バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

音がグッと良くなる!楽器・エフェクターのメンテナンス【準備編】

今回は「楽器、エフェクターお掃除」で使用できるアイテムを紹介します。

スタジオの機材をメンテナンスする時にもよく使用するものばかりです。

用途に合わせて使用できるといいですね。

音も汚れる? 楽器の掃除の必要性。

例えばケーブルの金属部分の汚れは、ノイズが発生する原因になったりします。

電源部などのホコリが溜まってるとショートを起こす等して、火災の原因にもなりかねないです。

ギターのボディーやネックも汚れがあることで音の伝達がしにくくなり、その楽器のよさをフルに発揮できません。

そして何より、掃除をすることで自然とその楽器のコンディションをチェックできるので、不良箇所の特定や交換パーツなどのチェックにもなります。

大掃除の時だけでなく、定期的に掃除しよう

楽器は弾いたり、叩いたりを常にしてても、逆に全く触ってなくても、汚れます。

定期的な掃除やメンテナンスが必要なのです。

そのためにはまずはお掃除用具を揃えよう。

一つ買ったら、すぐなくなるわけではないので持っておいて損はないはず。

あなたの楽器は、あなたにしか救えません。

音がグッと良くなる!揃えておきたい!お掃除アイテム。

※ドラムパーツなどにも活用できます。

無水エタノール

無水エタノール

ジャックやプラグ部分の掃除には、無水エタノール(無水アルコール)がおすすめです。

これを使うと汚れを浮き上がらせて拭き取る事ができます。

「消毒用」や「燃料用」エタノールも売られてますが、不純物や水が混ざっており接触不良の原因にもなるので、必ず無水エタノールを使用しましょう。

ただしギターのボディーや木材の部分には使用しないようにしましょう。

薬局などで1,000円〜1,500円ぐらいで売られてます。

綿棒

綿棒

綿棒は無水エタノールを少量付けて、接続端子やケーブル類、精密箇所など様々な箇所の掃除に使用できます。

100円ショップで購入できますね。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています