第6回、1月6日セッション実践講座 無事終了しました

第6回、1月6日セッション実践講座 無事終了しました。

今回は、What Cha’ Gonna Do for Me
ギターの参加者が、特に今回多く、ギタリストは早めに会場入りし、
特別に1時間、予備練習の時間を設けました。
会場は、スタジオラグ西院店

毎回、最初は、講師の演奏から始まります。

それが終わると、まず講師に参加ボーカリストが混じって歌います。
いきなりですが、さすが講師のサポートなので、かなり気持ちよく歌えるようです。
贅沢ですね。

今回、ボーカルの参加はお二人。お二人とも常連で最初からかなりの好調。
この間に講師は、どこをどうアドバイスするか見定める時間です。

今度は、講師バンドにギタリスト二人づつ参加して演奏します。
最初はおっかなびっくり。2時間かけて全員にアンサンブルに入ってもらいました。
これがいきなりセッションコーナー。
しかし、予備練習もあったので、結構成り立っていました。

それが終わったら、今回は、ボーカルとギタリストの参加者だけだったので、
2つに分かれ個別セミナーです。

ボーカル科は、本来ボーカル講師の立場の谷口守さんが、「ボーカルに優しい」ドラムを叩かれて、ギターもピアノも弾いて、マルチプレイヤーぶりを見せていただきました。いろんな楽器が出来るの羨ましいです。でも、考えてみれば、贅沢なレッスンですね。岡 尚史先生のベースも冴え渡ります。まさにセッション講座。

参加者12人ですが、西村先生が一人づつに丁寧にアドバイス。ドラムの森本先生とベースは岡本博文(ギター)先生。これも贅沢な時間です。前半1時間のセミナーで、細かなアドバイス。

森本耕司(ドラムス)先生。影に隠れて中々クローズアップ出来ませんけど(苦笑)
ありがとうございました!

休憩を挟んで後半1時間は、ペアをこちらから指定して、グルーブするまでメインのパートをリピートしたりしました。不思議なことに休憩後は、驚くほどプレーが変わって、音楽も参加者の顔もより生き生きとしてきます。本当にビフォアアフターの世界!!

パート別に分かれた後は、最後約2時間、
成果を発表するもう一度セッション。圧倒的にアンサンブルが変わります。
今回は、ギタリストの参加も多かったので、しばし、ボーカルに休んでもらって(正直歌い疲れもある/笑)ボーカル無しで、アンサンブル。しかし、これがなかなかストイックなアンサンブルで、段々と音が研ぎ澄まされてきます。これは圧巻でした。

島田篤(キーボード)先生のフェイスブックに掲載されたコメントの一部をご紹介。

「1日中同じ曲をやるんですが、意外に毎回飽きないのは、やっぱりそれだけ(演奏やアレンジ諸々を含めた)楽曲が良いからなんだなあと思いながら、昨日もずっと同じバッキングを弾いてました。
参加の方達も、今回はアドリブソロパートもなく、特に目立つところもないんですが、一所懸命に弾き、そして他の人のプレイを聴いていて、音楽は凄いなあと年頭に思わせていただきました。」

杉山千絵(ヴォーカル)先生のフェイスブックに掲載されたコメントの一部をご紹介。

「13時から19時30分まで、セッションと各科別レクチャーでみっちり音楽漬け!
課題曲はChaka Khanの”What Cha’ Gonna Do For Me”。
特にギタリストの方に多くのご参加頂きました🎶高校生からベテランさんまで、世代も経験も色々なメンバーが一緒に音を出してセッション❣️毎年夏と冬の二回開催しているこのセミナー、朝イチの演奏・歌唱と一日の最後の演奏・歌唱では、本当に見違えるように皆さん上達してるのですよ・・・👀講師陣も毎回ビックリです!ビフォーアフターでの上達がしっかり実感していただけるセミナー、今からまたサマーセミナーが楽しみです」

はい。私たちもすでに楽しみです!ありがとうございました!!
下の写真、左側から、杉山千絵先生と谷口守先生。

参加者の皆さま、ありがとうございました!
また、次回もよろしくお願いいたします!
実際に常連の皆さんは、毎回目をみはるほど上手くなってらっしゃいます。
このセミナーを季節ごとのメインテナンスにしていただければ嬉しいです。
******
最後に、参加者さんのSNSでの言葉をご紹介してしておきます。
『京都RAG音楽義塾のセッション実践講座はワークショップで学ぶ内容ももちろんなのですが他にない大きな魅力は講師の方々が何度もテイクを重ねるごとに演奏の精度をあげていく過程を間近で体感できることです。

あれだけ1曲を何度もやると限界が来たりアイデアが尽きそうなものですが本当にすごい方々なので最後までずっと何かのアイデアを試行錯誤していて本当に勉強になります。最初から十分にいい感じなのですが最後の方は本当にすごい演奏になっています。

これを体感できるだけで十分値打ちがあると思います。
講師の方々が事前の準備やネタではなくて当日の現場で経験と実力で乗り切るというワークショップは他ではまず体験できないと思います。』
ありがとうございます。


そして打ち上げ。遅くまで話が盛り上がりました。
皆さま、お疲れ様でした!!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る