人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【動画編集入門】MOV、AVI、MPEGなど動画ファイルの基礎知識

スマートフォンが普及したことで皆さんも映像を見る場面や、ダウンロードや動画ファイルを変換・エンコード、DVDを作成など…映像を扱う場面が近年増えたのではないでしょうか?

YouTubeなどの動画投稿サイトがどこでも楽しめますし、スマートフォンや一眼レフカメラがあれば高価なビデオカメラが無くてもでも立派な映像が撮影出来ます。

このような背景からプロの映像ディレクターでなくとも動画編集をして人に見せる機会というのは増えているように思います。

そこで今回は動画ファイル形式のおさらいをしてみたいと思います。

そもそもファイル形式と言われるのは何か

movie_music_file

http://findicons.com/

まずは、動画のファイル形式というのは何のことを指しているのかについて説明したいと思います。

動画ファイル形式の具体的な例を挙げれば、avi、mp4、movなどがありますが、これらはズバリ何を指しているのか。

それは映像ファイルが納められる箱の種類を表しています。

というのは、映像とは、1秒間に何枚もの写真をパラパラ漫画のように見せて動いているように見える動画とその動画に合う音声を合わせたものです。

映像ファイル1

その動画ファイルを入れる箱の種類が、映像ファイル形式でありコンテナと呼ばれたりもします。

映像ファイル2

つまり、映像ファイル形式とは動画ファイルを入れる箱(コンテナ)のことで、コンテナにはavi、mp4、movなどの種類があるということです。

ファイル形式による違い

movies_folder_black

http://findicons.com/

ファイル形式の正体が分かったところで、次に出てくる疑問は「ではこの映像のファイル形式が違えば何が違うのか」ということですよね。

これを説明する前にまず、コーデックという言葉をご紹介させて下さい。

映像ファイルは1秒間に何枚もの写真を表示して同時に音声も流します。

つまりファイル自体のサイズが非常に大きくなるということです。

そこで、扱いやすくするためにエンコードと言って映像ファイルをある決まりに従って圧縮します。

そのある決まりのことをコーデックと呼び、コーデックの種類によって圧縮率が違い、それが画質に影響してきます。

映像ファイル3

ここで最初の「映像のファイル形式が違えば何が違うのか」という疑問に戻りましょう。

もちろん、ファイル形式が違うため、映像を再生する機器やソフトによって再生できるファイル形式と出来ないファイル形式があったりするなどの違いもありますが、最も重要な違いはファイル形式によって使えるコーデックが決まっているということです。

それでは次からどのファイル形式でどのコーデックが使えるのか、それぞれのファイル形式の概要をまとめてみます。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています