スペシャルインタビュー HONEY MAKER |スタジオラグ

スペシャルインタビュー
HONEY MAKER | スタジオラグ

スペシャルインタビュー HONEY MAKER

京都磔磔を拠点とする、今最も勢いのあるバンド!ハニーメイカー!ファーストアルバムを引提げ全国各地で旋風を巻き起こしている!そんな彼らに直撃インタビュー!普段チェックできない!?誕生日、血液型、京都頻出ポイント!似顔絵まで!皆さんに手書きアンケートを実施!

プレゼントのお知らせ
HONEY MAKER | スタジオラグ

HONEY MAKER様よりご提供頂きましたサイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。プレゼントご希望の方は、下の応募フォームよりご応募下さい。当選された方にはメールにてお名前・プレゼント発送先・連絡先をお問い合わせさせていただきます。

ご応募フォーム
ファーストアルバムリリースおめでとうございます!
全員:ありがとうございます!
なんとレコーディングはライブハウス「磔磔−たくたく−」で行われたそうですが、なぜ、磔磔でのレコーディングをされたのですか?
タム:“自分たちの等身大の音を録るにはどこがいいか?”と考えた時に、俺らが普段から一番ライブをしてる場所で小細工なしに録った方が、生身の音が伝えられるんじゃないかってのが一番の理由。そして、“やってないことをやる”ってのが面白いしね。あと、スタジオレコーディングの場合に出てくる欲をそぐため。ファーストアルバムだし、そんな欲はいらないかなと。
多くのバンドマンの憧れのライブハウスでのレコーディング。特別なことですね。
タム:下手なことできないって思ったね。
ユダ:レコーディングしている時、落ち着くんだけど、ここでやれてることは贅沢だなって思いましたね。
これまでの個々の活動もありますし、新生バンドでありながら、キャリアを感じる濃厚なCDかと思いきや、とてもフレッシュな感じがしました。
タム:リズム隊が若いってのもデカい。全員歳の差があって、それぞれ感覚が全然違う。いい意味で曲が収まらない。いびつというか、ちょっと隙間があるというか…そのおかげで、風通しがよくなっている。それぞれ好きな音楽も違っていたりするし。ユダが持ってきた曲を、リズム隊2人はもともとユダが想像していないアプローチを出してくる。それがいい。このメンバーである意味は、新しい風をここで作って行くことだから。
だからでしょうか、作品としてこねくり回されてた音楽ではなく「今、血が通った」音楽に感じました。
タム:それは大前提。俺もユダも特に外せないことだと思ってる。あと、HONEY MAKERでツアーをして、色んな強者と出会った。自分たちに足りないものをすぐ目の前で突きつけられた、そうやって自然と研ぎすまされたからかもしれない。
ホームページを拝見しました。アルバムリリースのお祝いコメントが錚々たる面々ですね…<仲井戸“CHABO”麗市/延原達治(THE PRIVATES)/NABE(騒音寺)ホーリー(THE PSYCRONS)/ドリー(ザ50回転ズ)/ダニー(ザ50回転ズ)/花田裕之/増子直純(怒髪天)/イトウタエコ(T字路s)/河嶋大樹(片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ)/片山尚志(片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ)三浦雅也(夜のストレンジャーズ)/TARSHI(LONESOME DOVE WOODROWS)/中村"MR.MONDO"匠(THE NEAT BEATS)/うつみようこ>
タム:正直ここまでもらえると思わなかった。どの人の言葉も適当じゃない、その人らしい表現で一字一字書いてくれているから、やっていてよかったって思った瞬間ですね。
ユダ:アルバム作る大変さって、みんな知ってるから、だから真摯に受け止めてコメントくれるんだと思います。本当に嬉しかった。
CDリリースワンマンライブが、まず千葉で終えられていかがでしたか?
タム:そりゃもう、大成功でした。
「いい夜だった、楽しかった」という感想がツイッターにもよく上がっていましたが、パーティー感溢れるライブだったんですか?
ユダ:そんな、しゃれた奴はいないんですよ。いつもより野郎どもが盛り上がってくれた。京都、名古屋に普段見に来てくれてる人が今回、千葉まで駆けつけてくれたり。ファンでいてくれる人や普段の仲間もきてくれて、嬉しかった。すげぇよかった。
その感触・興奮は、京都・磔磔ワンマンライブへ繋がりますね。
タム:そうですね、全然違う。楽しみで仕方がない。
ユダ:勢いづいたね
HONEY MAKER | スタジオラグ
スタジオラグ5
ソーシャルメディア
Tweet
いいね!
コメント
PV
あなたにオススメ