レコーディングレポート Apple | スタジオラグ

レコーディングレポート
Apple | スタジオラグ

レコーディングレポート Apple

作詞作曲のご担当は?
朴井:今回は作詞が僕で、作曲は...元ネタ持ってきたのは僕かな?印税が入るようなことがあれば、apple4人で分けようと思います(笑)
皆さんで作曲されるのですか。
朴井:きっかけとかそういうものも作曲に含めるとしたら皆で。皆でやってるから、その曲が出来た。
今回の「サクラ待つ」に関しても、アレンジ等細かいところまで詰めた上で、レコーディングに臨まれたのですか?
朴井:そうですね。
毎回レコーディングの進行はどうのようにされているのでしょうか。
西村:まずは僕が、ベースとドンカマとキーボードを先に入れちゃって、次はドラムに。
赤名:ドラムが終わると、ギターに。
馬瀬:で、ギターの音決めが遅れてつまづく(笑)何とかギターを録って。歌入れて、コーラス入れて。ミックス前にご飯食べに行って。
今まさに歌録りまでが終わった段階、と。ディレクションはどなたかがされるのですか?
西村:全員ですね。
プリプロはされますか?
西村:昔はしたこともありますけど、今はしていないですね。
完成像のイメージは皆さん共有されていて、それに近づける、という作業になりますか?
朴井:曲はもうライブで何回かやったんで、それに準じて。ドラムを録ることに関して言うと、ドラムはいつも3テイクくらいで終わっちゃうんです。僕が知っている他のバンドでは、極端に少ない。
阪本:サウンドチェックでOK出そうなんですよ。
馬瀬:普通で言えばキーボードのクリック入れの段階で2時間くらい経ってるんですよ。で、ここ(ドラム)は3テイク位で、大体大半をここ(ギター、ヴォーカル)で(笑)。一旦失敗するとここ(コーラス)でほとんどの時間を(笑)
今回の曲に関してはスムースに進行しましたか?
馬瀬:そうですね。ここで直接対面でやれるのはいいですね。お互いの顔を見て。
赤名:前回とコントロール・ルーム内の配置が変わりましたよね。こっち変わってよくなりましたよね。
そこは当然狙っての配置変えであった、と?
阪本:色んな紆余曲折を経た上で、偶然ここに窓があった(笑)
朴井:モニターも変わりましたよね。サンバーストの。
阪本:今回一度も鳴らしてないんですよ。
朴井:まじで!!ずっとそれが鳴ってると思ってた。
馬瀬:僕も...電源ランプが光ってるから...
阪本:本当にごめんなさい...今回一度も鳴らしていないです...
朴井:見た目だけ?びっくりしたわ、俺。じゃ電気入れる必要もないじゃん(笑)カミングアウトですね、今日一番の(笑)
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ