スペシャルインタビュー MORNING GLORY |スタジオラグ

スペシャルインタビュー

スペシャルインタビュー MORNING GLORY

-目指すと言うよりは自分達の中から探していきたい-

まずは簡単に自己紹介をお願いします。
Gt.Vo Rimina / Ba.Cho Kanako / Dr Yosukeの3ピースバンドです。
皆様飛騨高山出身とのことですが、バンド結成の経緯をお聞かせください。
最初は“何か楽しいことがしたい”という理由で“バンドやってみよう”という事になって、私がKanakoを誘いました。唐突だったので何回も断られましたけど。そこに知り合いづてにYosukeが加わりました。
バンド名「Morning Glory」とは、朝顔という意味ですね?
はい。Yosukeが案を持って来たんですけど、決定した時は意味は全く考えてなくて、響きの良さで決定しました。
MORNING GLORY | スタジオラグ
失礼ですが、高山というと「朝市」や「和牛」のイメージが強く、皆さんのようなポップグループが輩出される土壌とは思いにくいのですが、高山や岐阜の音楽シーンは盛んなのでしょうか?
静かな町なので音楽が盛んとは言えないと思います。ライブハウスも無いですし。
プロサッカーチームFC岐阜へのサポートソング提供や地元周辺のラジオ局でのパワープレイ等「地域密着型」のイメージを受けます。東京を志向するバンドがいまだ多い現代ですが、このスタンスは1つのポリシーでしょうか?
ポリシーというか…ただ同じ岐阜のサッカーチームを私たちができることで応援したいという気持ちだけです。私達も最初は身近な回りの人に応援してもらいながらバンドをやっているので、その輪が広がっていく雰囲気でやりたいというのがポリシーです。
6月3日には待望のファーストフルアルバム「Just One Way」が発売されます。どのような作品になりましたか?
今まではMORNING GLORYのイメージをひとつに固めてCDを作ったんですけど、今回はフルアルバムなので、もっとMORNING GLORYの世界を広げるつもりで作りました。新しい自分達を発見するために、今やれることを全て詰めた感じです。
タイトル「Just One Way」はどのような意味でしょうか?
これはアルバムの中の一曲のタイトルです。私達MORNING GLORYが生まれて初めて作った曲をそのまま収録しました。その時の私達の全てを使って、わずか1分の曲だったという思い出の曲です。私達の1st fullのタイトルにぴったりだと思いました。
Vo:Riminaさんの特徴的な声と、その声を生かしたキャッチーなポップソングは、「Morning Glory」の1つのサウンドスタイルかと思います。目指す音楽性とは?
目指すところは…この先MORNING GLORYが少しずつ変化して行っても、聴いたらすぐ“MORNING GLORYだ!”って分かるような自分達独自の音楽性が強くなっていくことです。目指すと言うよりは自分達の中から探していきたいと思います。
また同時に、同じようなスタイルを持つバンドは世に数多存在すると思います。それらのバンドと比較して、「これがMorning Gloryだ」と主張できるポイントとは?
コーラスもひとつの歌として捉えているので、二つの歌が混ざっているというスタイルがポイントです。
影響を受けたアーティストや、お気に入りのアーティスト等を教えてください。
コーラスワークと言う点では、小さい頃からサイモン&ガーファンクルが好きだったのでそれが大きいと思います。バンドをやろう!になったのはME FIRST AND THE GIMME GIMMESです。ただただ、楽しそう!って思いました。
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ