from RAG to MUSE スペシャルインタビュー Bugs|スタジオラグ

スペシャルインタビュー
from RAG to MUSE | スタジオラグ
ハレハコビ | スタジオラグ

ハレハコビ

本日は砂川様がお越しいただけなかったのですね。メンバー様は、木下様、砂川様、西田様の3名様ですか?
木下:はい。
ドラムパートの方はおられないのですね?
木下:そうです。
始めに、自己紹介をお願いできますか。
木下:ヴォーカル&ギターの木下です。
西口:ベースの西口洋音(よね)です。
ハレハコビさんは、この3名様でずっと活動をされているのですか?
西口:半年ほどでしょうか。
木下:まだ出来たてです。
皆さん音楽活動は、それぞれ長くやられている感じですよね?
木下:そうですね。
このグループはどのように結成されたのですか?
西口:もともと別々に1人で活動していたり、他のユニットで活動したりしていたんですけども、嵐山にある「音や」というライブハウスで、それぞれ一緒にやったりしていく中で、「一緒にやったらどうかな」という話が出たので、それをきっかけに結成されました。
アコースティックなオリジナル曲をされていると聞いていますが、イメージ的に近いアーティストはありますか?
西口:割とスピッツとか好きですね。
木下:っぽい(笑)。
「ハレハコビ」さんというグループ名ですけども、これはどういう意味ですか?
西口:彼(木下さん)がヴォーカル&ギターなんですけども、木下くんがライブをする時には絶対雨が降るんですよ(笑)。すごい雨男なんですけど、「ライブの時に雨降るの嫌や」って言うんで、僕らがユニットとしてライブをする時は、天気が晴れたらいいねっていう話をしながら、僕らの曲を聴いてくれる人たちにもあったかい気持ちになってもらえたらいいなっていう意味も込めて、「ハレハコビ」。「ハレ」を運べたらいいなという意味でつけました。
なるほど!3/23当日は果たして晴れますでしょうか!?
木下:今のところ全敗です(笑)/
それでは、当日の天気も注目ポイントになってきましたね(笑)。今回はMUSE HALLさんでのライブになりますが、MUSE HALLさんへのご出演は初めてですか?
木下:はい、初めてです。
やはり、憧れの場所ですか?
木下・西口:はい。
結成半年ほどとのことですが、今後はどういった活動をしていきたいですか?
木下:主催のイベントはやっているので、それは続けていきたいですし、色んなとこに出ていってますかね。大阪にも出ていったりしているので、活動場所の幅を広げていきたいですね。
音源は作られているのですか?
木下:音源はまだですね。
では、そういったことにも取り組んでいきたいという感じですね。それでは、3/23のライブに向けて意気込みをおきかせください。
木下:音源はまだですね。
では、そういったことにも取り組んでいきたいという感じですね。それでは、3/23のライブに向けて意気込みをおきかせください。
木下:晴れたらいいなと(笑)。楽しんでやりたいですね、せっかくMUSE HALLでできるので。
西田:他の出演者さんの顔ぶれを見ていても、僕らとは全然毛色の違う人たちが多いのかなと思いますので、いい刺激を受けながらも、僕らのやりたいことをきちんと表現できたらいいなと思います。
ありがとうございます!
あなたにオススメ