バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

スペシャルインタビュー M.I.Z a.k.a MICASISTA

京都を中心に活躍、聴き取りやすくスタイリッシュなラップで多くのリスペクトを集めるM.I.Zが、ワールドワイドな衝撃的一枚「More Than Words」をリリース。Hip Hopシーンのレジェンド"Funky DL"との共演や、気鋭のビートメイカー"Marcus D"の参加等、まさにワールドクラスの新作を中心に、レコーディングやトラックメイクにも関わったスタジオラグのエンジニア:上田が話をお伺いした。

プレゼントのお知らせ

[2]上へ

M.I.Z a.k.a MICASISTA様よりご提供頂きましたサイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。プレゼントご希望の方は、下の応募フォームよりご応募下さい。当選された方にはメールにてお名前・プレゼント発送先・連絡先をお問い合わせさせていただきます。

ご応募フォーム
トップページ2ページ3
まずは自己紹介をお願いします。
京都を中心に活動しています、ラッパーのM.I.Zと申します。
普段はどのようなスタイルのラップをされているのでしょうか?
割と色んなスタイルで。今流行のメインストリームな感じから、90年代のサンプリングっぽい、ちょっとベーシックな感じのHIPHOPというかラップまで、幅広くやるようにはしてます。
音楽活動を始めたきっかけをお聞かせください。
高校時代に回りが皆HIPHOPを始めて。僕は部活動をしてたんで、夜はクラブとかにも行ったりするんですけど、活動(ラップしたりDJしたりダンスしたり)はしてなかったんです。大学3~4回生くらいで、最初は身内ノリの学生イベントみたいなのをやり出して、大学を卒業して皆バラバラになってから、一人で本格的にラップをするようになったっていう感じです。
M.I.Zさんのルーツはどのあたりでしょうか?
2000年くらいのHIPHOPで、その頃はウェストコーストのポップがよく流行ってて、それを耳にするようになって。一番やられたのがエミネムの「The Real Slim Shady」という曲。それをまた映像として目にしたのが、週末京都放送でやってたビルボードのランキング・カウントダウンで、それでエミネムのビデオが流れて。「うわ、これかっこいいな」と思って。その時ちょうど黒人文化の中に唯一白人のラッパーが出て来て皆注目してたんで、そういうのもあってこの人すごいなって思って。それに一発やられて、「やりたいな」と。
ラップは始めた時期はいつ頃からですか?
2000年~2002年くらいのHIPHOPにやられて、その辺は聴くだけのリスナーやったんです。ツレとかがそれに影響されてダンスとかしてて、「いいな」とは思ってたんですけど、ラップをやるようになったのは2003年ですね。
普段はどういうところでライブをされていますか?
京都が多いですね。LAB.TRIBEとか。
ライブの時に心掛けていることはありますか?
音源もライブも同じなんですけど、できるだけ言っていることをはっきり聴かせたい。倍速でラップしたり、ゆっくりラップしたりっていう色々なスタイルがあると思うんですけど、どのスタイルでも自分の言っているワードは1個1個はっきり聴いている人の耳に突き刺したいというのはあるんで、できるだけはっきり聴き取りやすいラップっていうのを心掛けてます。
京都のクラブイベントにも様々なジャンルがあると思うのですが、どのようなジャンルのイベントでライブをされているのでしょうか?
やっぱりHIPHOPが多いですし、HIPHOPとR&B、HIPHOPとレゲエ、そういうのがミックスされたイベントというのも自分らがやったりもしてます。HIPHOPを中心にしながら、R&B、レゲエっていうところにも聴かせれるような音源を作ってるし、そういうところでライブもしてます。
ご自身でやられているイベントはどういうイベントですか?
毎月第四土曜日に京都のLAB.TRIBEで「HARD CREAM」っていうイベントを、ラッパーの先輩のSNIPEっていうアーティストと僕のバックDJのToppoと3人を中心にしてやってます。
いつもゲストを迎えて?
そうですね。最初に「HARD CREAM」を立ち上げた時のコンセプトが、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドを交互にクロスさせてっていう趣旨だったので、割とポップなゲストの方からゴリゴリのHIPHOPっていうゲストを毎月交互にして、お客さんを幅広く巻き込めるように色んなゲストさんに毎月来てもらってます。
次回の「HARD CREAM」は?
次回は1月26日(土)です。「HARD CREAM」の2周年なんで、盛大にゲストを呼んで、お祝いも兼ねて開催しようと思ってます。
トップページ2ページ3
プロフィール

[2]上へ

M.I.Z a.k.a MICASISTA

2004年、ラッパーとして本格的に活動開始。京都、大阪、滋賀などの関西圏を中心に精力的にライブを行う。「RAPはMASSAGE」という自身のポリシーのもと、聴き取り易くスタイリッシュなラップはリスナーやアーティストから高い評価を受け、2008年 ファーストシングル「Slow Starter」、2009年 ファーストアルバム「LYRICAHOLIC」をリリース。その後も各地様々な現場で精力的にライブアクトを行う。そして2010年に京都で活躍するラッパー SNIPE(SHIKI RECORDS)と出逢い、ビッグパーティー 「HARD CREAM」を共に立ち上げる。毎月第四土曜、全国各地からビッグゲストを招き様々な仕掛けを用意するこのパーティーは、平均観客動員数約500人を記録。京都で最大且つ最もホットなパーティーの中心人物として着実にプロップスを手にする。そして満を持してドロップする今作「More Than Words」は、Hip Hop界のレジェンドと称される Funky DL(UK , LONDON)やNujabesを師と仰ぐ新鋭トラックメーカー Marcus D(US , SEATTLE)、国内からも腕利きの実力派アーティストが客演参加。聴き応え十分且つワールドワイドな作品に仕上がっている。巧みに並べられた言葉の裏側にある「More Than Words」を体感してほしい。

オフィシャルブログ

最新リリース情報

[2]上へ

古都京都から「ワールドワイドな衝撃的一枚」が完成。 2008年に1st Single、2009年に1st Albumをリリースし名実共に着々とグレードアップしてきた京都のソロイスト "M.I.Z a.k.a MICASISTA"前作で自身が言い放った、「音楽があれば遠くないだろ?ソコとココのDistance」この言葉通り実現したのが今作 「More Than Words」 である。注目すべきは、何と言っても "ワールドワイドな参加アーティスト陣" だろう。互いにリスペクトし合える仲間だけを集めた今作では、数々のクラシックを生みHip Hopシーンのレジェンドと称される "Funky DL" と共演。そして、Nujabesを師と仰ぎ近年のJazzy Hip Hopシーンで最注目の新鋭ビートメーカー "Marcus D" も参加し、本場のテイストを注ぎ込む。さらに国内のアーティストでは、ビッグイベントの開催をはじめ様々な動きを共にし、全国的に多くの支持を集めるラッパー "SNIPE" 、前作でも共演を果たした福岡のバイリンガル "RAKABEE" 、そして自らをオタクと称しスキルフル且つオリジナルを魅せる "Young Yazzy" 、forteからの新鋭実力派 "YAMAO THE 12"、同郷のSinger "Grow"といった豪華な顔ぶれとなっている。「RAPはMESSAGE」という自身のポリシー通り、聴き易く耳から離れないパンチラインを散りばめたリリック、そして「熱く、伝える」ライブアクトは幅広いリスナーから多大な支持や共感を得る。今作では様々なカラーのビートに、様々なトピックスをラップで表現。「万能型 RAPPER」の一面も押し出しリスナーにとって聴き応えのある一枚に仕上がっている。是非その耳で「散りばめられた言葉以上の何か」を感じとって欲しい。
関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017