スペシャルインタビュー ロットングラフティー|スタジオラグ

スペシャルインタビュー

スペシャルインタビュー ロットングラフティー

今回は、京都音楽シーンを語る上で欠かせない最重要バンドの一つ「ロットングラフティ」より、N∀OKIさん(Vo,Harp)をお迎えし、お話をお伺いしました。

-吼えていたいんすよね、やっぱり。抑圧から解放されたい、っていう-

まず、ロットングラフティーの音楽性についてお聞かせください。
やりたいことを、拘ってやってる感じですかね。皆全然好きな音楽違うんですよね、聞いてる音楽とか。そういうバラバラなメンバーが1つに音出して、それがロットングラフティーという音楽性になっているというか。
ヘヴィネスを基調としながらもキャッチーで、実に多種多様な音楽性が同時に存在し、またツインボーカルという、独特のスタイルをお持ちですが、このスタイルはどのように確立されたのでしょうか?
ツインボーカルって僕らが始めた頃は、「UZUMAKI」や「BACK DROP BOMB」や「山嵐」とかがいたんすけど、ヘヴィな音にラップや吠えてるメロディアスじゃないバンドが多かった。(僕らは)メロディも好きやし、吼えんのも好きやし、従来にあったものに添うのんは絶対止めようと。付け焼き刃で歌ってきた奴やないし、ずっと「歌」を歌ってきた奴やから、歌をどんどん入れていこう。「ツインボーカルで掛け合いでラップ」みたいなのを基本外れたかった。
メロディ重視のツインボーカルの先駆け的存在?
なんすかね?ゴリゴリのリフに、絶対サビはメロディで花開く、みたいな。
すごくキャッチーな曲が多いですよね。
結成した当時は、ゴリゴリのイベントに入れられたりすると結構軽く見られたり、かといってメロコアとかキャッチーなバンドイベントに放り込まれたら、そういうとこではイカツイ(笑)「俺らの居場所な~い!」みたいな。だから俺らの居場所を創っていこうとしてたんで、これがロットングラフティーや、唯一無二やみたいな。それで、継続してやってきましたね。
N∀OKIさんの得意分野、俺はこれ、っていうのは?
もともとずっと吼えてて、サビは思いっきり歌うみたいな感じやったんすけど、ちょっとずつ進化していってて。例えばスゴい言葉が好きでラップに興味を持って、ロットンでラップ的なこともやってるんやけど、そのラップはHip-Hopのとこで通用すんのか、みたいな。ホンマの現場でHip-Hopやってる奴からしたら、ホンマのラップじゃないって思われがちかな、って思ってたんで、もっと説得力持たせるために、色々な現場に足運びに行ってマイクとって、磨いた。今はスゴい、ラップやポエトリーリーディングが面白いですね。
即興ですか?
勿論即興もあれば創り込んだりもします。即興は最初は全然、上手いこといかへんくて、それが悔しくて。車の中でもどこでも、もうぶつぶつぶつぶつ(笑)決まったことだけの演出だらけのライブより、その日その場でしか落ちひん言葉とか瞬間、が俺ライブやと思うんで。ツアーとか遠征で見に来てくれはって、またこないだと同じことしてるっていうのは面白くないと思うんで。そういうドキドキ感が、生ライブちゃうんかな。今はもうバンバン自信ありますね。どこの現場のセッションのとこに放り込まれても全然堂々とやる自信はあります。
バンドって好きな音楽が似ている人達が集まって結成されることが多いですが、ロットンさんの場合メンバーの皆さんそれぞれのミュージック・バックグラウンドが全く違いますよね。そこでの衝突などはないのでしょうか?
ロットングラフティー | スタジオラグ
あることはあるし、ある種認め合っている部分もあるから。最初いやな印象の曲やっても、やってたらだんだん入っていけるっちゅうか。他の奴が作ってきた曲とか、「ロットン良くしょう」とか「これかっこいいやろ」と思う本人から出てくるアイデアやし、頭ごなしに俺こんなん歌えへんわっていうんじゃなしに、やってみて、だんだん沸々と煮詰めて行く感じすかね。僕らも長いから、アホみたいにキャッキャ会話もなく、あ、そんなん作ってきた?ほな乗っかろか、みたいな感じなんでね。
そういった感じで斬新なサウンドが生まれている?
進化したとこと=今の最先端と、温故知新じゃないですけど、昔ええもんは今でもええみたいなとこ、あるじゃないですか。そういうニュー・クラシックなとこを狙いたいっていうか。僕よう言ってるんですけど、「懐かしい未来」。うわ、何か懐かしい、でも新しい、その紙一重のところが、一番琴線を振るわすとこ、みたいな。やっぱ生きていて時間は進むだけじゃないですか、絶対戻れへんし戻せない。でも昔小っちゃい頃とか青春時代の時とかに「ウォー!」って熱くなってた曲の、そういう匂いがあると誰でも嬉しいもんやと思うんですよ。30超えた人らが食玩買い漁るようなもんですわ。戻りたいけど戻れない感、みたいな。突っぱねてこれ新しいでしょ?ど~ん、ど~ん、ど~んだけの曲は、ロットンではあまりやらないですね。
スタジオラグ5
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ