スペシャルインタビュー 騒音寺& 片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ 2/5|スタジオラグ

スペシャルインタビュー 騒音寺&片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ
騒音寺&片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ | スタジオラグ
片山:でも、なべさん、10年前と変わりましたよね。今、MCしてるけど、当時は一言も喋べらはらへんかったのに
なべ:それがカッコイイことやて思ってたからな。ただ、周りのバンドがみんな喋らなさ過ぎたからもうちょっと喋るようにしようかなって思ったのが最初。でも、最初ぜんぜんダメで、喋ること全部書いて練習して行ってたよ。今はもうアドリブで話せるようになったけど

騒音寺&片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ | スタジオラグ

片山:なべさんのMCすごいもんあぁ よぉ笑わしてもろてます。そうそう、自分がハタチぐらいの時に、なべさんが「夢と希望と生活できるだけの少しのお金があればそれで生きていける。」ってのを拾得で飲んでる時に言って、大学出ても自分は音楽続けるんだって気付いたんです。なべさん、ネクストステージはどう考えてます?
なべ:俺は次のビジョンは特に無くて、一曲一曲が勝負やね。曲を書く、スタジオに持って行く、いい曲が出来た。じゃあ次のいい曲って。ただ、駆け出しの頃って言うのは、「磔磔!西部講堂に出たい!」とか、念じてたら出れたし、「次はワンマンしたい!」って思ったら出来た。強く念じる事なんだろうね。夢って叶うからね
片山:叶うんですよねぇ

騒音寺&片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ | スタジオラグ

なべ:でも、音楽続けていくってさ、反対しない親いないよねぇ。反対とかされたやろ?
片山:僕の親めっちゃかっこいいっすよ。大学出る時にロックバンドやるなんて言えないでしょ。ろくでなしもいいとこ。でも、就職活動とかしてなくて、「俺バンドするわ」って言ったら「お前が生まれた時に、音楽をするような人間になればいいと思っていた。」って言ったんよね。ピアノも習わさんかったくせに(笑)、いや。そういう言い方で応援してくれたんやな。
なべ:かっこええなぁ!俺は親父に「お前、これからどうするつもりや」って言われたけど「バンド」って言えなくってね。「ラーメン屋」って言うたんよなぁ。その三年後にバンドをしていることを知らずに、亡くなってしもたんやけど。葬式後にライブあって、大変やったわ。それでライブ会場に着いたらバンドマンが優しくてさぁ。音楽を続けている人ってやっぱりハートがいいよ。年間すごいライブをするってことは、すごい現場をみてきてるし、本人も苦労してるんやわ。今、音楽できてること、感謝するよねぇ。

騒音寺&片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ | スタジオラグ

ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ