レコーディングレポート Apple |スタジオラグ

レコーディングレポート
Apple | スタジオラグ

レコーディングレポート Apple

「録音しないと分からないことがある」幾多の録音を経て来た男達は、今もそう語る。レコーディングに対する考え方、録り方のコツ等を、バンド歴19年&スタジオラグでのレコーディングテイク15曲を数えるベテランバンド「Apple」に迫るレコーディング・レポート。

レコーディング | セッション・ビデオムービークリップ
楽器・機材レンタル | スタジオラグ

スタジオラグでのレコーディング・セッションをビデオムービークリップでご紹介。普段はなかなか見られないレコーディング現場の様子をライブ感たっぷりにお届けします。(制作協力 Apple様)...
続きを読む

まずは自己紹介をお願いします。
赤名:赤名と申します。ドラムをやっています。
西村:キーボード、コーラスの西村です。
馬瀬:ギターを弾いている馬瀬と申します。
朴井:ヴォーカルの朴井です。
ベースの方はいらっしゃらないのですか?
朴井:ベースはいないです。
一般的なバンドにおけるベースパートは?
西村:キーボードでやっています。
ラグでのレコーディングはいつ頃からご利用ですか?
馬瀬:4年前から、でしょうか。
かなり頻繁にご利用いただいているイメージがありますが、これまで何曲録られていますか?
朴井:15曲ですね。
今回は何曲収録でしょう?
朴井:今回は1曲です。
1曲ずつ、長いスパンで録られている、という感じですか?
朴井:1曲1曲を、一歩一歩、はい(笑)
シングルやアルバムのリリースに合わせて、ではなく?
西村:そういうのは何もなく。
朴井:阪本(レコーディングエンジニア)さんに会いたいよなっていう。
阪本:なるほど。
朴井:「なるほど」が聞きたいよな、ってなったら(笑)
阪本:ありがたい限りですね(笑)
阪本君が担当エンジニアとなって今回何回目でしょう?
西村:今回で3曲目ですね。
appleさんのバンドの活動歴はどれくらいになりますか?
西村:19年程です。皆大学の軽音楽部のOBなんですよ。
今回録音の音源はどういった作品でしょう?
朴井:タイトルは「サクラ待つ」。世の中には「サクラソング」ってあるじゃないですか。
西村:入学式くらいにメジャーの人が作って売り出そう、みたいな。
朴井:サクラの曲作ってみようって、「サクラ待つ」。その前に、ここで「ホワイトチョコレート」っていう冬の曲録って。
西村:季節毎に曲を作っているので、今回は春。
来春を狙って、ですか?
朴井:出来た時はもう春過ぎちゃってた(笑)
馬瀬:今年の6月くらいに出来て、しばらくおいておこうと。
スタジオラグ5
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ