バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

CRACKS&RABBITS | スタジオラグ
トップページ2ページ3ページ4ページ5
バンドが今に至るまでの経緯をお聞かせください。
koba-yang:一番最初は(川本と)二人でやっててん。
二人でやりはじめたきっかけとは?
koba-yang:一人で行く時も(川本が)付いて来てくれてて。録音したり。
ローディー?
川本:おもちゃ(笑)
koba-yang:岡山が初めてか?どうせ行くんやったら、叩きぃなって。ほんでおもろかったし。で二人でやり初めて、曲作って、ラグで練習して(笑)。
川本:北白川でね!豪さんに色々世話になって。
koba-yang:豪さんには世話になったな~。
川本:豪さんには世話になった(笑)
koba-yang:で、東京にライブしに行くってなって、ベーシストが必要やなと。
川本:ベーシストが欲しいって言ってて、(東京にいた)大さんにお願いしてから、こういうことに。
中村:楽しくなくなったと。
川本:一言も言ってないでしょ(笑)
お二人でやってはる時にも何度か見てますが、「ベースのいないトリオ」というより「リズムの立った弾き語り」という印象だったのですが、当時ねらっていたサウンドとは?
koba-yang:狙ってた訳ではないけど、二人でやり始めた時は自由度が別のバンドでやってた時よりあるなと思ったかな?
川本:今じゃあれですか、鳥のように自由?
koba-yang:大が入っても、その自由度が減るという方向にはいかへんかった。
それは今日のライブでも感じました。二人でやられてた頃の方が、もっと「歌」に重点がおかれてたような?
koba-yang:あ~。でも最近は、「歌」やねんけどな(笑)歌をちゃんと歌おうって思ってやってるけど。
「自由な部分」というのは、ライブごとに全く違う感じですか?
中村:音出す度に違う。練習でも。じゃ何を練習してんねんって話やけど(笑)
3人編成になってからどれくらいですか?
中村:2年くらい経つかな?
それくらいに一度録音してますね?
koba-yang:新しい録音スタジオができてすぐに、安うでやらへんか?って声かけてもらったんやわ、確か。そういえばあのオムニバスCDって出てへんな?そこに集まってくるバンドを集めてアルバム1個作るから参加しませんか?って話やって。それやったらついでに3曲くらいやらしてつって。そもそもはそういう奴。
社長、売れてますか?
川本:ええ、それはもう、鳥のように売れて行ってますから(笑)
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

CRACKS&RABBITS

CRACKS&RABBITSオフィシャルサイト

2008年、koba-yang(Gt/Vo)と川本 真太郎(Dr)の2人で、京都にて結成。”最強のライブバンド”を目指し、ライブ活動を開始する。その後、かねてより親交のあった中村大をベースに迎える。2010年、3曲入りCD-Rを発表する。現在、京都・東京を中心に、幅広くライブ活動を行って いる。2011年8月には、新しいCDを発売予定。

ライブ情報

[2]上へ

7/5(火)東京 7th Floor
8/8(月)京都 磔磔
8/9(火)岡山 Desperado
関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017