スペシャルインタビュー fulare_pad |スタジオラグ

スペシャルインタビュー
fulare_pad | スタジオラグ

スペシャルインタビュー fulare_pad

ギター&ウクレレのユニットで爽やかなサウンドを届けるfulare_pad(フラリーパッド)。デビューのきっかけとなった驚きのエピソードをはじめとして、お二人の温かい人柄をたっぷり感じることができるインタビュー!

プレゼントのお知らせ

fulare_pad様よりご提供頂きましたサイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。プレゼントご希望の方は、下の応募フォームよりご応募下さい。当選された方にはメールにてお名前・プレゼント発送先・連絡先をお問い合わせさせていただきます。

ご応募フォーム

「1+1=2ではない存在感」

結成のきっかけは?
前田:もともと小学校からの幼なじみなんですけど、二人ともエレキギターをやっていてギター小僧でした。ラグさんでの初ライブもエレキだったんです。でも、やっていくうちに講師の資格を取り、そうしたらギターではなく、ウクレレを教えてくれないかと頼まれまして。それで初めてウクレレをやり始めたんです。そうしたらやっているうちにハマってしまって、自分でもハワイアンのバンドを組んだりしてました。で、そのバンドでオリジナル曲をやってみようということでライブをしているところを清水くんが観に来てくれて。「いいやん!」っていう風になって。彼(清水)も自分のバンドを組んでたりとか、オリジナル曲を持っていたので、「一度一緒にウクレレとギターで何かやってみようか」ということで始めたのがきっかけです。
ウクレレを始めた時はどんな感想を持ちましたか?
前田:当時は、世間一般でまだウクレレが認知されていないところもありました。僕もウクレレと言えば、高木ブーさん、牧伸二さん、月亭可朝さんとかっていうコミカルなイメージがあったんです(笑)でも研究していくうちに、すごく奥が深いことが分かって。ハマってしまいましたね。
清水:二人とも「山弦」さんが好きで。「山弦みたいなん、やりたいね〜!」って思ってました。山弦さんとかDEPAPEPEさんとか、「ああいうのカッコいいな〜!」って(笑)山弦さんやDEPAPEPEさん、ゴンチチさんとかってデュオやけど大きい存在じゃないですか。1+1が2じゃないみたいな。そういうところに憧れてたのかもしれないですね。身近なところでは、先輩である「ジュスカ・グランペール(以下:ジュスカ)」さんにも憧れていましたね。
前田:それまではお互い色んなバンドをやっていたんですけど、二人でやってみて今までに無い新しい感じが生まれたんですね。「これは今までに無かったんちゃうか?!」っていう感触で。それで続けられてるって思いましたね。
最初はどんな活動を?
前田:ラグさんとかライブハウスに出る前は、カフェとかにも飛び込みで行かせてもらったりしてました。
清水:簡単なデモCDとかを宅録(自宅録音)で作って。カフェに持って行ってっていう感じで活動を最初はしてましたね。
ライブハウスでやるようになったのはもう少し後ですか?
清水:ラグはずっと好きで、出たいと思っていたんです。である日、丸太町のトンカツ屋さんで昼ご飯を食べてたんですね、そうしたらたまたま秋葉さん(ライブスポットラグ店長)が入ってきて。お互い「あ〜」みたいな。で、「今、ウクレレと二人でデュオやってるんですけど、また良かったらライブやらせてもらえませんか?」「お〜ええよええよ、やってやって!」ってなって。ま、昼間やったんで秋葉さん、ものすごいテンション低かったんですけど(笑)近寄りがたくて、ちょっと離れながら喋ってましたもん(笑)秋葉さん、夜が更けるにつれ喋りやすくなってくるんですけど、昼間はちょっと喋りにくいっていうか(笑)
たしかにライブハウスっていう仕事柄、そういうバイオリズムなんでしょうね(笑)ま、そんないきさつもあり、ライブハウスでもライブ活動を始めるようになると。
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ