バンドメンバー募集店舗スタッフ音楽求人キャンペーンコラムインタビューイベント告知サービス
ホーム > レポート
スペシャルインタビュー

[2]上へ

SILVER WINGS 登山ブッキングマネージャー | スタジオラグ
トップページ2ページ3ページ4ページ5ページ6
所謂ライブではない企画をライブハウスで行うことに対し、どのような考えをお持ちでしょうか?
意外なんかも知れないですけど、僕はライブではない企画をライブハウスで行うということをですね、はっきり言ってやるべきではないと思ってるんですよ。
ええ?!そうなんですね?
牧野さんはやりたくてやってはるのかも知れないですけどね。僕は基本的にライブのないイベントはライブハウスでやるべきではないと思ってます。では何でそういうことをやっているのかという話なんですけど、一つはお客さんとか出演者とかと交流したいからってとこですかね。やるべきではない理由、ですよね。やるべきではない理由は、「ライブハウスはやっぱりライブとライブの中身で勝負」と思ってるんで。ただ、やらざるを得なかったんですよね、うちの場合は。
やらざるを得なかった?
DEWEYの場合はちょっとどうか分からないですけど、僕がブッキングをはじめたころ、SILVERWINGSは無名の店で、京都にはライブハウスは他にもいっぱいあって、自分のバンド友達とかにSILVER WINGSとかって言っても誰も知らへんし、まずこれは知名度をあげるとこから始めなあかんと考えました。でないと、ブッキングするにしても出演者も集まって来えへんし、どうやってSILVER WINGSの名前を売ろうかと思って、そん時に考えたんが、他のライブハウスがやってへんアホなことばっかりをやって、イベント名もわざとアホな名前ばっかつけて。そうすることによって、取りあえず京都のライブハウスシーンで目立とうとしたんですね。だから店の宣伝のためにアホなイベントやってたんですよ、僕の場合は。自分が楽しんでやってた部分ももちろんありますけど、ブッキング埋まらへんからやってるって部分もありました。SILVER WINGSってアホっぽい店やなって感じで、最初は注目を得ようとしたんですよね。実質、ライブをやらないイベントを集中してやったんは僕入って1年目くらいなんですよ。ただ、わりと評判が良かったからちょっと続けた、くらいのもんで。ところが仕事してて途中で気がついたんは、ライブハウスで働いてて内容で勝負しんと店のお客さんつかへんなと思って。それに内容がいいライブを組むってことをやりたくて自分も働き出した訳やから。ライブのないアホなイベントを組むってのは、ホンマ苦肉の策でしたね。だから全然DEWEYとそれを競い合ってるつもりはなくて(笑)。
なるほど、正論ですね。
真面目に考えて、戦略的にアホなことやりましたね。
そうだったんですね。まるっきり勘違いしておりました。
多分僕のキャラクター的に、「登山さんはアホなことが好きでそういうことやってんねんやろな」って皆思ってはると思うんですよ。そういう意味では俺って結構皆をだました感じがしますね(笑)。この仕事する前、広告とか編集プロダクションとかでも働いてましたから、割とそういう戦略を立てて宣伝するということは好きなんですよ。
これまでお会いしたブッキングマネージャーさんとはまた違うタイプですね。
俺の場合、タイプ的に酒呑んでワーッて感じじゃないんで。シミュレーションするのが好きというか。
ジャンルはボーダレスとのことですが、出演者の方にこういう方が多いというのはありますか?
よく言えば真面目な人が多いですね。悪く言えばおとなしいです。若い人ほどそうですかね。おっちゃんの方が元気ですね。ライブ後に交流するみたいなところが、あんまりないかなぁ。例えばかわいい女の子いて、「今日の俺どうだった?」みたいな感じで口説きに行くとかそういう感じの人は少ないですね。まぁ、そういう人は音楽が好きなんでしょうけどね。若い人はおとなしく真面目で、おっちゃんとかは酒呑んでワーッてやってる感じです。
年齢層的にはどうでしょう?
結構幅広いですけどね、うちの店は。上は60歳超えてる人も出てるし、下は10代とかも出てますしね。ジャンルを決めてへん分、年齢層もボーダレスと言うか。個人的には出演者は皆もっとふざけて欲しいんですけどね。ここでしか知り合えへん人とかもいるから、もっとふざけて・くだけてほしいです。
今SILVER WINGSさんのご出演者で、イチオシはありますか?
今村大祐ですかね。ポセイドン石川って呼ばれてるんですけど、これはホンマにクズ中のクズです(笑)。ただ、ピアノだけは最高なんですよ。音楽の才能はすごく感じますね。会ったら一瞬で分かると思うんですけど、人としてはどうしようもないやつなんですよ。そのどうしようもないやつが作る歌に限って感動するとかそういうこともあるし、まぁ、彼の場合は有り余る才能を持て余してる感じですね。俺が何とかしてやりたいという気持ちになったりもしますよね。
とても気になりますね(笑)。
個人的に気に入ってるのがOld Family Shop。地味な音楽、AOR的なと言うかシティポップ的なことをやってますね。地味やけど誰が聴いても心地いい音楽かなっていう。ポール・ウェラーみたいな感じがするんですよね。爆発的に売れることはないんやろうけど、いい音楽ってあるじゃないですか。Old Family Shopはすごいそんな感じがしますね。自分はこのバンドすごく好きです。ライブも奇を衒ってる訳でもなく淡々とやってる感じです。あと、やる気を感じるバンドって言うのでAtomic Stoogesというのがいますね。弾き語りの人では立川玄、頑張ろうっていうのではMUE SWANあたりでしょうか。
トップページ2ページ3ページ4ページ5ページ6
プロフィール

[2]上へ

Live House Cafe & Bar
SILVER WINGS

祇園SILVER WINGSのWEBサイトはこちら
関連記事

[2]上へ

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017