スペシャルインタビュー tricot 2/4|スタジオラグ

スペシャルインタビュー
tricot | スタジオラグ
また、メンバー皆さんともメンバー名が非常にユニークですね。それぞれ由来などお聞かせいただくことが可能なら、お聞かせください。
キダモティフォ(先輩)は
mudy on the 昨晩のワティフォ殿から命名していただきました。
(先輩)の部分はボーカル中嶋の実際の高校の先輩だからです。
あとのメンバーは特に理由はございません!アホです!
またこれもよく聞かれると思いますが、「tricot」というバンド名の由来は?
響きです!よく間違えられますが、toricotではなくtricotです。
フランスではトゥリコと発音するらしいです!トゥリコトゥリコトゥリコ
8月には夏フェス「Rising Sun」に出演されています。大型フェスは初めてですか?観客数はどれくらいでしたか?
tricotとしては初めてです!
komaki♂はFUJI ROCK
中嶋はSUMMER SONICにそれぞれ前バンドで出演しております。

観客数はわかりませんが、いっぱいです!
大規模フェスのステージで演奏した感想をお聞かせください。
今でも思い出すと鳥肌が立つような最高な瞬間でした。tricotを初めて見るお客さんばっかりなのに一体化していました。最高でした。

音源や映像作品

現在のところ最新の音源としてはmini album「爆裂トリコさん」ですか?
SO DEATH!!
近々音源のリリース予定はありますか?
するかもしれませんね~!!
すんごいのが、この世に生まれるかも!
これまでの作品は会場限定等、いわゆる既存の流通を利用する形とは別の方法でリスナーにお届けしていますね?CDの売れないこの時代、どういう形で音源(もしくは映像)を届けるのが理想ですか?
時代のせいにせずバンドが良ければCDが売れると信じています!形は問いません!たくさんの人の手に僕らの音楽がわたってほしいです!聞いてくれ!
現在のアーティストにとって、youtube等の普及により映像作品も音源同様あるいはそれ以上に重要な位置を占める素材になってきていると思います。皆さんにとって映像作品とはどのような存在ですか?
自分達の事を知ってもらえる大切なツールの一つだと思います。
音楽だけでなくそれもトリコなのでそちらでも感動を与えられればいいなと思います。。。。
あなたにオススメ