お問い合わせよくあるご質問採用情報メールマガジンRSSフィードソーシャルメディア
ホーム > レコーディング
レコーディングメールマガジン【毎週水曜日発行】

[2]上へ

レコーディングメールマガジン

レコーディングに役立つ情報が満載

皆様からのレコーディングに関するお悩みやご相談に、サポートスタッフの中尾きんやがメルマガで全力回答致します!

メルマガのご購読はこちら
バックナンバー

[2]上へ

【レコーディングにはどの程度の演奏技術が必要?】など2問に回答しました

こんにちは、スタジオラグの中尾きんやです。
このメールマガジンは皆様からお寄せ頂いたご質問がコンテンツです。レコーディングに関する疑問やお悩みに全力でお答え致しますので、どしどしご質問ください。お待ちしております!


【Q】ラフミックスとミックスダウンの違いは何ですか?


【A】「ラフミックス」とはその日のレコーディング作業の内容を確認したり、ミックス前に楽曲の完成形をイメージしやすくするために、各パートの音量や定位などを大雑把にミックスした音源のことです。

それをメンバーやスタッフが各自持ち帰って次回の作業に向けた反省の材料としたり、アレンジを練り直すなどのいわゆる宿題の叩き台となります。

ラフミックスの作成はセッション途中などのごく限られた時間の中で纏めなければならないため、そのエンジニアさんの力量が如実に出ます。
なかには文字通り「ラフ」につくってしまう方もいますが、良いエンジニアさんのラフミックスはやはりバランスも良く、特に低域がうまく整理されています。

一方の「ミックスダウン」とは、2トラックに落とすための最終的なミキシング作業のことです。

レコーディングの際、初回テイクの演奏が新鮮で良かったりするように、先入観なしで作ったラフミックスの方が長時間かけて作り込んだマスターよりバランスが良く、ラフミックスを参考にやり直した、という笑い話もあります(笑)。


【Q】レコーディングをするにはどの程度の演奏技術が必要ですか?


【A】簡単です。自分が表現したいことを実現できる技術があればそれで十分です。

レコーディングは楽曲制作における一部分であり、その難易度を競う競技ではありません。

あくまで一例ですが、あるプロの現場では演奏ミスによるリテイクはほとんどありませんでした。
表現方法を変えた複数のテイクを収録しそこから選択するのですが、そのOKテイクが出るまでにそれこそ半日とかかかる時もありました。

まるでフィギュアスケートの浅田真央ちゃんを見ているようです。
何事も深く極めれば極めるほどに、難しいことをより易しく表現することができます。
技術力と表現力、その総合力で音楽は成り立つのではないでしょうか。

もし、いまあなたが表現したいことに対して技術が追いついてない、と感じるならばそれはきっとごく自然な事です。
そしてそれはプロであろうと充足することがないゆえ、あくなき探求をするのです。

まずはやってみましょう。私たちは全力で受け止めます。


レコーディングに関する質問を募集します!


レコーディングメールマガジンでは皆様からのご質問を募集しております。レコーディングに関するものならなんでもOK。頂いたご質問の中から回答をまとめて、毎週水曜日にメルマガにして配信致します。もちろんバンドや個人が特定されるような内容は掲出しませんのでご安心下さい。バンドマンの皆様の参考になるようユーザの参加によるソーシャルなメールマガジンを目指しますので、どしどしご質問ください!
よくあるご質問

[2]上へ

よくあるご質問一覧へ

プライバシーポリシー

[2]上へ

お客様の個人情報を当サイト上で提供していただき、お客様へのサービスに利用させていただくことがあります。その場合、「個人情報保護基本方針」に基づき、以下の通り個人情報の保護を行っております。

プライバシーポリシー

サイトメニュー

スタジオ予約状況レコーディング音楽スクール機材レンタルサービス会員特典サポート


(C) RAG INTERNATIONAL MUSIC 2017