スペシャルインタビュー peek-a-boo! 4/5|スタジオラグ

スペシャルインタビュー peek-a-boo!
peek-a-boo! | スタジオラグ
その後、スタジオラグ主催ライブイベント「…シェケナベイベー」記念すべき第一回に出ていただく訳ですけれども、これはHIROCKからの誘いで?
加山:もともとVol.0というのがあったんですけども、僕らがやってたハードロックのバンドで出たんですよ。その時にちょうどこれ(peek-a-boo!)やろかっていう時やって。
岩田:確かに時期重なってたかも知れんな。
加山:で、「やるんやったらまた出えな」ってラグの梁川さんに言われて。その時はなぜか「ともしび」という別のバンド名として広まってたんですけど(笑)
色んなライブも出てはると思いますが、シェケナはいかがでしたか?
加山:シェケナベイベーは僕はもう大好きです。
岩田:シェケナベイベーは暖かいですね。一言で言うと。
加山:すごい、ライブして楽しいなという。
色んなバンドさんとも一緒にやられてて、こういうところを自分達にも取り入れてみようというのはありますか?
加山:一番僕らが悩んでた時に感じてたのが、「どう見せるか」という。
岩田:見せ方が上手いバンドに憧れますね。
加山:見てて、かっこいいなとか、盛り上がりたくなるなとか、そういうバンドを参考にしたくなりますね。音楽のジャンルは違えど。聴き入るバンドだったり、盛り上がるバンドだったりするじゃないですか。そういう楽しいな、ええなと思えるのを、どうやって見せたらいいんやろっていうのを、勉強させていただいたと思います、他のバンドから。
ミニアルバムの音源を聴かせてもらったんですけど、新しいこれからをいくバンドだなという音だと感じました。新しい感性を持ってはるんやなと思いました。
加山:どうなんやろ?
山岸:その辺に自信をもっていいかも?
加山:好きなジャンルはバラバラなんですけど、それが丁度いい具合にぶつかったサウンドとは僕自身は思ってます。
皆さんどういうジャンルが好きなのですか?
加山:僕はファンクとかディスコミュージックとか、踊りたくなる、自然と体が揺れる、そんな音楽が好き。それと昔からずっと、やはり日本人ですから歌謡曲、J-POPを聴いてる訳じゃないですか。やっぱそのメロディとかが耳に心地よいから、その二つですね。ちょうどその感じかあるのがこのバンドかなと自分の中で勝手に思ってるんで。まだまだ出し足りない部分はありますけど、上手いこといきそうだなというイメージはあります。
岩田:僕は今の加山の音楽の趣味を真逆にしたら(笑)叫んでるやつとか、四拍子じゃないやつとか。
鵜飼:変拍子、ハードコアって言ったらいいじゃないですか(笑)
岩田:コードがないやつとか。そういう刺激を音楽から受けるのが好きで。あ、こういうのがあるんやみたいな。一番聴いてるのは多分その辺なんで、それが微妙にこのバンドに入ってるのか入ってないのか分からないんですけど。ドラムのフレーズ的には多分ちょっと入っているかも知れないです。
加山:いつも自分の出したいものを押さえ続けてる(笑)
山岸:僕はB'zはかなり好きですね(笑)
加山:クサいのが好きですよね(笑)僕と山岸はB'z大好きなんです。
山岸:クサいというのは、なんというか…
加山:「これ来てくれ!」「来たー!」みたいな。「やっぱり典型できたかー!」
山岸:そういう感じですかね。確かに歌謡曲というか、僕どっちかというと女の人の声の方が好きなんですけど、やっぱりコードのない音楽とかは、、、
岩田:なんでそこ被せてくる??(笑)
山岸:メロディがあるのが好きですね。メロディがしっかり綺麗な感じで、メロディとバックがうまいこと出来ていると言うか。日本の歌謡曲とかJ-POPとか好きですね。B'zも好きですけど、抑えるようにしてます(笑)ロックだけじゃなくてメロディですね、やっぱり。
加山:音に起承転結があるというか。
山岸さんが?
加山:いや、TAK MATSUMOTOさんですけど(笑)
小笠原:私はずっと歌ものばかり聴いてきて、バンドも組んだことなくて大学生で初めて組んで。だからそれまでずっとメロディ中心に聴いてきたので、だから山岸さんが起こすメロディはすごく好きです。
岩田:ここまで4人言ってきて、俺明らか浮いてる(笑)
小笠原:次(の鵜飼君)が(笑)
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ