今メンバーといれることとか、CDが出たこととかも、結構全国に出ることって凄い力、人と人の力が重なったことで、色んなことが当たり前じゃなさ過ぎて、本当に凄いなってライブする度に泣きそうになるんですよ。「最後の朝」に、色んなjizueに対する気持とか音楽に対する気持とか重なってて、めっちゃ思い入れが、今入っています。
粉川:最初にいいこと言い過ぎたんちゃう?
片木:いいこと言うたやろ、私(笑)
粉川:僕はね、「Island」っていう曲なんです。
山田:被った?
井上:被ったね(笑)
粉川:アイランド、日本のことなんですけどね、日本独特のメロディラインみたいな、日本人しか作れへんような日本人に響くようなメロディラインというのをすごく繰り返しプッシュされてて、日本の原風景を思い浮かべられるような曲じゃないかと。jizueの強みがそこかなと自分で思ってるんで、日本人独特の感性を曲の中で出せたらというのが強くあるので、「Island」は非常にjizueらしい旋律であったり、雰囲気が好きです。
山田:僕は「Sister」です。自分で作った曲なんですけど、うちの姉ちゃんが、2人目の子供が出来た時に思った感じを曲にしたんです。うち姉ちゃんと兄ちゃんがいるんですけど、小さい頃から一緒に育ってきてて、姉さんがお母さんになって子供出来てっていう過程を思い出して、今も演奏して感慨深いというか。特別な曲です。この曲作ってる時に兄ちゃんにも子供が生まれたんですけど、すごいめでたい曲です(笑)
粉川:「Brother」でもある訳や(笑)
井上:僕はね
片木:変えた?
井上:(笑)「SAKURA」、これjizueが出来て一番始めに作った曲で、前の5曲入りの音源にも入っているんですけど、今回再録で入れてライブでも毎回一番最後にもってきてる曲で。すごく桜という題名が似合う、照明も絶対ピンクにしてくれたりとか。演奏してても一番テンションが上がりますね。凄くやらかしてしまう、でも綺麗な曲です。今回「SAKURA」のピアノソロがすごく素敵で、絶対聴いてもらいたい。「Tower」のソロと、「Sister」「SAKURA」のソロ、これもすごい。
片木:ピアノおしできたね(笑)
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

jizue

井上典政、山田剛、粉川心、片木希依の4人組。2007.8月 バンド結成。 小学校から幼なじみの井上典政、山田剛、粉川心を中心にjizueの前身となるバンドを結成。それぞれが音楽のルーツと可能性を探るべくBlues、Jazz、Soul、Rock、Club music、民族音楽、現代音楽など様々な音楽を追求する。2007.5月 片木希依加入。 幼少の頃よりclassicを中心に様々なジャンルを学んできたピアニスト片木希依をメンバーに迎え、現在の音楽メンバー「jizue」に至る。それぞれが通ってきた音を楽曲の中にうまく織り交ぜ、RockやHardcoreなどRebelMusicの持つ魂を揺さぶる強いサウンドと、Jazzの持つスウィング感、Progressive Rockの不安定さを合わせたサウンドに切なく暖かいピアノの旋律が鳴り響き、日本人特有の叙情的な心に残るメロディーを奏でる。四人の絵描きが一枚の絵を完成させるようなステージは、聴くものに様々な風景、物語を想像させ、人が持つありのままの感情を思い出させる。2008.10月 初自主音源を制作。メンバーでもありレコーディングエンジニアの井上により、これまで表現したかった音を形にする。これまでに手売りのみにも関わらず各会場で好セールスを記録し、各方面でもその音源が噂を呼び、大きな反響と評価を得る。 現在は地元京都、滋賀を中心に関東方面でも精力的にライブ活動を開始2010.7月 アルバム「Bookshelf」(neutralnine records) を全国発売。

オフィシャルウェブサイト

最新リリース情報

[2]上へ

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017