バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

スペシャルインタビュー 空中ループ

プロデューサーにオオヤユウスケ氏を招いてスプリットシングル「トレモロループ」をリリースした彼ら。これまでの空中ループがオオヤ氏との出会いによってどんな進化を遂げたかを中心に、貴重なお話を伺ってきました。空中ループファンのみならず、必見です!

プレゼントのお知らせ

[2]上へ

空中ループ様よりご提供頂きましたサイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。プレゼントご希望の方は、下の応募フォームよりご応募下さい。当選された方にはメールにてお名前・プレゼント発送先・連絡先をお問い合わせさせていただきます。

ご応募フォーム
トップページ2ページ3
バンド結成の経緯は?
森:ボーカルの松井が元々ソロプロジェクトとして空中ループを始めて、最初は全部同期で打ち込みとかを流して一人で楽器を演奏しながら歌うっていうようなスタンスでやってたんです。それが徐々に生のリズムとかが欲しくなってきて、サポートとして他のメンバーが生楽器を入れて手伝うっていう風になってきたんです。で、2008年にファーストミニアルバムをリリースした時に、バンドというかたちにしようとなったのがきっかけです。もともと松井(Vo)と和田(G)と僕は高校生の時から一緒にバンドをやったりしていて、佐藤さん(Ds)は僕らがよく出入りしていたライブハウスの店員さんで、そこで知り合ったっていう。当初から一緒にやったり、各々が別のバンドをやったりしていたんですけど、最終的にこのバンドに戻ってきましたね。たぶん『バンドをやる上での共通言語があるメンツ』だったんですね。「こういうイメージで」って言ったら相手が何をやろうとしているのかがわかるっていう。
独特なバンド名の由来は?
森:松井に聞かないとあんまり分からないんですけど(笑)松井が今までやっていたバンドを辞めて、自分が一番やりたいことをやり始める時に思いついたみたいなんです。空中っていうのは、音的に宙に浮いてるふわふわした音像=非日常的な世界っていうのと、日々の繰り返しの中での日常でのループっていうものが連結してる言葉なんです。それと、言葉としてポンと出した時にそのまま捉えてもらえるような宙に浮いてループしてるような感覚を得られる音楽性。そういうことが言葉の中には込められてるんです。
バンドが具体的に動き出してからはどんな展開だったんですか?
森:ファーストミニアルバム、セカンドミニアルバム、その後にタワーレコード限定のシングルを出してっていう風にあるんですけど、ここまでは事務所も無かったですし、レーベルも無かったですし自分達でCDを全部自主制作してレコーディングもミックスもメンバーでやって。完全に「家内制手工業?」じゃないですけど(笑)自分達で流通会社と契約して、自分達でレコード屋さん回って営業して何とかやってきたっていう感じですね。昨年に出したのは、プレスはちゃんとしてるんですけど、パッケージングとかは全部自分達でやったんですよ。
佐藤:みんなで家に集まってね(笑)
森:友達に描いてもらった絵画がジャケットやったんで、そのジャケットを普通のプラケースじゃなくて何とか上手いことできないかと思って。で、全部自分達でパッケージングして流通会社に送ったっていう(笑)まさか店頭で買ってくれてはる人達はメンバーが包装までしてるとは思ってなかったでしょうけどね〜。
トップページ2ページ3
プロフィール

[2]上へ

空中ループ

京都発信、音響ギターポップバンド。
のびやかで心地よいメロディー、独自の浮遊感と躍動するリズム、小さくも確かに心を灯す詞。
それらが絶妙に合わさる音世界は唯一無二。これまでのリリースCDは、タワレコ新宿店、京都店、梅田マルビル店で発売日インディーズチャート1位を獲得。
ライブにおいては、地元京都でsleepy.abとホールコンサート(京都文化芸術会館)を成功させ、くるり×京都の学生presents「みやこ音楽祭」に出演。2011年より、プロデューサーに大谷友介(SPENCER,Polaris,ohana)、レコーディングエンジニア&MIXに益子樹(ROVO)を迎え、新プロジェクト「Walk across the universe」が始動!
『この国(日本)を変える、音楽の一端を担う』というおおきな目的に向かって、ちいさな日常を邁進している。

オフィシャルウェブサイト

最新リリース情報

[2]上へ

関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017