バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

トップページ2ページ3
今回のレコーディングは、ラグのエンジニア:私上田が担当させていただいたのですが、いかがでしたか?
レコーディングを担当してもらった最初の頃は初対面だったので、僕が言う通りに、逆に僕がコントロールして「じゃあ次はこれを録りたいし」っていうようなレコーディングの仕方やったんですけど、回を重ねるようになって親密になってくると、ディレクションというか、しっかり「ここはこうした方がいい」っていうのは的確に言ってくれて、それがラップを録る上ではベストやと思うんで、いい形でレコーディング出来たんじゃないかと。
ありがとうございます!MVは公開されているので何本でしょうか?
今作はトレーラーが1本で、MVが3本です。
3本はどの曲を?
10曲目の「Still Alive」っていうソロで歌っている曲、次のビデオがMarcus Dプロデュースの「P.S -Merry-Go-Round-」、3本目が福岡のRAKABEEと一緒にやっている「Rep Jap」です。
この3曲を選ばれた理由とは?
「Still Alive」はアルバムの中で一番リード曲というか、今っぽい曲で、アルバム発売するのと同時に自分を打ち出すには一番適していた曲なんで、これはビデオ撮ろうとなって。「P.S」は自分の中で一番思い入れのある曲で、Marcusが来日したタイミングで「ビデオ録ろうか」ということでちょうど一緒にいるんで撮って。「Rep Jap」に関しては、二人でラップしてる曲を1本撮りたくて、全然違うラッパー二人、バイリンガルなラップをするRAKABEEと日本語を使う僕と、二人でやっている曲を撮ろうということで。
スタジオラグについてお伺いしたいのですが、レコーディング以外でもリハーサルでご利用されることもあるのでしょうか?
はい、します。アルバムの発売が11月21日で、24日に先ほどの「HARD CREAM」っていう自分達のやっているイベントでオフィシャルのリリースパーティーをさせていただく前に、何回か練習に来ました。
使っていただいていかがですか?
使いやすいですよ。リハーサルに適した部屋やレコーディングに適した部屋もあって、その後でDJ達とゆっくり話すことのできるスペースもあって、スタジオとしてはすごく使いやすいです。MVの撮影でも西院のラグを使わせていただいて。あそこはすごく機材も新しくて、ビデオ映えのするところだったので、「是非使わせてください」と。「Rep Jap」のビデオにラグの西院店が映っています。
ラップの方も最近はスタジオをご利用頂くことが増えて来ました。
ラップって演奏がないので自分のトラックさえあれば家で出来るんで割と家でするんですけど、僕もこの音源を作ってからですね、練習と言うかスタジオに入ってライブのルーティーンを確認するようになったのは。
ラップの方がスタジオを使うにあたって「こうしてほしい」点などありますか?
強いて言うなら、鏡が欲しい。自分のライブのジェスチャーとか、振りとまでは言わないですけど。
FLOWですね。ラップを歌う動き全体とかラップのスタイル、グルーヴみたいなのですね。
お客さんからどう見えているのかを、自分でも見ておきたいですね。
最後に、スタジオラグを利用しているラッパーに対してメッセージをお願いします。
すごい録りやすい環境で、機材も揃っていて音もいいので、後はミックスダウンとマスタリングを誰に頼むかと言うところの問題だと思うんですけど、Recするには十分な環境やと思うんで、是非活用してみていただいてはいかがでしょうか。リハーサルも、自分のライブというのは人に見られてナンボっていうのがあるんで、やっぱり完璧に仕上げてライブに臨むというのがベストやと思うんです。自分のライブの前には忙しくても出来るだけ時間を作って、たとえ1時間でもスタジオに入って、20分とか15分とかのライブのルーティーンを確認してもらえれば、もっとライブの質が上がるんじゃないかと思います。
ありがとうございました!
トップページ2ページ3
プロフィール

[2]上へ

M.I.Z a.k.a MICASISTA

2004年、ラッパーとして本格的に活動開始。京都、大阪、滋賀などの関西圏を中心に精力的にライブを行う。「RAPはMASSAGE」という自身のポリシーのもと、聴き取り易くスタイリッシュなラップはリスナーやアーティストから高い評価を受け、2008年 ファーストシングル「Slow Starter」、2009年 ファーストアルバム「LYRICAHOLIC」をリリース。その後も各地様々な現場で精力的にライブアクトを行う。そして2010年に京都で活躍するラッパー SNIPE(SHIKI RECORDS)と出逢い、ビッグパーティー 「HARD CREAM」を共に立ち上げる。毎月第四土曜、全国各地からビッグゲストを招き様々な仕掛けを用意するこのパーティーは、平均観客動員数約500人を記録。京都で最大且つ最もホットなパーティーの中心人物として着実にプロップスを手にする。そして満を持してドロップする今作「More Than Words」は、Hip Hop界のレジェンドと称される Funky DL(UK , LONDON)やNujabesを師と仰ぐ新鋭トラックメーカー Marcus D(US , SEATTLE)、国内からも腕利きの実力派アーティストが客演参加。聴き応え十分且つワールドワイドな作品に仕上がっている。巧みに並べられた言葉の裏側にある「More Than Words」を体感してほしい。

オフィシャルブログ

最新リリース情報

[2]上へ

古都京都から「ワールドワイドな衝撃的一枚」が完成。 2008年に1st Single、2009年に1st Albumをリリースし名実共に着々とグレードアップしてきた京都のソロイスト "M.I.Z a.k.a MICASISTA"前作で自身が言い放った、「音楽があれば遠くないだろ?ソコとココのDistance」この言葉通り実現したのが今作 「More Than Words」 である。注目すべきは、何と言っても "ワールドワイドな参加アーティスト陣" だろう。互いにリスペクトし合える仲間だけを集めた今作では、数々のクラシックを生みHip Hopシーンのレジェンドと称される "Funky DL" と共演。そして、Nujabesを師と仰ぎ近年のJazzy Hip Hopシーンで最注目の新鋭ビートメーカー "Marcus D" も参加し、本場のテイストを注ぎ込む。さらに国内のアーティストでは、ビッグイベントの開催をはじめ様々な動きを共にし、全国的に多くの支持を集めるラッパー "SNIPE" 、前作でも共演を果たした福岡のバイリンガル "RAKABEE" 、そして自らをオタクと称しスキルフル且つオリジナルを魅せる "Young Yazzy" 、forteからの新鋭実力派 "YAMAO THE 12"、同郷のSinger "Grow"といった豪華な顔ぶれとなっている。「RAPはMESSAGE」という自身のポリシー通り、聴き易く耳から離れないパンチラインを散りばめたリリック、そして「熱く、伝える」ライブアクトは幅広いリスナーから多大な支持や共感を得る。今作では様々なカラーのビートに、様々なトピックスをラップで表現。「万能型 RAPPER」の一面も押し出しリスナーにとって聴き応えのある一枚に仕上がっている。是非その耳で「散りばめられた言葉以上の何か」を感じとって欲しい。
関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017