バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

スペシャルインタビュー|ギタリスト 岡本 博文

ギタリストとして、作曲家として、アレンジャーとして、多方面で活躍する岡本博文さんは、スタジオラグではギター講師の顔も持っています。豊富なキャリアの中から抽出された芳醇なエッセンスを後進に伝える、ギター講師:岡本博文。メソッドは独自性が高くも、ジャンルを超えて応用性のある、レッスンの秘密に迫ります。

トップページ2ページ3ページ4
岡本さんはレッスンをされるようになり、どれくらいになるのでしょうか?
25年くらいですね。
レッスンをされる前というのは、どういうことをされていましたか?
僕は「眼鏡屋」をしていました。「眼鏡屋」に就職して、それから脱サラしてプロになりたかったんですけども、そう易々と食える訳でもなく、「パン職人」をしていました。
そうだったのですね。想像もつきませんが。。岡本さんのレッスンは、例えば「バンド志向」「プレイヤー志向」、あるいはジャンルで言うと「ジャズ」「ブルース」、「ポップスが大好き」「いやいや私はJ-ROCKが好き」、色んな人がいると思いますが、特に専門分野というのはありますか?
僕はギターを教えるというのは、どんなことにも役に立つことを教えたいと思うんですよ。今は色んなジャンルがあって、色んな音楽に枝分かれしてると思うんですね。特に1980年代後半位からというのは、新しい音楽が色々熟成してきて、もういっぺんリバイバルみたいな音楽がまた色んな音楽と混ぜ合って、また様々な姿になって来てると思う。僕は1970年代というのは、色んな種類の音楽が始まって枝分かれした年代だと思っていて、どういう音楽を学ぶにしても枝分かれする前の音楽に遡ると、誰にも共通するものになると思う。ロックがやりたい、J-POPがやりたいといっても、元々は1970年代もしくは60年代くらいまで遡ってみると、いくつかの音楽の掛け合わせで出来ていることがすごく多くて、だから僕は音楽のヘリテージっていうか、古くさいことだけれどもこれからも将来も変わらない基本のことを、教えていこうと思う。どういうジャンルの人でも役立つことを教えたいから、ジャズというのとブルースというのを教えることにしている。
経験者の方もおられれば、どんなギターを買ったらいいか分らない初心者の方もおられると思います。
自分が好きなギタリストが持っているのと同じギターを買ったらいいと思う。
そうですか!
ジャズギタリストだったら、昔の古いレコードジャケットを見てもらったら分るんだけども、皆フルアコースティックっていうギターを持っている。だからフルアコを買うべきだね、ジャズをやるなら。ロックを弾こうと思うんだったら、もちろんストラトキャスターを持つか、レス・ポールを持てばいいと思うね。カントリーミュージックだったり、カントリーに影響を受けた音楽をやるんだったら、テレキャスターかストラトかな。
レス・ポールはもともとジャズギターだと思うのですが、レス・ポールでジャズを弾くことに対してはどう思われますか?
僕はありだと思いますね。
レス・ポールの中でもジャズに合うタイプはこれだ、というのはありますか?
レス・ポールというギターは「レス・ポール」という名前の人が開発したギターで、レス・ポールという人はジャズギタリストなんですよ。だからレス・ポールというタイプのギターでジャズを弾くのはどれでも大丈夫だと思いますね。特にギブソン系のギターというのはハムバッカーが付いていて、アンプ直で弾いても太い音がするので、ハムバッカーを使ってジャズを弾くというのは一般論として弾きやすいと思います。
ジャズというのはシングルコイルとハムバッカーで言うと、ハムの方がトーン的に合ってるかなというのはありますか?
とってもあってると思います。Fenderのギターというのは元々カントリー&ウェスタンから始まっているギターなので、カントリーとかファンキーなアコースティックギターの替わりにジャンジャカやるのがすごく得意な楽器なんで、そういうルーツがある楽器だと思っていて支障はないと思うね。
一応ジャズギターとしてのおすすめとしてはフルアコということで、生徒さんの趣向にそってアドバイスもいただけるということですね。
ハムバッカーだね。ハムバッカーということでいいと思う。
と言いつつも岡本さんはシングルコイルであるストラトを使っておられますが、その理由は?
昔は、弾きにくかったですね。はっきり言って。何回もハムバッカーも戻ろうと思ったことがあります。 ただ、現在は、何でどんなジャンルを弾いて良い時代だと思いますし、先入観を捨てて考えるべきだと思います。僕も今は、オリジナルなスタンスが出来て来たと思います。
岡本さんのストラトは何年製のストラトですか?
1966年ですね。
トップページ2ページ3ページ4
岡本博文ギターセミナー開講

[2]上へ

【学べるスタジオ・シリーズ】あらゆるジャンルの為のクリエイティブな基礎の為に。基礎テクニック、グ...
日時:2013年4月26日(金)19:00〜
場所:スタジオラグ河原町店
参加費:500円
プロフィール

[2]上へ

岡本 博文

Hirofumi Okamoto

岡本博文オフィシャルサイト

関西ジャズ・フュージョンシーンを代表するギタリスト岡本博文。その音楽性は留まることを知らず、ラテンやタンゴなど幅広いジャンルの音楽をも表現し、また作曲家としても評価が高い。2007年6月、自身をリーダーとするオリジナルユニット「Okamoto Island」にて、マリン系ヒーリングサウンドを打ち出した1st Album『Grand Blue』を発売。80年代のジャズ・ロックの香り漂うメロディックなサウンドが話題になり、雑誌「jazzLife」でもCD評・インタビューと2号に渡り掲載される他、セブンイレブンのBGMとしても楽曲が取り上げられた。今作『You Are My Sunshine』収録作品も前作同様、同ストアBGMとして使用されることが決定している。海や旅を通して描く人間ドラマ、そのスタイルは今後も数多くのリスナーを魅了するだろう。

ディスコグラフィー

[2]上へ

Okamoto Island New Albumリリース

旅するリゾートミュージック。
~コバルトブルーのさざ波、
煌めく光、薫る風~

「You Are My Sunshine」

価格:¥2,700(税込)
品番:XQCJ-1006

Not Found

リゾートミュージックのパイオニア岡本博文(g)。自身のリーダーグループ「Okamoto Island」名義で発表した前作『Grand Blue』が話題を呼び、待望の第二作『You Are My Sunshine』。ボサノヴァやジャズ、ラテンといったテイストをブレンドし、メロウでお洒落に仕上げられたている。テーマは「海と旅にまつわる人間ドラマ」。海の美しさや旅先でのふとしたエピソードに思いを馳せ、心が癒される。そんな大人のリゾート空間に浸れる至福の一枚。

さらに詳しく
ギター教室

[2]上へ

岡本博文 ギター教室

自己のグループ「Okamoto Island」やタンゴバンド“アストロリコ”等でワールドワイドに活躍するギタリスト岡本博文のギター教室です。ジャズ、ブルースを題材に扱いながら、いろいろな音楽に対応する力をつけます。その特徴としては、一般的な楽典の理解はもちろん、岡本メソッドとも言える雑誌にも理論書にも載っていないオリジナルな方法で、初心者から段階的にソロの組み立て方、コードの発展のさせ方などをわかりやすく教えて行きます。マンツーマンで指導する個人レッスン、仲間同士でも気軽に楽しめるグループレッスン、いずれも内容の濃さはかわりません。仕事や学校帰りでも充分通える時間帯のレッスンです。

さらに詳しく
関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017