スペシャルインタビュー モーモールルギャバン 2/10|スタジオラグ

スペシャルインタビュー
モーモールルギャバン | スタジオラグ

すごく粗が見えるようになりましたし、なんにもしてなかったんだなって

現在のこのキーボード・トリオという形、やり易い点や逆にやりにくい点等はどのようなところでしょうか?
ユコ: 私は個人的にはギターとかぶつかる相手がいなくなっちゃったんで、やり放題になったんですね。…「おお!これはもしや、ウワモノは私ワールドになったんじゃないか!?」という風に。それまではどちらかと言うと、前面にギターがいて、後ろで支えるポジションだったんです。
ゲイリー: でも、後ろで支えるだけという事にストレスが溜まっていたらしく。
ユコ: 後ろで支えるのはストレスじゃないよ?
ゲイリー: そうかもしれないけど「お前、イクんならこうだろ!」という“こだわり”が余りにも多過ぎるから、結局どのギタリストとも上手い事馴染まないんだよ。「じゃあ、お前がその責任を全部背負っちゃえよ!」と、ギターを入れないという決断に至ったわけです。
ユコ: ギター、好きなんですけどね~。
ゲイリー: それは分かるけど、ユコさんの趣味にドンピシャのギタリストって多分いないと思うんです、物理的に。
モーモールルギャバン | スタジオラグ
物理的に、というと?
ゲイリー: もうこの人、自分でギターを弾かないと、そのワールドは表現できない、そのくらい面倒くさいんですよ。
ユコ: そんなことないよー
ちなみにユコさんは好きなギタリストはいらっしゃるんですか?
ユコ: ええ??そりゃまた難しい質問で…ものすごくロックスターな人も大好きですし、名前も知らないような人でもライブ見てて「良いギターひくね~」って思う事もありますし…。
“フィーリングがマッチしないといけない”という感じでしょうか?
ユコ: そうですね、、なんて言うんだろう…センスなんでしょうね。ホントはギターもやりたいんですけどね~。時間さえあれば全然…
ゲイリー: でも、君、ストイックじゃないから時間あっても練習しないよ、きっと。
ユコ: 指痛いとか言って(笑)…てゆーか、ギターよりドラムの方がやりたいんだよね!
ゲイリー: 君にとってはドラムの方がまだ簡単だと思う(笑)
ではパートとしてのギターはやらないのですか?
ユコ: え~と、1ヶ月くらいやってました(笑)そして、1ヶ月後にギターをパクられるという(笑)
ゲイリー: 盗難に合ったんだよね。
ユコ: そう!それで心が折れて、「もうギターはやらん!」って不貞腐れて止めちゃったんですよ(笑)
ユコ: 学生時代に…結構高価ですよ、ギターって。頑張って中古で良いヤツを買ったのに、盗られちゃって…
T様: サークル入ってすぐだったよね。
ゲイリー: グレッチ盗られた奴もいたよね。
ユコ: でもそれは返って来てたよ?私のだけ返って来なかったんだよ!
ゲイリー: あ、返って来てたんだ。
大規模な盗難事件でもあったんですか?
ユコ: そうなんですよ、サークルのみんなの楽器が盗られるという事件があったんですよ。
ゲイリー: 犯人とか(楽器を)売った店とかは判明して全部返って来たんですけど、ユコさんのだけ戻って来なかったんだよね。もう買われちゃってて(笑)
ユコ: ヤイリのエレアコで、すごく良い音だったんだよ~…でも今思えば、「続けとけよ」って思います。あそこで続けとけば、もうちょっと弾けたんでしょうね(笑)
ゲイリー: もうちょっと弾けただろうけど、プロの現場で通用する程にはなってないよ。なんせ君はストイックじゃないから!
ユコ: でも、結構やりだすと止まらない方だよ?
ゲイリー: やり出すと止まらないけど、努力できないタイプだから(笑)
ユコ: あ、そうか。
一同: 爆笑
マルさんはこのスタイルになっていかがでしたか?
T様: そうですね、僕も…やり易いわけではないですね…丸裸になった感じで。今まではギターに包まれて何となくやっていたんだなって事が分かりました。すごく粗が見えるようになりましたし、なんにもしてなかったんだなって(笑)
ユコ: 衝撃的だったよね…ギターが抜けて3人になった時、サウンドはもちろん変わるんですけど、それ以上に音の聴こえ方が…何が起こっているのか、すごくクリアーに聴こえるようになって。…これ、すごい危機感を感じたよね。
ユコ・ゲイリー: 「ヤヴァイ!!」
ゲイリー: 「俺達下手だ!!」って(笑)
ある意味、自分達の音楽を見つめ直す良いきっかけになったんですね。
ユコ: 当時の自分達の適当さにビックリしました(笑)
そのきっかけから、今のゲイリーさんのパワフルなドラム、マルさんのうねるベース、ユコさんの独創的なキーボードという現在の形に繋がって来た、と。…マルさんはウッドベースも弾かれるようですが?
T様: あれは昔、ウッドを使ったバンドをやってたんで“弾けなくはない”程度なんですけど…。
ユコ: アップライト下手っすよー、びっくりしますよ(笑)「それってさ、弾けてないよね?」「ばれた?」みたいな(笑)
T様: そうね(苦笑)だから、今回のアルバムでは弾いてないよ。
前回のアルバム『BeVici Calopueno』では弾いていたのですか?
ユコ・ゲイリー: 使ってないよね?
T様: 使ってるよ
ユコ: え?どこで??
T様: 『変な人』と『Kitchen』と『美沙子』
ユコ・ゲイリー: ええ!?使ってたっけ!!??
ユコ: 使おうとして弾けなくて止めたんじゃなかったっけ!?
T様: 違うんです。使ってるんです。
ユコ: あ、使ってるの?そう思ってるだけじゃない??
T様: 使ってるの。だって音がアップライトだもん!!
今明かされる真相、みたいな感じですね(笑)
T様: 一緒の空間で録ってるはずなんですけどね。。
ゲイリー: 最近、年を取ったせいか記憶力があまり…(笑)
ユコ: 終わったことは忘れるタイプなんでwww
(笑)
あなたにオススメ