レコーディング作品のご紹介|peek-a-boo! |京都の音楽スタジオ|スタジオラグ

Music Introduction

レコーディング作品のご紹介|peek-a-boo!

スタジオラグにてレコーディングされた数々の名盤たち。その作品の一部をご紹介いたします。

peek-a-boo!『ハジマルライフ』

エンジニア:阪本 大雅
スタジオ:スタジオラグ西院店(2012)

プロフィール

京都の大学サークルを通じて知り合い、2008年に結成される。ポップミュージックを中心に様々なジャンルの音楽の垣根を超えて新たな時代の音楽を紡ぎだしている。彼らの曲調に一貫しているのは、「切ないけれど、温かい」空気感。そのサウンドで京都を中心に音楽シーンをリードしている。

バンドヒストリー

時を遡ること2008年、あくま系ハードロックバンドknock on the doorで活動していたギターの山岸が「自分の一番好きなポップミュージックをバンドサウンドでアウトプットしたい」と思い、体育会系ベーシストの加山にデモ音源を送ったのが結成の発端。さらに当時、そのインパクトのある名前で有名だったボーカルのたみふると、さらに鍵盤のうかいちゃん、ドラムの岩ちゃんを誘いpeek-a-boo!を結成。5人編成のポップスバンドとして京都を中心に活動を始める。2010年に5曲入りmini album【peek-a-boo!】を完成。その後、鍵盤のうかいちゃんとドラムの岩ちゃんの脱退により一時的に活動が停滞していたが、後任にスーパードラマーTacktおかやまを迎え4人で再び活動開始。さらに2011年、安定感に定評のある鍵盤の上田を加えて再び5人体制での活動を開始。2012年には8曲入りmini album【peek-a-boo!2】が完成予定。ライブ活動の幅も全国に拡大している。

コメント

普段のバンド練習ではもちろん、音源の録音をしていただいたり、ライブやイベントに誘っていただいたりと、ラグさんには本当にいつもお世話になっています。そしてなによりスタッフの方々がみなさん優しくて温かい!河原町店、北白川店、西院店、伏見店、どの店舗に行ってもwelcome!と迎えてくださいます。西院店レコーディングでは、エンジニアの阪本さんがいつも親身になって協力して頂けるので、とても心地よく音源制作に取り組むことが出来ています。peek-a-boo!はこんなラグさんの雰囲気が大好きです。こうして楽しく音楽をやっているのも、ラグさんと出会うことが出来たから。これからも末永くよろしくお願いします。peek-a-boo!もラグさんとともに大きく前進していきたいと思います!

ハジマルライフ

関連記事
スタジオラグ5
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ