人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

バンドマンなら知っておきたい電気の基礎知識

音を鳴らすためには欠かせないのが「電気」。

ギターアンプ、エフェクター、DAW機器、シンセサイザー、その他音響機器、バンドで使用している多くの楽器は電気なしでは音を奏でられません。

あなたの使用している機材をコントロールするのはあなた自身です。

電気の扱い方ひとつで音色が変わることもあります。

ぜひ正しい知識を身につけて最高のパフォーマンスを引き出しましょう。

知っておきたい電気の基礎知識

エフェクター

http://blog.goo.ne.jp/ex-pro/c/791a90d635e5121bec5ccabef524ca98

電気そのものは目に見えませんが、「+」「−」があるのは皆さんもご存じだと思います。

そしてよく出てくる「○○W」や「○○V」や「○○A」など学校の理科の授業で勉強した覚えがあるのではないでしょうか。

機器を扱う上でも必要となりますので、それぞれ出てくる単位や意味を覚えておくといいでしょう。

機材

電流:アンペア(A)=電気の流れの大きさ

1つの一般的な平行コンセントの定格電流は15A(1500W)です。

電圧:ボルト(V)=電気を流す力の大きさ

日本の一般家庭用電圧は100Vですが、国によって変わってきます。(アメリカ→110V、中国→220Vなど)

なかには200Vなど変則な電圧もありますが、多くの音楽スタジオ、ライブハウスは100Vです。

多くの海外からの輸入楽器は、日本の100Vに変換されています。

電力:ワット(W)=電気がする仕事の大きさ

実際に消費される電気エネルギーをあらわします。

例えば、アンプだったらワット数が多いほど、大きい音がします。

電流、電圧、電力の関係を式に表すと。電力(W)=電圧(V)×電流(A)

いざという時に忘れてしまっては意味がありません。

わたくしは(W)=ビジュアル系の(V)×アイドルです(A)

…など(笑)忘れないようにしておきましょう。

電気容量を超えるとどうなるのか?

家庭用コンセントの最大電流はエアコン用などの特殊なものを除いて15Aで、それを超えなければどれほどタコ足配線にしても大丈夫ですが、電気容量の大きい電気製品を同時に多く使用するとブレーカーが落ちます。

一般家庭で使用する場合は注意が必要です。

1つのコンセントはたしかに1500Wが定格だが、ブレーカーがたとえば20Aで、3つのコンセントに分岐や送られている場合は、3つのコンセントの合計で定格が20A、すなはち2000Wまでということになる(決して、3つのコンセントが2つ口コンセントだったとして、合計6つ口であるから、1500W×6=9000Wまで使用できるわけではない)。

つまり広義の「たこ足配線」は、1つのブレーカーから分岐や送りが行われている電気工事時点ですでに行われていることになる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/たこ足配線

コンセントの許容電流を越えるとブレーカーは落ちなくても、発熱出火の可能性があります。

またブレーカーの安全装置が作動する寸前の電力使用を続けた場合、ブレーカーの安全装置は作動しないため、継続的に過熱状態が続き、電源を遮断する安全装置が故障する原因になる。

また分岐や送りにより構成された配線の中で一番耐熱性が低い箇所、あるいは過熱が続いている箇所から発火することがある。

さらに前述のブレーカーの安全装置が故障した状態では、定格を遙かに超えた電力を使用できてしまうため、連鎖的に発火がおこる可能性もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/たこ足配線

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています