バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

Vibedred | スタジオラグ
トップページ2ページ3ページ4ページ5
録り音にはご満足いただけましたか?
Ockey:それはもう。
Joe:ギターの音とかを一緒になって作ってくれるんで、その辺はすごく助かりましたね。色んな選択肢を試させてくれるし。
Ockey:本人がギタリストというのも大きいよね。その代わりベースとドラムはあっさりし過ぎてた(笑)ギタリストならではの(笑)
Coco:阪本君も和田君もギタリストやしね。
Joe:俺らも全員やしな、元々ギター出身やし。
Coco:話遡りますけど、バンド結成の時にRancidとかって言うてましたけど、そのもう1個前には、Aerosmith、SKID ROW、BON JOVI、Brian Adamsとかその辺のギターサウンドが元々好きだったっていう人達なんで、ギターに関してすごくうるさい(笑)ギターソロ一つにとっても。
Joe:ピッキングがどうのとか、音色がどうのとか(笑)
Coco:僕は後から入って、年下というのもあるんですけど、ギターに対する皆さんの目線はすごい(笑)
ではレコーディング時の緊張も相当では?
Ockey:それが全く緊張してなかった(笑)
Joe:ドラム録る時とか立ち会ってないのに、ギター録る時全員いるもんな(笑)
皆さん色んな録音現場を経験されていますが、ここスタジオラグ西院店ならではだな、というところはありましたか?
Joe:まず、家が近いと言うのが一番なんですけど(笑)
Ockey:それは最後に言おうよ(笑)
近さは大事ですよね!
Joe:環境がすごいいいですよね。キレイやし、アットホームですね。
Ockey:長期間ずっといるから、キレイで過ごしやすいところというのはかなり大事なんですよね、特にアルバムとか作る時。その点ここは過ごしやすくて、めちゃくちゃ良かったですね。
TD:コーヒーもあるし。
逆に不満な点や改善して欲しい点はありましたか?
Joe:阪本っちゃんとも言ってたんですけど、構造的な問題なんですけどね、、
Ockey:アンプ用の小さなブースが欲しい。そこで鳴らして、コントロールルームで棹類を弾きながらモニタリングしたい。
Joe:つまみとかを、コントロールルームのスピーカーから出る音を聴きながら作ると、多分時間がめちゃくちゃ短縮できるんですよね。
Ockey:あとこれはミックスエンジニアが言ってたんですけど、APIのヘッドアンプがいいのか、ものすごくキレイな音で録れていると、音を褒めてました。
ありがとうございます!5/5からは「Ark」リリースツアーも始まりますが、意気込みの程をお聞かせください。
Joe:皆で歌う曲とかもあるから、CDを聴いて来た人と一緒に歌いたいというのはあるな。
Coco:CDだけでは収め切れなかった、我々4人のパッション・熱さも含めて、それぞれ持ってる楽曲の世界観を、より一層視覚的にも感じられるライブツアーになること間違いなし!
そしてこれまで以上に激しいCocoさんのパフォーマンスが見れることも?
Joe:間違いなし!
Coco:間違いなしですね!
京都の日程はいつですか?
TD:5/26のMojoです。
今後の活動としての目標や、取り組みたいことなどをお聞かせください。
TD:曲を書き溜めていたというのもあるので、2年ぐらい出してなかったし新しいメンバーも入った。自分達の世界観とか曲とかを定着させるためにも、早い時期にもう1枚出してツアーをまた回りたい、一番近い目標としてはそこですね。
ベストなリリース時期としてはいつですか?
Ockey:来年頭!
TD:ちょっと前は、年内もう1枚フルアルバムと言ってたんですけど、どうやらこのまま行くと無理っぽいんで、来年頭か春までには、っていう感じですかね。
Ockey:今回のツアーは23本と僕らにしては少ないんで、次のツアーは40~50本!
Coco:いやーん。。
Ockey:やめとこか(笑)行けてないとこもあって、そういうところにも行きたいんでツアーも自ずと増えて来ると思うんですけど、それはそれで楽しみです。とりあえずは目の前に控えているツアーですけど(笑)
Coco:ライブに来る人以外の人にも、たくさん聴いて欲しいですね。ライブに来たことないという人にも聴いていただいて、「いいな」と思ってもらえるアルバムになっていると思うので、幅広い層の人に聴いていただきたいと思います。
アルバムを聴くにはCDを買う以外にも?
Ockey:各ネットショップでも買えます。詳しくはウェブサイトをご覧ください。
来年は結成10周年の年になりますが、何かサプライズはお考えですか?
Joe:うっすら。来年もしかしたら10周年?みたいな話はあったんで、何かはやりたいですね。10周年を迎えるために、今年いい状態にして色んなことができる状態で、いい10周年を何かしらの形でやりたいなと思っています。
最後にスタジオラグご利用のバンドマンにメッセージをお願いします。
Joe:Keep on Rockだ!(笑)スタジオワークばかりやっている人もいるかも知れないですけども、外に出てきて欲しいかな、色んな場所に。更に言うと京都だけじゃなくて色んな土地にも行ってほしいし。特に若い人らが遠慮して外でライブをしない、例えば学校の中だけとかじゃなくて、外に出てライブをして欲しいですね。それが京都の音楽シーンの活性化にも繋がるんじゃないかと思うんで。そして俺達とやってください!
Coco:「バンドやろうぜ」的やな(笑)「ステージで待ってるぜ!共演できる日を楽しみにしてるぜ!」
ありがとうございました!
トップページ2ページ3ページ4ページ5
プロフィール

[2]上へ

ムービーを再生する

Vibedred

京都を中心に全国的に活動している、ロックバンド。Punk、Rock、Reggae、Dub、Emo 等を独 自のフィルターに通し絶妙にミックスされたサウンドに、美しいメロディーとコーラスワークを加え たオリジナルなサウンドスタイル。日英織り交ぜられた歌詞の世界は繊細で、どちらの言葉であって も意識させずに耳に飛び込み、聞く人の心を揺り動かす。エモーショナルかつパワフルなライブステー ジも好評を得ている。これまでに 2 枚のフルアルバム、2 枚のミニアルバムを発売。京都大作戦にも 2 回出演している。これまでに、10-FEET、SiM、coldrain、HEY-SMITH、NUBO、G-FREAK FACTORY、STOMPIN’BIRD、Northern19 といったツワモノと幾度となく対バンをこなしている!!

MEMBERS: 多田 "TD" 隆紀 / 渡辺 "Joe" 譲 / 沖田 "Ockey" 聡一郎 / 中谷 "Coco" 公亮

オフィシャルウェブサイト

新譜情報

[2]上へ

3rd Full Album『Ark』アーク

2013.04.03 RELEASE!!
【Tracklist】
01. fanfare / 02. Welcome to My World / 03. Unbreakable / 04. Scribble / 05. Evening Grow / 06. Epigram Song / 07. More than World / 08. Flower / 09. 終わりの詩 / 10. アルケミスト/ 11. The People / 12. Miss You / 13. One
CBR-56/¥2,300(税込)
ライブ情報

[2]上へ

「Ark」Release tour
5 月 5 日(日)兵庫神戸太陽と虎
5 月 10 日(金)神奈川厚木サンダースネイク
5 月 11 日(土)東京下北沢 CAVE-BE
5 月 19 日(日)山口防府印度洋
5 月 25 日(土)大阪新神楽
5 月 26 日(日)京都 MOJO
6 月 8 日(土)滋賀 B-FLAT
6 月 9 日(日)福井 CHOP
6 月 15 日(土)長崎 STUDIO DO!
6 月 16 日(日)福岡 QUEBLICK
6 月 22 日(土)新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
6 月 23 日(日)石川小松 Mat's
6 月 28 日(金)広島 4.14
6 月 29 日(土)高知 X-pt.
6 月 30 日(日)香川 RIZIN
7 月 11 日(木)水戸 LIGHT HOUSE
7 月 12 日(金)仙台 RIPPLE
7 月 14 日(日)熊谷 HEAVEN'S ROCK
7 月 15 日(月・祝)横浜 LIZARD
7 月 21 日(日)岐阜 ants
関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017