バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー jizue

[2]上へ

jizue | スタジオラグ
トップページ2ページ3ページ4ページ5
リズム的なアプローチも変拍子とか多いですよね。
粉川:多いですね。そうですね、面白みとか、聴き応えの部分で、反映できてるかなというのはありますね。
井上:変拍子って結構あったっけ?
粉川:全体的に盛り込まれてると思う。
井上:「Rain dog」くらいじゃない?
片木:「En」も五拍子?あんまそう思って弾いてないな。
粉川:「Tower」は途中で変わったりするし。
片木:あ、ほんとだ。ほんまに意識してないな。こうなってくると。
わりと自然に出てきてるような(笑)
粉川:何故かそうなってます(笑)多分好きな音楽が変拍子が多いんですよね。普段から聞き慣れちゃってて普通に出ちゃう、みたいな。
山田:メロディ歌ったら変拍子やった、みたいな(笑)
インストになって今のjizueの方向性が固まってきたということですけれども、やはり今はインストバンドとしてのこだわりが?
粉川:そんなないなぁ、多分。
井上:歌う隙間があれば、希依ちゃんに歌ってもらいたいなって。
粉川:フィーチャリングとかもしてみたいですね、シンガーさんと。歌入れたら面白いよなって感覚はあるよな。
片木:あるある。
今後の発展としてとしてはフィチャリングであったり、歌ものが出来たりという可能性は?
粉川:ありますね。
井上:「Island」とかもトラックぽい曲になってるんで。
逆にインストの魅力、可能性は?
粉川:想像性ですかね。聞いてくれている人が自由に想像できる。・・・なんてありきたりなことを言ったんだろう、今(笑)
山田:それはありきたりやろ。インストって言うのは、言葉がない分限定されないというか。言葉っていう歌詞がない分、例えば歌ありの曲やったら恋愛ソング歌われたら、「あ、これは恋愛ソングなんや、愛してるっていうから恋愛ソングや」ってなるけど、インストは言葉がない分説明がないから、、、
片木:想像性を(笑)
山田:つまりは想像性(笑)
井上:俺はそうは思わへん。
粉川:聞かしてもらおう!
井上:インストっていうのは、まず歌詞がないバンドなんですよね。
片木:このくだり流行ってる(笑)
井上:なんで、歌詞がない分例えばエンディングがハッピーエンドなのか、そうでないのか、聴く人によって全然変わってくるんですよね。歌詞があったらハッピーエンドで終わった曲でも、その人の心境でその曲の色がどんどん変わっていく。だから結局想像、皆が想像できるような音楽(笑)
インストはやはりマーケットにおいて歌ものよりも厳しい状況に置かれるのはやむを得ない現状かと思います。今後より幅広いリスナーを獲得するためには、どのようなことが必要だと思いますか?
井上:今の方向性で、まだまだやれることはいっぱいありそうな気もしたりして。その時にやりたい時に声が欲しくなるかも知れないですし、今回のアルバムでやりたいこと全部詰めれたかというとそうでもなく、別に他の楽器入れたくないとも思わないし、もうちょっとやっていきたい、今の感じを。で、いい曲をどんどん作っていきたい。何かある?やりたいこと。
粉川:自分らが、いいと思える音楽かな。マーケットに向けてどのラインでというよりかは、自分らが、こらかっこええわって思えるものをちゃんと出していけば、返ってくるものはあるのかなと。
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

jizue

井上典政、山田剛、粉川心、片木希依の4人組。2007.8月 バンド結成。 小学校から幼なじみの井上典政、山田剛、粉川心を中心にjizueの前身となるバンドを結成。それぞれが音楽のルーツと可能性を探るべくBlues、Jazz、Soul、Rock、Club music、民族音楽、現代音楽など様々な音楽を追求する。2007.5月 片木希依加入。 幼少の頃よりclassicを中心に様々なジャンルを学んできたピアニスト片木希依をメンバーに迎え、現在の音楽メンバー「jizue」に至る。それぞれが通ってきた音を楽曲の中にうまく織り交ぜ、RockやHardcoreなどRebelMusicの持つ魂を揺さぶる強いサウンドと、Jazzの持つスウィング感、Progressive Rockの不安定さを合わせたサウンドに切なく暖かいピアノの旋律が鳴り響き、日本人特有の叙情的な心に残るメロディーを奏でる。四人の絵描きが一枚の絵を完成させるようなステージは、聴くものに様々な風景、物語を想像させ、人が持つありのままの感情を思い出させる。2008.10月 初自主音源を制作。メンバーでもありレコーディングエンジニアの井上により、これまで表現したかった音を形にする。これまでに手売りのみにも関わらず各会場で好セールスを記録し、各方面でもその音源が噂を呼び、大きな反響と評価を得る。 現在は地元京都、滋賀を中心に関東方面でも精力的にライブ活動を開始2010.7月 アルバム「Bookshelf」(neutralnine records) を全国発売。

オフィシャルウェブサイト

最新リリース情報

[2]上へ

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017