スペシャルインタビュー Wind Jammer |スタジオラグ

スペシャルインタビュー
Wind Jammer | スタジオラグ

スペシャルインタビュー Wind Jammer

「ソリッド&タイト。若きインスト侍たち、魂の直球勝負」そうドラマー則竹裕之氏から評される、関西若手実力トリオ「Wind Jammer」が3枚目となるCD「侍dance」をリリース!RAGでも出演多数の彼らに、リリース直前のお話しをお伺いしました。

プレゼントのお知らせ

Wind Jammer様よりご提供頂きましたサイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。プレゼントご希望の方は、下の応募フォームよりご応募下さい。当選された方にはメールにてお名前・プレゼント発送先・連絡先をお問い合わせさせていただきます。

ご応募フォーム
バンドは2007年結成とのことですが、そのいきさつをお聞かせください。
GOTOO!!!:ギターの篠原君と僕のがそれぞれのバンドが活動休止になり、二人とも暇になり、途方にくれながら大阪の京橋駅前の立ち飲み屋でべろべろになるまで飲み続け、その勢いでバンドをやることになりました。当初は二人のユニットとして活動していました。
篠原:それまでずっと珍獣王国でブルースばっかりだったんですけど、GOTOO!!!からFusion系のセッションに呼ばれたりして色んな音楽やるようになった時期でした。
ベースの堀内さんが加入された経緯は?
堀内:とあるセッションライブの時に後藤さんと初対面したんですが、そのライブのリハーサルが終わってから、後藤さんが僕のプレイを気に入ってくれて、「一緒にバンドやらへん?」と声をかけてくれたのが始まりですね。サポートメンバーとして最初は加入したんですが、リハやライブ、それに呑みの席を重ねていくことによって、僕も「このメンバーとならガッツリ一緒に楽しいことが出来る!」と確信しまして、正式加入に至ったという感じです。
「Wind Jammer」というバンド名はどのような意味が込められているのでしょうか?
GOTOO!!!:当初は帆船の帆のように風を受けながら前に進んでいくジャムバンドという意味でした。
「歌謡インストロックバンド」と銘打っていますが、皆さんの考える「歌謡曲」とはどのような音楽ですか?
GOTOO!!!:歌が残る。心に残る。それを目標にしてインストなのに歌が聞こえてきそうなバンドにしたい。
篠原:皆歌ものが好きなんです。僕自身作っている曲っていうのも、海外のスタジオミュージシャンが歌もののカバーとかしてるインストアルバム、ああいうイメージがけっこうあって。インストやけど歌が聞こえてくるような、楽器でももちろんしっかり歌いたい的な。ちょっと古くさいイメージもあるじゃないですか、「歌謡」って。今のインストバンドで流行の、クラブでやってるようなジャズ・ファンクみたいなのではないですし。あんまり堅苦しくない感じですかね。
1月24日発売「侍dance」は3作目となりますが、どのような作品に仕上がっていますか?
GOTOO!!!:今回はベースの堀内が加入してすぐに作った二作目よりもバンドっぽさが出ているのでは。難しいことも取り入れながら自分たちの出来ることをたくさん詰め込みました。
篠原:ホリちゃんが入って1年近く、ずっと一緒にライブしてツアー行ったり呑み行ったりして、バンドっていうサウンドがすごく強まってると思いますね。
アルバムタイトル「侍dance」はどういう意味、ニュアンスでしょう?
GOTOO!!!:三人の若き侍がストレートに敵をも踊らせてしまう。いがみ合いもハッピーに変えてしまうって感じかな??
スタジオラグ5
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ