第九回 京都造形芸術大学「軽音楽部」さん by 新・HIROCKがゆく。京都オススメ軽音サークル|京都の音楽スタジオ|スタジオラグ

フレッシュ特集
京都オススメ軽音サークル | スタジオラグ

第九回 京都造形芸術大学「軽音楽部」さん by 新・HIROCKがゆく。京都オススメ軽音サークル

ただいまっ★HIROCKです!このコーナーでは定期的に、HIROCKの大好きな京都の軽音サークルさんをご紹介させて頂きます。京都にはこんなにたくさんの音楽仲間がいるってことにHIROCKはただただ感動です。元気いっぱい、ほとばしる学生パワーをぜひ感じ取ってください。皆様どうぞ宜しくお願い致します!みんな最高だぜ!

京都造形芸術大学「軽音楽部」さん

京都造形芸術大学「軽音楽部」 | スタジオラグ

みなさんこんにちはHIROCKです、残念ながら、“ひろっくちゃん”みたいに可愛くはない私です♪笑さて今回は、アニメ「けいおん!」の聖地で有名な私の働いているスタジオラグ北白川店から一番近い大学「京都造形芸術大学」の「軽音楽部」をオススメしたいと思います!※ちなみに、実は我らが「スタジオラグ北白川店」もけいおん!の聖地なんですよ〜と、芸術大学ならではのアニメネタから失礼しましたっ♪笑

京都造形芸術大学(※以下造形)といえば、とにかく「個性派」揃いといったイメージですが、実際にも造形軽音楽部も、個性派揃いで更に「本気で音楽してる」ミュージシャンが多く、他大学のサークル&軽音楽部とは活動等が大きく異なる部分も多いのです。というのも、私の持っている印象だと、団体用語でいう「外バンド」が多く、造形の中にも軽音団体はひとつしかないので、音楽をしている、もしくはしたい、そんな人が必然的に入る、といった雰囲気です。だから造形のバンドさん達は、京都のライブハウスでライブをして、それをみんなで見に行って、楽しむ姿を、私もよく見かけます。

基本的に部員に所属しているのは、造形生のみで、入る条件とかも特になく、50人ほどの「自由」な団体。男女比も3:7と、圧倒的に女子が権限を持っている様に見えます笑 何よりもみんなが「好きな事をやっている」それが造形の軽音楽部の良いところ。そして先ほどもお伝えしましたが「外でバンドをやろう」という意識が高いです。そしてもちろん軽音楽部としてもライブイベントを、学内やライブハウスで行うのですが、普段外でやっているバンドが多い分、造形軽音楽部のライブは、オリジナリティも溢れますし、とにかく…アツいんです!珍しいスタイルの団体さんかもしれません。

せっかくなので、造形軽音楽部に所属しながら活動しているバンドさん達を、部長のほたるくんの意見を元に笑 私なりにも紹介したいと思います!

京都造形芸術大学「軽音楽部」 | スタジオラグ

「Sheep's」

Gt/Vo 多田ちゃんが曲を作ってる歌詞とか世界観がおもしろいロックバンドです。
女の子でも、とても力強い声で、とても頑張ってるバンドさんです。
ミニシェナに出演してくれました☆
Twitter @sheeps_04 / Youtube Sheep's

京都造形芸術大学「軽音楽部」 | スタジオラグ

「コボレ味がさね」

見てて楽しいバンドです、お客さんを楽しませるという面でとてもとても凄い。
ベースのこうじろうくんが凄い持ってる人ですね。
シェケナにも出演してくれました☆
Twitter @koboreazigasane / Facebook コボレ味がさね

京都造形芸術大学「軽音楽部」 | スタジオラグ

「まっちろ・ざ・は〜ちゅ」

しゅんちゃん・さっちゃん・えとうくん☆
それこそシェケナにも出てくれて、感じたんですけど
今時珍しい、ハングリー精神みたいなのを持ってる、アツいスリーピースバンドです。
@macchirohearchu

京都造形芸術大学「軽音楽部」 | スタジオラグ

「bolman」

前まではGO!GO!のコピーをしてたけど、オリジナルをしっかり作り出して外で活動中です。
Voのふーみんちゃんに、魅力があります。
ライブの時の必死感精一杯歌っているという時はとても。
@bolman_4



京都造形芸術大学「軽音楽部」 | スタジオラグ

「LUCKY STRIKE」

GtVoの佐々木海くんが曲を書いている、UKロック色もあり、スタンダードなロック。
京都以外でもライブを行っていて、お客さんを楽しませてくれるのが魅力。
白井くんは上手ですし、ベースの小寺くんがこれからどう変わっていくのかも楽しみです。
Twitter @lucky_strike_3p

京都造形芸術大学「軽音楽部」 | スタジオラグ

「Between the sheets orchestra」

Voの夏奈ちゃんが本気でプロデュースしているバンドです。
夏奈ちゃん以外のメンバーは楽器初心者らしいけど独特の「カッコよさ」「空気感」
は、インパクト大です。
Twitter @BSO_JoP

以上が現役のバンドさん達で、ほたるくんにご協力頂き書かせてもらいました、愛ですね♪造形軽音楽部といえば「5th club」「レオポン」「cold case」等、OBバンドもシェケナ等ではとてもお馴染みで、素敵なバンドさん達ばかりです。

とにかく自由すぎるこの軽音楽部をまとめる大変な部長さんである「ほたるくん」は、今二回生で、とてもイケメンな男の子なんですが、今年からは「団体らしさ」を出せる様に頑張っているそうです。それこそ今までは合宿もなかったのですが、今年から合宿の計画を実行したり。また、今までは年に四回ほどライブイベントをしていたらしいのですが、これからは月一での定期演奏会にチャレンジしたいそうで、とても真面目に取り組む姿が素敵ですね♪

また、ほたるくんも、スタジオラグも、写真展をしてくれたりと、とてもお世話になったはじめちゃんこと小泉創くんも、元部長だったのですが、その時の遺伝子を継いで頑張っているそう。シェケナに毎回出演してくれた浅井純平も造形軽音楽部で、そう思うとスタジオラグはいつも造形軽音楽部に助けられ、支えられている様な気がします、本当に有り難いです。ちなみに今年はスタジオラグのニコ動番組「ラグの使いやあらへんで」で部長襲名されたり、造形軽音楽部はとてもおもしろいです。北白川店スタッフはもう、造形軽音楽部みたいな気持ちでいれるのが、嬉しいですし、それだけ優しい部員さんが多いんです。

最後に部長ほたるくんからメッセージを頂きました。「造形軽音楽部のバンドを、外で見て欲しい。」と、つまりはライブハウスに足を運んで、部員であるみんなのライブを見て欲しいということ。「ライブハウスで見る価値のある、魅力のあるバンドが多い」と。私からもほとんどライブで見た事のあるバンドばかりですが、同じ様に思います。とてもオススメなバンドばかりなので、是非ライブ等に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

では、京都造形芸術大学軽音楽部さん、有り難うございました。

ライブ情報

8月28日 KYOTO FANJ
9月19日 ライブスポットラグ
9月21日22日 京都造形芸術大学学祭

関連記事
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ