人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【知っておきたい】ミキサーの音量操作の基礎知識

今回はミキサーの音量操作に関する記事を書いていこうと思います。

一番基本的な要素である音量ですが、音量を操作する機構は3つあります。

「なんで3つもあるねん……」

でも、使い分けられると便利です。

まず知っておきたいチャンネルとは?

本題から少し逸れますが、知っておいてほしい知識があります。

ミキサーのチャンネル

この1レーンのことを「チャンネル」といいます。

この1レーンに対応するように接続した機器の音について調整するのが、チャンネル上の色とりどりなツマミたちです。

話を戻します。音量を調整する機構は3つあるといいましたね。

そのうちの2つはチャンネル上にあります。

GAINコントロールとチャンネルフェーダー

ミキサー

まず1つ目が一番上の白いツマミ、「GAIN(ゲイン)コントロール」です。

そして2つ目がミキサー下部にあるチャンネルフェーダー。

あくまで私見ですが、GAINコントロールは仕込み(いわゆる準備)で調整し、チャンネルフェーダーは本番で調節するイメージです。

ミキサー

チャンネルフェーダーの目盛りをよく見ると、0から上下に広がっていることがわかります。

チャンネルフェーダーを0に合わせたときにちょうど良い音量が流れるように、事前にGAINコントロールを調整しておきます。

しかし曲ならいざ知れず、人の声は常に一定ではありませんし、音源や人によって入力される音量は変わってきます。

そういった変化に対応するのがチャンネルフェーダーなのです(チャンネルフェーダーには効果的な使い方がありますが、その話は別記事で、ONスイッチとあわせてお話します)。

仕込みでの基準調整がGAINコントロール、本番での個体差調整がチャンネルフェーダー。

覚えましたか?

では、残りの1つは何でしょうか。

マスターフェーダー

ミキサー(マスターフェーダー)

この赤色のフェーダーをマスターフェーダーといいます。

メインに使われるアウトプットであるStereoと連動しているフェーダーです。

これはチャンネルごとではなく、全体の音量を操作できます。

これも仕込み(準備)の段階で調整します。

会場の広さやスピーカーの出力を考慮して調整することが多いです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています