「レコーディングお悩み一刀両断」Take.14 |京都の音楽スタジオ|スタジオラグ

レコーディングQ&A「レコーディングお悩み一刀両断」
レコーディングQ&A「レコーディングお悩み一刀両断」 | スタジオラグ

「レコーディングお悩み一刀両断」Take.14

【Q1】Protoolsって何ですか?
【Q2】最大何トラックまで録音可能ですか?
【Q3】イコライザーってどのように使用するのですか?
レコーディングに関する身近な疑問をプロのエンジニアが丁寧に解説!これからレコーディングをお考えのあなたの疑問も、レコーディング経験はあるけど今まで聞くことのできなかったあなたの疑問も一気に解決です!

Q&A

Protoolsって何ですか?

レコーディング | スタジオラグ

AVID(アビッドテクノロジー)社が開発したデジタルオーディオワークステーション(DAW)で、レコーディングの領域では最も広く使われているソフトウェアです。大規模なレコーディング・システムに対応するHDシステムと、宅録など小規模に運用出来るLEシステムの2種類が有ります。こちらでメインエンジニア阪本も答えてます。

最大何トラックまで録音可能ですか?

システムによってまったく異なりますが、Protools 8 のサンプルレート 44.1/48kHz で立ち上げたセッションの場合、HDシステムでは160トラック、HD Nativeでは64トラック、LEシステムですと18トラックまで同時録音が可能です。スタジオラグのレコーディングは基本的にHDシステムですので160トラックまで録音可能となっております。

イコライザーってどのように使用するのですか?

レコーディング | スタジオラグ

音の鳴っていない、もしくは聴こえなくてもよい余分な帯域をカットし、全体で音を鳴らした時にその音の良さを最大限に生かすのがイコライザーの目的と言えます。もっと聴こえて欲しい部分を上げる為にも使いますが、無茶な音になりがちなので、まずはカットしてその後レベルを上げる事から始めてみるといいと思います。ソロで聴きながら設定してしまいがちですが、最も大事なのは全体で聴いているときのバランスなので、ソロモニターは程々にした方がいいでしょう。ボーカルパートなどで使用する場合は、ラジオボイスといった面白い使い方もできます。

スタジオラグ伏見店エンジニア遠藤)

レコーディング8時間パック登場!
レコーディング早期予約割引登場!

関連記事
スタジオラグ5
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ